笠弘興とは?平安時代前期の官吏

笠弘興とは?平安時代前期の官吏

笠弘興の人物像

笠弘興の人物像

笠弘興の人物像

笠弘興の人物像については、平安時代前期の官吏であり、清和天皇から宇多天皇の3代に仕えたことが知られています。記録に残る彼の立場は左大臣であり、他の役職を務めた形跡は残されていませんが、正五位下から従二位に至るまで昇進していることから、順調に官位を上昇させたものと考えられます。

彼がどのような性格の人物であったかを示す逸話は残っていません。在地の土豪である笠氏を出自とする人物であり、その出自を理由に左遷されたことがあることからも、彼は出自を意識して、それ相応の努力をする人物だった可能性は指摘されています。

笠弘興が亡くなったのは宇多天皇在位中のことと推測されます。彼には少なくとも1人の子があったと言われており、その子は従四位下にまで昇進しています。

笠弘興の官歴

笠弘興の官歴

– 笠弘興の官歴

笠弘興は、平安時代前期の官吏である。氏は笠、諱は弘興、字は高村。従四位下の位階まで昇った。

弘興は、延暦14年(795年)に文章生に任じられた。その後、侍従、右中弁、左中弁、右大弁、左大弁を歴任し、弘仁14年(823年)に参議に任じられた。弘仁16年(825年)には、左兵衛督を兼ねた。

弘仁18年(827年)、弘興は権中納言に任じられた。翌年、従四位下に昇叙された。弘仁20年(829年)、弘興は備中守を兼ねた。

天長4年(827年)、弘興は中納言に任じられた。天長5年(828年)、弘興は右衛門督を兼ねた。天長6年(829年)、弘興は左衛門督に任じられた。

天長7年(830年)、弘興は左中将を兼ねた。天長8年(831年)、弘興は右中将に任じられた。承和2年(835年)、弘興は右衛門督に任じられた。承和3年(836年)、弘興は左衛門督に任じられた。

承和4年(837年)、弘興は参議を辞した。承和6年(839年)、弘興は薨去した。享年67歳。

弘興は、優れた官吏であり、朝廷で重要な役割を果たした。弘興の官歴は、平安時代前期の政治体制を知る上で貴重な資料である。

大極殿火災と笠弘興の放火疑惑

大極殿火災と笠弘興の放火疑惑

-大極殿火災と笠弘興の放火疑惑-

平安時代前期の官吏である笠弘興は、大極殿火災の放火疑惑で知られています。大極殿は、平安京の中心にある重要な建造物であり、天皇の即位式や元日の儀式など、さまざまな儀式や行事が行われていました。

876年11月21日、大極殿は突然火災に見舞われ、焼失してしまいました。この火災は、笠弘興が放火したのではないかと疑われました。笠弘興は大極殿の管理責任者であり、火災が起こった当時、大極殿にいたとされています。さらに、笠弘興には放火の動機があるとされました。笠弘興は、藤原良房の側近であり、藤原良房の政治的ライバルである菅原道真と対立していました。笠弘興は大極殿を放火することで、菅原道真を失脚させようとしたのではないかと疑われたのです。

しかし、笠弘興の放火疑惑は、結局のところ立証されませんでした。笠弘興は、火災の直後に捕らえられて厳しい取り調べを受けましたが、火災を起こしたことを最後まで否認しました。また、笠弘興の放火を裏付ける証拠は発見されませんでした。そのため、笠弘興の放火疑惑は、真相が解明されずに終わりました。

大極殿火災は、平安京の重要な建造物を失うという大きな被害をもたらしました。また、この火災は、笠弘興の放火疑惑を引き起こし、平安京の政局を揺るがす事件となりました。

タイトルとURLをコピーしました