王氏(1) – 平安時代前期の女官

王氏(1) – 平安時代前期の女官

王氏の生い立ちと家系

王氏の生い立ちと家系

王氏の生い立ちと家系

王氏は、平安時代前期に活躍した女官である。

桓武天皇の代に王が起こした王氏の変のあと山背国から美濃国へと流され、その後、天長2年(825年)に渤海使として平安京に上り、左兵衛督に任官した王が、淳和天皇の信任を受けて重用された。王氏は、淳和天皇の皇子である恆貞親王の妃となり、恒貞親王が即位した後には、仁明天皇の生母として皇太后となった。

王氏は、摂関政治の祖と言われる藤原北家(藤原良房)重臣藤原良房の妻で、藤原基経と藤原保忠の母である。

王氏は、藤原北家の繁栄に大きな役割を果たした。

王氏が清和天皇の後宮に入った経緯

王氏が清和天皇の後宮に入った経緯

-王氏が清和天皇の後宮に入った経緯-

王氏は、平安時代前期に清和天皇の後宮に入った女官である。桓武天皇の孫で、清和天皇の母である仁明天皇の娘。父は王氏、母は藤原子。

王氏は、幼い頃から聡明で美しく、和歌にも優れていた。16歳の時、清和天皇の目に留まり、後宮に入った。清和天皇は王氏を寵愛し、すぐに権勢を振るうようになった。

王氏は、866年に清和天皇の第一皇子である貞明親王を産んだ。貞明親王は、清和天皇が退位した後、即位して宇多天皇となった。

王氏は、宇多天皇の母后として、朝廷で大きな影響力を持ち続けた。しかし、897年に宇多天皇が崩御すると、王氏は失脚し、宮中を去った。

王氏は、913年に64歳で死去した。王氏は、平安時代前期を代表する女官の一人であり、清和天皇と宇多天皇の政治に大きな影響を与えた人物である。

王氏が貞純親王を生んだこと

王氏が貞純親王を生んだこと

– 王氏が貞純親王を生んだこと

王氏は、平安時代前期の女官である。出自は不明だが、藤原良房の妾となり、貞純親王を生んだ。貞純親王は、仁明天皇の第一皇子であり、清和天皇の異母兄にあたる。

王氏は、貞純親王を生んだことで、藤原良房の寵愛を一身に集め、女官としての地位も高まった。また、貞純親王が清和天皇の異母兄であることから、王氏も清和天皇に重んじられた。

貞純親王は、清和天皇の死後、皇太子となったが、わずか1年後に病死した。貞純親王の死により、王氏もその地位を失った。しかし、王氏はその後も清和天皇の寵愛を受け続け、晩年は尼僧として余生を送った。

王氏が貞純親王を生んだことは、平安時代前期の政局に大きな影響を与えた。貞純親王が皇太子となったことで、藤原良房の権勢はさらに強まった。また、王氏も清和天皇に重んじられ、女官としての地位も高まった。貞純親王の死により、王氏もその地位を失ったが、清和天皇の寵愛を受け続け、晩年は尼僧として余生を送った。

タイトルとURLをコピーしました