秋月種政 – 江戸時代前期・中期の肥後国高鍋藩主

秋月種政 – 江戸時代前期・中期の肥後国高鍋藩主

秋月氏の家督継承と領地

秋月氏の家督継承と領地

-秋月氏の家督継承と領地-

秋月種政は、肥後国高鍋藩の初代藩主である。秋月氏は、鎌倉時代から戦国時代にかけて筑前国(現在の福岡県)を支配した大名であり、種政は秋月隆貞(秋月晴種の次男)の三男として生まれた。

永禄12年(1569年)、種政は父・隆貞と兄・種実が毛利元就の軍勢に敗れて筑前から追放されたため、母方の祖父である肥後国人一木頼貞を頼って肥後に移住した。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉の九州平定に際して一木頼貞が島津義久に内通したとして改易されると、種政は一木氏の旧領の一部を与えられて独立大名となった。

その後、種政は秀吉の朝鮮出兵に従軍し、文禄4年(1595年)には漆原監物と共に泗川城を守備して朝鮮軍の攻撃を撃退するなど、功績を挙げた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川家康の東軍に与して合戦に参加し、戦後には肥後国高鍋藩10万石を与えられた。

種政は、高鍋藩主として積極的に領内開発を行い、石高を増大させた。また、儒学を奨励し、藩校である「伝習館」を創設するなど、文化の振興にも努めた。

元和元年(1615年)、大坂の陣に際しては、徳川方として出陣したが、病のため途中で帰国した。

寛永11年(1634年)、種政は隠居して家督を嫡男の秋月種実(通称種貞)に譲り、剃髪して了沢と号した。

承応元年(1652年)、86歳で死去した。

秋月氏は、種政の死後も高鍋藩主として続いたが、明治4年(1871年)の廃藩置県により、藩は廃止された。

福島の統治と農地拡大の功績

福島の統治と農地拡大の功績

– 福島の統治と農地拡大の功績

秋月種政は、江戸時代前期・中期の肥後国高鍋藩主です。彼は、藩政改革を行い、福島を統治して農地を拡大するなど、藩の発展に貢献しました。

-# 1. 福島の統治

種政は、寛文2年(1662年)に藩主となった後、福島を統治しました。彼は、領民の生活を安定させるために、年貢を軽減し、治水事業を行いました。また、領内の治安を維持するために、警察制度を整えました。

-# 2. 農地拡大の功績

種政は、藩の財政を改善するために、農地を拡大しました。彼は、開墾事業を行い、新しい田畑を造成しました。また、領民に農業技術を指導し、農産物の生産量を増やしました。

-# 3. 種政の死後

種政は、延宝8年(1680年)に死去しました。彼の死後、藩は衰退しましたが、種政の功績は、藩の発展に大きく貢献しました。

-# 4. まとめ

秋月種政は、江戸時代前期・中期の肥後国高鍋藩主です。彼は、藩政改革を行い、福島を統治して農地を拡大するなど、藩の発展に貢献しました。彼の功績は、藩の発展に大きく貢献しました。

正徳6年の死去と影響

正徳6年の死去と影響

正徳6年の死去と影響

秋月種政は、正徳6年(1716年)10月21日に死去した。享年47。死因は病死とされている。

秋月種政の死去は、肥後国高鍋藩に大きな影響を与えた。秋月種政は、名君として知られ、藩政の改革や殖産興業に尽力した。その死により、藩内は混乱状態に陥った。

秋月種政の跡を継いだのは、嫡子の秋月種茂であった。秋月種茂は、まだ若く、藩政を執る経験がなかった。そのため、藩内は家老たちの専横が続き、藩政は乱れた。

秋月種茂は、享保元年(1716年)に21歳で死去した。死因は病死とされている。秋月種茂の死により、秋月家は断絶し、高鍋藩は廃藩となった。

秋月種政の死去は、肥後国高鍋藩にとって大きな損失であった。秋月種政は、名君として藩政の改革や殖産興業に尽力し、藩の発展に貢献した。秋月種政の死により、藩内は混乱状態に陥り、藩政は乱れた。秋月種茂の死により、秋月家は断絶し、高鍋藩は廃藩となった。

タイトルとURLをコピーしました