「阿只抜都」

「阿只抜都」

南北朝時代の倭寇大将

南北朝時代の倭寇大将

-「阿只抜都」-

-南北朝時代の倭寇大将-

* -阿只抜都とは-

阿只抜都は、南北朝時代の倭寇の頭目の一人。
その名は「阿只抜都児(あしかしばとくじ)」とも「阿只抜都児麻(あしかばとくじま)」とも表記される。
生没年は不詳だが、1350年頃に活躍したとされる。

* -倭寇としての活動-

阿只抜都は、倭寇として中国沿岸を襲撃し、莫大な戦果を挙げた。
1350年、彼は福建省の福州、泉州、興化を襲撃し、多くの中国兵を殺害した。
また、翌1351年には浙江省の寧波、台州を襲撃し、中国軍に大きな損害を与えた。

* -明との戦い-

阿只抜都は、1352年に明の太祖朱元璋と戦った。
朱元璋は、倭寇の討伐のため、将軍の湯和を派遣した。
湯和は、阿只抜都を破り、阿只抜都は捕らえられて処刑された。

* -阿只抜都の死後-

阿只抜都の死後、倭寇は衰退の一途をたどった。
明は、倭寇の討伐に成功し、中国沿岸の治安は回復した。
倭寇は、その後も活動を続けたが、かつてのような大きな戦果を挙げることはできなかった。

康暦2年/天授6年(1380)に高麗(朝鮮)に侵攻

康暦2年/天授6年(1380)に高麗(朝鮮)に侵攻

-「阿只抜都」-

-康暦2年/天授6年(1380)に高麗(朝鮮)に侵攻-

-概要-

康暦2年/天授6年(1380)、「阿只抜都」は、高麗(朝鮮)に侵攻した。この侵攻は、約3ヶ月間続いたが、最終的には「阿只抜都」は撤退した。

-背景-

「阿只抜都」は、13世紀後半に、元朝から高麗に派遣されたとされる人物である。「阿只抜都」は、高麗で権力を握ると、高麗を元朝に服属させ、高麗から莫大な貢物を徴収するようになった。

「阿只抜都」の横暴に、高麗国内では反発が高まっていた。康暦2年/天授6年(1380)に、「阿只抜都」が、またしても高麗から莫大な貢物を徴収しようとしたため、高麗側は、これを拒否した。「阿只抜都」は、これを機に、高麗に侵攻を開始した。

-侵攻の経過-

「阿只抜都」の侵攻は、康暦2年/天授6年(1380)の11月に開始された。元軍は、釜山に上陸し、すぐに高麗の首都である開京を占領した。高麗側は、元軍の侵攻を阻止するために、いくつかの城を築き、元軍の進軍を食い止めようとした。しかし、元軍は、これらの城を次々と陥落させ、ついに開京を占領した。

元軍は、開京を占領した後、高麗国内各地を略奪し、多くの高麗人を捕虜とした。「阿只抜都」は、高麗から莫大な貢物を徴収するために、高麗人を人質に取った。

-撤退-

「阿只抜都」は、高麗から莫大な貢物を徴収した後に、高麗から撤退した。撤退の理由は、はっきりとは分かっていないが、高麗側の抵抗が強かったこと、元国内の情勢が不安定だったことが考えられる。

「阿只抜都」の撤退後、高麗は、元朝から独立した。高麗は、その後、李氏朝鮮に取って代わられるまで、約500年間続いた。

李成桂に討たれる

李成桂に討たれる

李成桂に討たれる

阿只抜都は、高麗の第34代王であり、1344年から1374年まで在位しました。李成桂とは、高麗の将軍であり、後に李氏朝鮮の初代王となった人物です。阿只抜都王が王位に就いた当時の高麗は、元朝の支配を受けており、内政も外政も混迷していました。李成桂は、このような状況に不満を抱き、1351年に反乱を起こしました。反乱は成功し、李成桂は高麗の将軍となりました。

李成桂は、将軍となった後も反元運動を続け、1368年には元朝の支配から脱却しました。その後、李成桂は高麗の王位を狙うようになり、1388年に阿只抜都王を捕らえて廃位しました。李成桂は、その後、高麗の王位に就き、李氏朝鮮を建国しました。

阿只抜都王の死後、その子である恭愍王が王位に就きました。しかし、恭愍王は李成桂に不満を抱いており、反乱を起こしました。反乱は失敗し、恭愍王は殺害されました。李成桂は、その後、恭愍王の子である定宗を王位に就けました。

定宗は、李成桂の傀儡であり、実権は李成桂が握っていました。李成桂は、その後、1392年に禅譲を受けて李氏朝鮮の初代王となりました。

タイトルとURLをコピーしました