伊東義祐 – 戦国・織豊時代の武将

伊東義祐 – 戦国・織豊時代の武将

伊東氏最盛期の立役者

伊東氏最盛期の立役者

伊東氏最盛期の立役者

伊東義祐は、戦国時代後期から織豊時代の武将です。伊東氏第16代当主として、伊東氏を最盛期に導いた人物として知られています。

義祐は、永禄11年(1568年)に伊東祐信の子として生まれました。天正10年(1582年)に父・祐信が隠居したことに伴い、家督を継承しました。

義祐は、家督を継承するとすぐに、北条氏と同盟して武田氏と戦いました。また、豊臣秀吉の九州平定にも従軍し、功績を上げました。

天正15年(1587年)、秀吉の命令により、義祐は朝鮮に出兵しました。朝鮮では、釜山を攻略するなど、数々の戦功を上げました。

しかし、文禄2年(1593年)、秀吉の死後、義祐は豊臣政権と対立するようになりました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗北し、所領を没収されました。

義祐は、その後、薩摩に逃亡し、島津氏の庇護を受けました。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で豊臣秀頼に協力して、徳川家康と戦いましたが、敗北しました。

義祐は、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で再び豊臣秀頼に協力して、徳川家康と戦いましたが、再び敗北しました。そして、自刃して果てました。

義祐は、伊東氏を最盛期に導いた名将として知られています。また、豊臣秀吉の九州平定や朝鮮出兵にも従軍し、数々の戦功を上げました。しかし、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗北し、所領を没収されました。その後、薩摩に逃亡し、島津氏の庇護を受けました。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で豊臣秀頼に協力して、徳川家康と戦いましたが、敗北しました。義祐は、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で再び豊臣秀頼に協力して、徳川家康と戦いましたが、再び敗北しました。そして、自刃して果てました。

日向の領主から流浪の武将へ

日向の領主から流浪の武将へ

日向の領主から流浪の武将へ

伊東義祐は、戦国・織豊時代の武将である。日向国飫肥城の城主として、父・伊東祐青の後を継いで日向国の領主となったが、島津氏との戦いに敗れて流浪の武将となった。

伊東氏は、源頼朝の家臣・伊東祐親を祖とする一族である。祐親は、治承4年(1180年)の富士川の戦いで平氏を破り、頼朝の鎌倉入りに貢献した。その後、祐親は日向国に下向し、飫肥城を築いて日向国の領主となった。

伊東氏は、代々日向国の領主として続いたが、戦国時代になると島津氏と対立するようになった。島津氏は、九州を統一する勢いであったため、伊東氏も島津氏に圧迫されるようになった。

永禄12年(1569年)、島津氏が日向国に侵攻した。伊東義祐は、島津氏に抵抗したが、敗れて飫肥城を追われた。義祐は、その後、各地を転々としたが、天正10年(1582年)、本能寺の変が起こると、豊臣秀吉に仕えた。

秀吉は、義祐を日向国の領主に復帰させようとしたが、島津氏はこれを拒否した。そのため、義祐は日向国に帰還することができず、流浪の武将として生涯を終えた。

伊東義祐は、戦国・織豊時代を生き抜いた武将である。日向国の領主として、島津氏と戦ったが、敗れて流浪の武将となった。しかし、義祐は、秀吉に仕えて活躍した。義祐は、戦国・織豊時代の動乱の中で、最後まで生き残った武将の一人である。

伊東氏のその後

伊東氏のその後

-伊東氏のその後-

伊東義祐を失った伊東氏は、その後衰退の一途をたどることになります。伊東氏を継いだのは、義祐の弟である伊東祐兵でしたが、祐兵は豊臣秀吉の傘下に臣従し、豊臣政権に協力しました。しかし、祐兵は秀吉の死後に徳川家康に臣従したため、徳川幕府からは厳しい取り扱いをされることになります。

祐兵の死後、伊東氏はさらに衰退し、江戸時代には小大名となりました。伊東氏は、明治維新まで伊東氏を存続させましたが、維新後に明治政府によって華族に列せられ、伊東家は子爵となりました。

伊東氏を滅亡に導いた要因は、伊東義祐が豊臣秀吉に臣従したことが挙げられます。義祐は、豊臣政権の意向に逆らって徳川家康と敵対したため、家康の怒りに触れて滅亡することになりました。また、伊東氏は、秀吉の死後に家康に臣従したことが仇となり、江戸時代には厳しい取り扱いをされることになったのです。

伊東氏は、戦国時代には九州を代表する大名でしたが、豊臣政権の出現によって衰退し、江戸時代には小大名となりました。伊東氏は、明治維新まで伊東氏を存続させましたが、維新後に明治政府によって華族に列せられ、伊東家は子爵となりました。

タイトルとURLをコピーしました