「彰仁親王妃頼子」について

「彰仁親王妃頼子」について

彰仁親王妃頼子の生涯

彰仁親王妃頼子の生涯

-彰仁親王妃頼子の生涯-

彰仁親王妃頼子(あきひとしんのうひよりこ)は、1855年(安政2年)に江戸城で生まれました。父は徳川14代将軍の家茂、母は家定の御台所であった天璋院篤子です。

頼子は1867年(慶応3年)に、睦仁親王(後の明治天皇)と結婚しました。明治天皇にとっての最初の妃であり、長男である嘉仁親王(後の大正天皇)を産みました。

頼子は、明治天皇の皇后として、政治や外交に大きな影響を与えました。また、慈善事業にも力を入れて、日本赤十字社の創設に尽力しました。

1914年(大正3年)、頼子は58歳で亡くなりました。明治天皇の崩御からわずか4ヶ月後のことでした。頼子は、明治天皇とともに明治神宮に祀られています。

頼子は、明治天皇の皇后として、日本の近代化に大きな貢献をしました。また、慈善事業にも力を入れて、日本赤十字社の創設に尽力しました。頼子は、日本の近代化に大きな功績を残した偉大な女性です。

彰仁親王妃頼子の業績

彰仁親王妃頼子の業績

彰仁親王妃頼子の業績

彰仁親王妃頼子は、1824年12月2日、江戸に生まれました。父は徳川12代将軍徳川家慶、母は正室の広大院です。1854年、29歳のとき、4歳年上の徳川家定に嫁ぎました。家定は、頼子と結婚した翌年に将軍に就任しました。

頼子は、聡明で温厚な人柄で、家定に深く愛されました。家定は、頼子に多くの権限を与え、頼子は、家定を補佐して政務を執りました。

頼子は、家定の死後も、1868年の明治維新まで、江戸城に留まり続けました。明治維新後は、静岡に移り住み、1895年に亡くなりました。

頼子は、家定を補佐して政務を執り、明治維新後の混乱期にも、江戸城に留まり続けた功績で知られています。また、頼子は、聡明で温厚な人柄で、人々から深く愛されていました。

頼子の業績は、大きく分けて、政治的業績と社会的業績の2つに分けられます。

政治的業績

頼子は、家定の死後も、明治維新まで、江戸城に留まり続けました。この間、頼子は、徳川家の家督を継いだ徳川慶喜を補佐して政務を執りました。頼子は、慶喜に多くの助言を行い、慶喜は、頼子の助言を尊重しました。

頼子は、慶喜が将軍に就任した後も、引き続き慶喜を補佐しました。頼子は、慶喜に、外国と和親条約を締結するよう勧め、慶喜は、頼子の勧めを受け入れて、安政5年(1858年)に日米修好通商条約を締結しました。

頼子は、慶喜が朝廷と対立した際にも、慶喜を支持しました。頼子は、慶喜に、朝廷と和解するよう勧めましたが、慶喜は、頼子の勧めを受け入れず、慶応4年(1868年)に戊辰戦争が勃発しました。

戊辰戦争で徳川家が敗北した後、頼子は、江戸城を退去して静岡に移り住みました。頼子は、静岡で、徳川家の家督を継いだ徳川家達を補佐しました。

社会的業績

頼子は、聡明で温厚な人柄で、人々から深く愛されていました。頼子は、人々の困りごとを積極的に助け、人々のために尽くしました。

頼子は、貧しい人々を救済するために、様々な事業を展開しました。頼子は、施薬院を設立して、貧しい人々に薬を施しました。また、頼子は、貧しい人々に食料を施すために、炊き出しを行いました。

頼子は、教育にも熱心でした。頼子は、学校を設立して、貧しい人々の子供たちに教育を受けさせました。また、頼子は、図書館を設立して、人々が自由に本を読めるようにしました。

頼子は、日本の近代化に貢献した偉大な女性です。頼子の業績は、今もなお、人々に語り継がれています。

彰仁親王妃頼子の家族

彰仁親王妃頼子の家族

-彰仁親王妃頼子の家族-

彰仁親王妃頼子は、明治天皇の第二皇子である北白川宮能久親王の妃である。旧名は九条頼子。父は公爵九条道孝、母は徳川和子。養母は孝明天皇の典侍であった家女房八百局。

頼子は、1869年(明治2年)5月17日に東京で生まれた。1886年(明治19年)9月25日、北白川宮能久親王と結婚。1887年(明治20年)4月2日に第一子である竹宮恒久王を出産。1889年(明治22年)3月29日には第二子である富美宮成子女王を出産。1890年(明治23年)7月25日には第三子である貞宮秀子女王を出産。1893年(明治26年)10月17日には第四子である周宮昌子女王を出産。1895年(明治28年)8月4日には第五子である博恭王を出産した。

頼子は、北白川宮能久親王の死後も、北白川宮家の当主として、子供たちを育て上げた。頼子は、1951年(昭和26年)1月14日に東京で死去した。享年81。

-頼子の夫である北白川宮能久親王-

北白川宮能久親王は、1847年(弘化4年)8月10日に京都で生まれた。明治天皇の第二皇子で、母は典侍大給近子。

能久親王は、1864年(元治元年)から1868年(明治元年)まで、江戸で過ごした。1868年(明治元年)に北白川宮を創設し、初代当主となった。1869年(明治2年)には、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、オーストリア、イタリアの6カ国を訪問した。

1871年(明治4年)には、西南戦争に出兵し、西郷隆盛率いる薩摩軍と戦った。1874年(明治7年)には、台湾出兵に参加。1881年(明治14年)には、西南戦争の戦功により公爵位を授与された。

1885年(明治18年)には、軍人としての道を離れ、皇室の外交を担当した。1893年(明治26年)には、韓国に渡り、大韓帝国の建国を祝賀した。1894年(明治27年)には、日清戦争に出兵し、第一軍司令官として、旅順攻略戦を指揮した。

1895年(明治28年)には、北白川宮能久親王が日清戦争で戦死した。享年48。

タイトルとURLをコピーしました