「鍵屋権右衛門」(⇒小野権右衛門(おの-ごんえもん))について

「鍵屋権右衛門」(⇒小野権右衛門(おの-ごんえもん))について

鍵屋権右衛門とは?

鍵屋権右衛門とは?

鍵屋権右衛門とは?

鍵屋権右衛門(かぎやごんえもん)とは、江戸時代後期に実在した人物であり、本名は小野権右衛門(おの-ごんえもん)です。彼は、鍵の製作や修理を生業としており、その技術の高さから「鍵の権右衛門」として広く知られるようになりました。

鍵屋権右衛門は、1760年に江戸の浅草橋に生まれ、幼い頃から鍵の製作や修理を手伝っていました。彼は、その優れた技術と独創的なアイデアで、江戸の町で評判となり、多くの顧客を獲得しました。

鍵屋権右衛門の最も有名な作品の一つが、「十手鍵」です。十手鍵とは、柄の部分に十手の形をした鍵であり、当時の武士や役人に人気がありました。鍵屋権右衛門は、この十手鍵を考案し、その製作・販売で大きな成功を収めました。

また、鍵屋権右衛門は、鍵の修理や製作だけでなく、鍵に関するさまざまな知識にも精通しており、鍵に関する本を執筆しました。この本は、鍵の製作方法や修理方法、鍵の種類などについて解説したものであり、当時の鍵屋にとって必読書となりました。

鍵屋権右衛門は、1830年に70歳で亡くなりましたが、彼の技術と知識は、後世の鍵屋に受け継がれ、日本の鍵文化の発展に大きく貢献しました。

小野権右衛門とは?

小野権右衛門とは?

-小野権右衛門とは?-

小野権右衛門(おの-ごんえもん)は、16世紀後半から17世紀初めに活躍した鍵師・盗賊である。本名は小野五郎右衛門(おの-ごろうえもん)または小野作右衛門(おの-さくえもん)。「権右衛門」は、戦国時代の盗賊・石川五右衛門(いしかわ-ごえもん)にちなんで名乗ったもの。

小野権右衛門は、京都で鍵師を営んでいたが、その技術を悪用して盗賊稼業を始めた。権右衛門は、鍵開けの技術に優れ、どんな鍵も簡単に開けることができた。そのため、権右衛門は「鍵屋権右衛門」と呼ばれるようになった。

権右衛門は、京都の町中を荒らし回り、多くの金品を盗んだ。権右衛門の盗賊稼業は、京都の町民を震え上がらせた。権右衛門は、「猫の権右衛門」とも呼ばれており、その異名は、権右衛門が猫のように身軽に屋根を飛び跳ねていたことに由来する。

権右衛門は、1602年(慶長7年)に捕縛され、京都六条河原で処刑された。権右衛門の死後も、権右衛門の伝説は語り継がれ、歌舞伎や講談の題材にもなった。

鍵屋権右衛門と小野権右衛門の違い

鍵屋権右衛門と小野権右衛門の違い

-鍵屋権右衛門と小野権右衛門の違い-

鍵屋権右衛門は、現在の東京都台東区浅草に実在した火消しの頭領であり、歌舞伎や講談で活躍する人気キャラクターです。その一方で、小野権右衛門は、京都の武士で、鍵屋権右衛門とは全くの別人です。

-鍵屋権右衛門-

* 名小野権右衛門
* 生誕1669年
* 死没1735年
* 職業火消しの頭領
* 出身武蔵国豊島郡駒込村(現・東京都台東区浅草)

-小野権右衛門-

* 名小野権右衛門(小野篁(おののたかむら))
* 生誕802年
* 死没853年
* 職業武士、歌人
* 出身京都

二人の名前は「権右衛門」で同じですが、読み方は「かぎや-ごんえもん」と「おの-ごんえもん」と異なります。また、二人の出身地も、鍵屋権右衛門は武蔵国豊島郡駒込村(現・東京都台東区浅草)、小野権右衛門は京都と全く異なります。

鍵屋権右衛門は、歌舞伎や講談で活躍する人気キャラクターですが、小野権右衛門は、平安時代の歌人として知られており、全くの別人です。

タイトルとURLをコピーしました