– 秋月種実

– 秋月種実

筑前古処山城の武将

筑前古処山城の武将

筑前古処山城の武将

秋月種實は、筑前国古処山城の武将であり、秋月氏の第13代当主です。1517年に誕生し、1550年に父である秋月種貞の死を受けて家督を継ぎました。

種實の治世は、筑前国における秋月氏の勢力拡大の時期でした。彼は、周辺の諸勢力との戦いに勝利し、領土を拡大しました。また、家臣団の統制を強化し、秋月氏の権威を高めました。

1562年、種實は毛利元就の九州侵攻を迎え撃ちました。毛利軍は、筑前国に上陸し、古処山城を攻撃しました。しかし、種實は毛利軍を撃退し、筑前国を守り抜きました。

1584年、種實は豊臣秀吉の九州征伐に従軍しました。九州征伐後、筑前国は黒田孝高に与えられ、秋月氏は筑後柳川藩に移封されました。

種實は、1587年に柳川城で死去しました。享年71。

種實は、戦国時代の筑前国を代表する武将の一人であり、筑前国の戦国大名として活躍しました。彼は、秋月氏の勢力拡大に貢献し、筑前国を守り抜きました。また、家臣団の統制を強化し、秋月氏の権威を高めました。

毛利氏,島津氏と同盟し大友氏と争う

毛利氏,島津氏と同盟し大友氏と争う

-秋月種実-

-毛利氏,島津氏と同盟し大友氏と争う-

秋月種実(あきづき たねざね)は、戦国時代の武将。秋月氏の第14代当主。子に秋月種春、秋月種光など。

種実は、秋月文種の次男として生まれる。天文13年(1544年)、兄の秋月晴種が毛利氏の支援を受けて父を殺害し、家督を奪ったため、大友氏を頼って豊後国に逃亡した。

天文16年(1547年)、大友氏の支援を受けて秋月氏を再興し、毛利氏と争った。弘治2年(1556年)、毛利隆元が九州に侵攻し、秋月氏の本拠である秋月城を攻めたが、種実はこれを撃退した。

永禄3年(1560年)、島津氏の支援を受けて大友氏に反旗を翻し、大友義鎮と争った。永禄11年(1568年)、毛利氏と島津氏が和睦し、大友氏が孤立すると、種実は毛利氏と和睦し、大友氏と戦い、天正6年(1578年)に大友氏を破った。

天正12年(1584年)、豊臣秀吉の九州征伐により、種実は降伏し、秋月氏は大名として存続を許された。

天正14年(1586年)、種実は死去し、子の秋月種春が家督を継いだ。

豊臣秀吉の九州攻めに抵抗し後に開城

豊臣秀吉の九州攻めに抵抗し後に開城

-豊臣秀吉の九州攻めに抵抗し後に開城-

秋月種実は、肥後国、のち筑前国秋月城主。豊臣秀吉の九州征伐に抵抗し、降伏後に秀吉に仕えた戦国武将です。

種実は、永禄12年(1569年)に秋月氏当主・秋月種実の嫡男として生まれました。父・種実は、大友氏と島津氏の争いに巻き込まれ、居城である秋月城を捨てて放浪することになりました。
種実は、永禄11年(1568年)に島津氏に降伏しましたが、その後、大友氏に寝返りました。天正14年(1586年)、豊臣秀吉が九州を平定するために出兵すると、種実は当初は秀吉に抵抗しましたが、後に降伏しました。

秀吉に降伏した後、種実は、肥後国の隈本城を与えられました。また、秀吉の朝鮮出兵にも参加しました。慶長4年(1599年)、種実が死去。享年31でした。

秋月種実は、豊臣秀吉の九州征伐に抵抗した戦国武将として知られています。しかし、降伏後は秀吉に忠誠を尽くし、秀吉の朝鮮出兵にも参加しました。種実の死は、豊臣政権にとって大きな損失となりました。

タイトルとURLをコピーしました