秋月種長 – 織豊-江戸時代前期の武将,大名

秋月種長 – 織豊-江戸時代前期の武将,大名

秋月種長の生涯

秋月種長の生涯

秋月種長の生涯

秋月種長は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名です。筑前秋月藩初代藩主を務めました。

天文17年(1548年)5月7日、肥前松浦郡松浦(現在の佐賀県)に、秋月文種の長男として生まれました。幼名は徳太郎。

永禄5年(1562年)15歳の時に父が没し、秋月氏を継ぎましたが、秋月氏は大内氏、大友氏に挟まれた、弱小勢力の国人領主でした。

大友氏に仕えました。天正6年(1578年)の耳川の戦いで島津氏を破り、筑前から肥後にかけての領主となり、筑前守護に任じられました。

しかし、天正14年(1586年)に豊臣秀吉が九州を平定すると、秀吉に降伏し、筑前秋月藩14万石の大名になりました。

文禄元年(1592年)の朝鮮の役では、加藤清正の軍に従い、蔚山城の戦いで功績を挙げました。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して、鍋島直茂の軍に従い、関ヶ原の戦いで功績を挙げ、戦後、筑前秋月藩24万石の大名になりました。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、徳川家康の軍に従い、大坂城の戦いで功績を挙げました。

元和2年(1616年)11月19日に秋月で死去しました。享年69。

秋月種長は、戦国時代から江戸時代初期にかけて、乱世を生き抜いた武将、大名でした。

豊臣秀吉の九州統一と秋月種長

豊臣秀吉の九州統一と秋月種長

豊臣秀吉の九州統一と秋月種長

秋月種長は、織豊-江戸時代前期の武将、大名である。豊臣秀吉の九州統一に際して、島津氏に抵抗し、豊臣氏に加担した。

秀吉は、1587年に九州征伐を開始し、島津氏の本拠地である薩摩国鹿児島城を攻めた。しかし、島津氏は頑強に抵抗し、秀吉の軍勢はなかなか鹿児島城を落とすことができなかった。

そこで、秀吉は秋月種長に島津氏の背後を襲撃するように命じた。種長は、肥後国人一揆を鎮圧した後に、島津氏の本拠地である薩摩国へ侵攻し、島津氏の支城を次々と落としていった。

島津氏は、種長の侵攻に耐えきれず、ついに降伏した。秀吉は、島津氏を薩摩国、大隅国、日向国に封じ、九州を統一した。

種長は、秀吉から豊前国一国を賜り、大名に列した。また、肥後国人一揆の鎮圧の功績により、肥後国熊本城主となった。

種長は、九州統一に大きな功績を立て、豊臣政権において重臣として活躍した。しかし、関ヶ原の戦いで西軍に属したため、徳川家康によって改易された。

種長は、改易後、浪人として各地を流浪した。その後、薩摩国に亡命し、島津氏に仕えた。

種長は、1614年に死去した。享年65。

関ケ原の戦いと秋月種長

関ケ原の戦いと秋月種長

-関ケ原の戦いと秋月種長-

秋月種長は、肥後国(現・熊本県)の戦国大名で、秋月黒田藩の初代藩主です。関ケ原の戦いでは、徳川家康側の西軍に属し、小早川秀秋の裏切りによって敗北しました。しかし、種長は家康の許しを得て、改易を免れ、豊前国(現・福岡県)に6万石を与えられました。

-関ケ原の戦い以前の秋月種長-

秋月種長は、1559年に秋月種実の嫡男として誕生しました。1587年に父が没すると、家督を継ぎ、秋月城に入城しました。豊臣秀吉の九州征伐に参陣し、その功績により肥後国に5万5千石を与えられました。

-関ケ原の戦いでの秋月種長-

関ケ原の戦いでは、秋月種長は西軍に属し、小早川秀秋軍の右翼を担いました。しかし、小早川秀秋が裏切って東軍に寝返ったため、秋月軍は孤立無援となりました。種長は奮戦しましたが、敵の攻撃に耐えきれず、敗走しました。

-関ケ原の戦い以後の秋月種長-

関ケ原の戦いで敗れた秋月種長は、改易を免れ、豊前国に6万石を与えられました。種長は、豊前国に居城を築き、藩政に励みました。1620年に死去するまで、秋月藩の藩主を務めました。

-秋月種長の功績-

秋月種長は、優れた武将であり、政治家でした。関ケ原の戦いでは、西軍に属して奮戦し、敗戦後も家康の許しを得て、改易を免れました。豊前国に移封された後も、藩政に励み、秋月藩の発展に貢献しました。種長は、秋月藩の初代藩主として、その基礎を築いた人物として知られています。

タイトルとURLをコピーしました