「黄梅院」(⇒武田信玄女(たけだ-しんげんの-むすめ))について

「黄梅院」(⇒武田信玄女(たけだ-しんげんの-むすめ))について

黄梅院とは

黄梅院とは

黄梅院とは

黄梅院は、甲斐武田氏17代当主武田信玄の娘であり、信長の妹である松姫の姉にあたる。正式名は不詳で、黄梅院というのは法名である。生年は1554年頃と推定されており、信玄と側室との間の娘とされている。

黄梅院は、幼少期から聡明で知られ、信玄からも可愛がられていたという。10歳頃には、甲斐武田氏と駿河今川氏との間で行われた河東一和衆(かわとういっかしゅう)の盟約の証人として、今川氏のもとに人質として送られた。

しかし、その盟約が破棄されると、黄梅院は甲斐武田氏に戻り、信玄の猶子となった。1572年、黄梅院は当時18歳で、信玄の盟友である上杉謙信の養子である上杉景勝と婚約した。しかし、この婚約は景勝の父である上杉謙信が亡くなったため、破談となってしまった。

その後、黄梅院は信玄の命により、甲斐武田氏の家臣である小山田信茂の養女となり、小山田信茂の嫡男である小山田弥太郎との婚約が成立した。この婚約は、信玄と小山田信茂との関係を強化するためのものであったと推測されている。

1573年、信玄が亡くなり、武田勝頼が跡を継いだ。黄梅院は、勝頼の正妻である北条氏康の娘である北条夫人と、武田氏の家督を巡って争うようになった。北条夫人は、武田氏を北条氏に従属させようとしていたため、黄梅院はこれに抵抗したのである。

1575年、武田勝頼は、織田信長の軍勢に敗れて自害し、武田氏は滅亡した。黄梅院は、武田氏滅亡後、信長の家臣である丹羽長秀に嫁いだ。長秀は、信長の命により、黄梅院を京都に連れて行き、そこで幽閉した。

その後、黄梅院は、丹羽長秀が本能寺の変で亡くなった後、京都から甲斐に戻った。黄梅院は、甲斐で残り少ない生涯を過ごし、1612年に亡くなったとされている。

黄梅院の生涯

黄梅院の生涯

-黄梅院の生涯-

武田信玄女(たけだ-しんげんの-むすめ)の黄梅院は、甲斐武田氏の家臣である土屋昌恒の正室でした。彼女は、1574年に信玄の四男である勝頼を産みました。信玄が亡くなった後、勝頼は武田氏の当主となりましたが、1582年に織田信長の軍に敗れて自害しました。黄梅院は、勝頼の死後、出家して黄梅院と号しました。彼女は、1622年に亡くなるまで、甲斐国で余生を過ごしました。

黄梅院の生涯は、戦国時代の女性の生き方を垣間見ることができます。彼女は、夫や息子を戦で亡くし、その悲しみを乗り越えて生き抜きました。また、彼女は、武田氏の家臣として、武田氏のために尽くしました。黄梅院は、戦国時代の女性の強さとたくましさを象徴する人物です。

黄梅院は、戦国時代の女性としては珍しく、多くの史料が残されています。それらの史料から、彼女の生涯を詳しく知ることができます。黄梅院は、戦国時代の女性の貴重な資料であり、戦国時代の歴史を研究する上で重要な人物です。

黄梅院の生涯は、戦国時代の女性の生き方を学ぶ上でも重要です。彼女は、夫や息子を戦で亡くし、その悲しみを乗り越えて生き抜きました。また、彼女は、武田氏の家臣として、武田氏のために尽くしました。黄梅院は、戦国時代の女性の強さとたくましさを象徴する人物であり、彼女の生涯は、戦国時代の女性の生き方を学ぶ上で貴重な資料です。

黄梅院のエピソード

黄梅院のエピソード

黄梅院のエピソード

黄梅院は、武田信玄の六女として生を受け、名は不詳である。母は三条夫人の三枝。黄梅院は、幼い頃から聡明で、和歌や茶の湯をたしなむなど、才色兼備な女性であった。

黄梅院は、15歳で織田信長の嫡男・信忠に嫁いだ。しかし、信忠は本能寺の変で戦死し、黄梅院はわずか17歳で未亡人となった。

信忠の死後、黄梅院は武田家に帰郷した。そして、武田家再興のために奔走し、豊臣秀吉に接近した。秀吉は、黄梅院の才覚を認め、彼女に京都の黄梅院を賜った。

黄梅院は、黄梅院で尼僧となり、武田家の菩提を弔った。また、彼女は、武田家の歴史を記した『甲陽軍鑑』を編纂し、武田家の武勇を後世に伝えた。

黄梅院は、生涯武田家再興のために尽力したが、その夢は叶わなかった。しかし、彼女の功績は武田家の人々に長く語り継がれ、武田家の悲劇のヒロインとして慕われた。

黄梅院のエピソードには、以下のようなものがある。

・黄梅院は、幼い頃から聡明で、和歌や茶の湯をたしなむなど、才色兼備な女性であった。

・黄梅院は、15歳で織田信長の嫡男・信忠に嫁いだ。

・信忠の死後、黄梅院は武田家に帰郷し、武田家再興のために奔走した。

・黄梅院は、豊臣秀吉に接近し、秀吉から京都の黄梅院を賜った。

・黄梅院は、黄梅院で尼僧となり、武田家の菩提を弔った。

・黄梅院は、武田家の歴史を記した『甲陽軍鑑』を編纂し、武田家の武勇を後世に伝えた。

タイトルとURLをコピーしました