峨山韶碩 – 鎌倉・南北朝時代の僧

峨山韶碩 – 鎌倉・南北朝時代の僧

峨山韶碩の生涯

峨山韶碩の生涯

峨山韶碩の生涯

峨山韶碩は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけて活動した臨済宗の僧です。1275年に鎌倉に生まれ、幼名は宗寿丸、字は伯岳と号しました。15歳の時に建長寺で出家し、1302年に渡宋して径山寺で無学祖元らに師事しました。帰国後は建長寺に住み、1325年に円覚寺を開創しました。1333年に後醍醐天皇の建武の新政に参加し、一時的に鎌倉を支配しましたが、足利尊氏の攻撃によって敗北し、1336年に九州に逃れました。その後、京都に帰還して再び円覚寺に住み、1366年に示寂しました。

峨山韶碩は、日本における臨済宗の発展に大きな貢献を果たしました。また、建武の新政に参加したことで、政治にも影響を与えました。その生涯は、激動の時代を生き抜いた僧侶の一生であり、日本の歴史を知る上で重要な人物です。

峨山韶碩の教え

峨山韶碩の教え

-峨山韶碩の教え-

峨山韶碩は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧侶です。京都に住み、建仁寺や東福寺などで修行し、後に、建長寺で首席の位である首座に任命されました。

峨山韶碩の教えは、禅の悟りの境地である「本来の面目」を悟らせてくれるものとされています。本来の面目とは、我々が本来持っている仏性を指します。峨山韶碩は、この本来の面目を知るためには、坐禅などの修行を通じて、自らの心の内側を深く見つめる必要があると説きました。

峨山韶碩の教えは、その簡潔さと明晰さから、多くの禅僧に支持されました。そして、峨山韶碩の教えは、日本の禅文化の発展に大きな影響を与えました。

峨山韶碩の教えの特徴は、以下の通りです。

* -坐禅の重要性を強調-

峨山韶碩は、坐禅こそが本来の面目を知るための最も重要な修行であると説きました。坐禅は、心を静め、雑念を取り払い、本来の自己に目覚めるための手段であるとされました。

* -公案の使用-

峨山韶碩は、公案を用いて弟子たちの修行を指導しました。公案とは、禅の悟りの境地を理解するための難問のことです。公案は、弟子たちの思考を混乱させ、本来の自己に目覚めさせることを目的としています。

* -本来の面目の強調-

峨山韶碩は、本来の面目こそが悟りの境地であると説きました。本来の面目とは、我々が本来持っている仏性を指します。峨山韶碩は、本来の面目を知るためには、坐禅などの修行を通じて、自らの心の内側を深く見つめる必要があると説きました。

峨山韶碩の教えは、日本の禅文化の発展に大きな影響を与えました。峨山韶碩の教えは、現在でも多くの禅僧に支持されており、日本の禅文化の伝統を維持する上で重要な役割を果たしています。

峨山韶碩の弟子たち

峨山韶碩の弟子たち

-峨山韶碩の弟子たち-

峨山韶碩は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した臨済宗の僧です。南禅寺や建仁寺などの大刹で住持を務め、多くの弟子を育成しました。その中でも、特に有名なのが以下の3人です。

* -夢窓疎石-(1275~1351年)
夢窓疎石は、峨山韶碩の最も有名な弟子であり、南禅寺・建仁寺の住持を務めた他、足利尊氏や足利義満など、当時の権力者と親交を深めました。また、多くの著作を残しており、その思想は後の禅宗に大きな影響を与えました。

* -竺仙梵僊-(1303~1373年)
竺仙梵僊は、峨山韶碩の弟子の中で最も早く南禅寺で修行を始め、峨山韶碩の死後は南禅寺の住持を務めました。また、足利尊氏や足利義満の信任を得て、多くの公職を歴任しました。

* -絶海中津-(1336~1405年)
絶海中津は、峨山韶碩の弟子の中で最も晩年に南禅寺で修行を始め、峨山韶碩の死後は建仁寺の住持を務めました。また、足利義満の信任を得て、多くの公職を歴任しました。

タイトルとURLをコピーしました