商長宗麿 – 謎に包まれた新撰姓氏録の豪族

商長宗麿 – 謎に包まれた新撰姓氏録の豪族

謎多き人物「商長宗麿」

謎多き人物「商長宗麿」

-謎多き人物「商長宗麿」-

商長宗麿は、新撰姓氏録に記載されている豪族で、その人物像は謎に包まれています。

新撰姓氏録とは、平安時代初期に編纂された氏族の系図集であり、日本の古代氏族を知る上で重要な史料とされています。商長宗麿は、この新撰姓氏録の「左京諸蕃」の部に見え、秦氏の一族とされています。

秦氏は、中国から渡来した氏族で、日本の古代氏族の中でも有力な氏族の一つでした。商長宗麿は、この秦氏の有力な豪族として、新撰姓氏録に記載されたと考えられています。

しかし、商長宗麿については、その経歴や事績についてはほとんどわかっていません。新撰姓氏録以外の史料には、商長宗麿の名前はほとんど登場せず、その生涯については謎に包まれています。

ただ、商長宗麿が秦氏の有力な豪族であったことは、新撰姓氏録の記載から推測することができます。新撰姓氏録は、氏族の系図を記載した史料ですが、その中に、氏族の祖先や功績に関する記述も含まれています。商長宗麿は、新撰姓氏録の中で、秦氏の祖先である秦始皇帝や、秦氏が日本に渡来した経緯について説明されています。これは、商長宗麿が秦氏の一族の中で重要な地位にあったことを示しています。

商長宗麿は、謎に包まれた人物ですが、秦氏の一族の中で重要な地位にあった豪族であったことは間違いありません。商長宗麿の生涯については、今後の研究によって、さらに解明されていくことが期待されます。

百済との交易と呉権

百済との交易と呉権

-百済との交易と呉権-

商長宗麿は、新撰姓氏録に記載されている百済王族の末裔とされる豪族です。百済は、朝鮮半島の南部にあった国で、西暦660年に唐と新羅に滅ぼされました。商長宗麿の一族は、百済滅亡後に日本に亡命し、九州北部を拠点として活動したとされています。

商長宗麿は、百済との交易を積極的に行っていたとされています。百済は、中国や朝鮮半島との交易が盛んであり、商長宗麿は、これらの交易に参加していたと考えられています。また、商長宗麿は、百済の王族である呉権と親密な関係にあったとされています。呉権は、百済の滅亡後、ベトナムで独立政権を樹立した人物です。商長宗麿は、呉権を支援し、呉権の政権を安定させるのに貢献したとされています。

商長宗麿は、百済との交易や呉権との親密な関係を通じて、九州北部での勢力を拡大しました。商長宗麿の一族は、後に筑前国の国司となり、筑前国を支配しました。商長宗麿は、謎に包まれた豪族ですが、百済との交易や呉権との親密な関係を通じて、九州北部での勢力を拡大し、筑前国の国司となった人物です。

商長氏の家系と天皇とのつながり

商長氏の家系と天皇とのつながり

商長氏の家系と天皇とのつながり

商長宗麿豪族の祖は、孝安天皇の皇子である天足彦国押人命(あまのたれびこくにしのひとのみこと)といわれている。天足彦国押人命は、皇祖神である天照大神(あまてらすおおみかみ)に仕え、九州地方を平定。その功績により、天皇から肥後国の国造に任命され,商長(あきおさ)の姓を賜った。商長氏の家系は、代々肥後国を統治し、朝廷との深い関係を築いた。

商長氏と天皇の最も有名なつながりは、第15代天皇である応神天皇の物語である。応神天皇は、熊襲(くまそ)と呼ばれる九州の部族と戦っていたが、熊襲の首領である田道間守(たぢまもり)が商長氏の娘である忍坂大小姫(おしさかのおおいらつめ)に恋をした。忍坂大小姫は、応神天皇と結婚し、息子の仁徳天皇を産んだ。仁徳天皇は、日本史上最も偉大な天皇の一人とされており、商長氏は、皇室との強いつながりを持つ家系となった。

商長氏は、その後も代々肥後国を統治し続けた。奈良時代には、商長麻呂(あきおさまろ)が、遣唐使として中国に渡り、唐の文化を日本に伝えた。平安時代には、商長春長(あきおさはるなが)が、藤原道長の側近として活躍した。鎌倉時代には、商長宗磨が源頼朝に仕え、肥後国の守護に任命された。

商長氏は、明治維新まで肥後国を統治し続けた。明治維新後は、華族に列せられ、子爵の称号を授かった。商長氏の家系は、天皇との深い関係を築き、日本の歴史に大きな影響を与えた豪族であった。

タイトルとURLをコピーしました