「応神天皇」

「応神天皇」

応神天皇の生涯

応神天皇の生涯

-応神天皇の生涯-

応神天皇は、日本の第15代天皇。

* 誕生日不詳
* 没日399年 
* 父仲哀天皇
* 母神功皇后
* 兄弟仲皇子
* 配偶者仁徳天皇の母、磐之姫、仲野姫、屋主刀自(屋主忍坂大娘)、畳姫、狭穂姫、埴安姫

応神天皇は、仲哀天皇と神功皇后の間に生まれた。父・仲哀天皇が熊襲征伐に赴いた際、母・神功皇后が代わりに軍を率いて熊襲を平定した。このとき、応神天皇は神功皇后の胎内にいたとされる。

神功皇后が凱旋したのち、応神天皇は皇太子となった。父・仲哀天皇が崩御すると、3歳で即位した。

応神天皇の治世は、国内が比較的安定していた時代であった。応神天皇は、各地に屯田を設けて農業を奨励したり、軍備を充実させたりするなど、国の発展に努めた。

また、応神天皇は、仏教を保護した。応神天皇17年(296年)、百済から仏教が伝来した。応神天皇は、仏教を国教にすることを検討したが、結局は見送った。しかし、仏教はその後も日本に広まっていった。

応神天皇は、399年に崩御した。享年61。

-エピソード-

* 応神天皇は、弓の名手であったとされる。あるとき、応神天皇が狩りをしていると、鹿が突然現れた。応神天皇は矢を放ち、鹿を射止めた。すると、鹿の腹から黄金の矢尻が出てきた。この矢尻は、応神天皇の父・仲哀天皇が熊襲征伐の際に射たものであった。
* 応神天皇は、見た目が神々しく、威厳のある人物であったとされる。あるとき、応神天皇が馬に乗って都を巡行していた。すると、民衆は応神天皇の威厳に圧倒され、道ばたにひれ伏した。

応神天皇の功績

応神天皇の功績

-応神天皇の功績-

応神天皇は、日本第15代の天皇であり、第14代の仲哀天皇と神功皇后の子である。在位期間は270年から310年とされ、40年間という長い在位期間であった。応神天皇は、日本史上有数の名君とされており、数多くの功績を残している。

1. -大和朝廷の統一-

応神天皇は、大和朝廷の統一を完成させた。仲哀天皇の時代には、まだ各地に反朝廷勢力が存在していたが、応神天皇はこれを征討して平定し、大和朝廷の支配を確立した。

2. -百済への出兵-

応神天皇は、百済に3度出兵して勝利を収めた。この出兵により、百済は日本の朝貢国となり、日本と百済の間には友好関係が築かれた。百済は日本の文化を積極的に受け入れ、日本仏教の発展に大きな影響を与えた。

3. -神功皇后の活躍-

応神天皇の功績には、神功皇后の活躍が欠かせない。神功皇后は、応神天皇の母であり、夫の仲哀天皇が九州征伐で戦死した後、自ら軍を率いて九州を平定した。また、神功皇后は応神天皇の摂政として政治を執り、大和朝廷の統一に貢献した。

4. -応神天皇の陵墓-

応神天皇の陵墓は、大阪府羽曳野市にある誉田御廟山古墳である。誉田御廟山古墳は、全長425メートルの前方後円墳であり、日本最大の前方後円墳である。応神天皇の陵墓は、現在でも皇室の管理下にあり、一般公開はされていない。

応神天皇は、数多くの功績を残した名君であり、その功績は現在でも高く評価されている。

応神天皇の陵墓

応神天皇の陵墓

応神天皇の陵墓

応神天皇の陵墓は「誉田御陵(ほんだのみささぎ)」とも呼ばれ、大阪市東淀川区東中島にある。応神天皇は、古事記や日本書紀に記されている第15代天皇で、在位期間は393年から426年とされている。誉田御陵は、応神天皇の崩御後、427年に築造されたと伝えられている。

誉田御陵は、前方後円墳形式の陵墓で、全長425メートル、後円部の直径135メートル、高さ27メートル、前方部の幅200メートル、高さ18メートルである。応神天皇の陵墓としては、最大規模の陵墓である。

誉田御陵は、宮内庁によって管理されており、一般公開はされていない。しかし、毎年11月3日には、応神天皇の命日である「神嘗祭(かんなめさい)」が執り行われ、その際に一般公開される。

誉田御陵は、応神天皇の墓所としてだけでなく、日本古代史を象徴する陵墓としても重要である。また、誉田御陵は、大阪市の観光名所としても知られている。

タイトルとURLをコピーしました