秋毘売神とは?稲作をつかさどる女神について

秋毘売神とは?稲作をつかさどる女神について

秋毘売神の概要

秋毘売神の概要

-秋毘売神の概要-

秋毘売神(あきびめのかみ)は、稲作をつかさどる女神です。秋毘売神は、別名として、秋津毘売命(あきつひめのみこと)、秋津姫(あきつひめ)、阿岐津姫(あきつひめ)、阿岐都比売(あきつひめ)、阿伎津比売(あきつひめ)などがあります。

秋毘売神は、日本書紀に登場する神様です。日本書紀では、秋毘売神は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)と奇稲田姫(くしいなだひめ)の間に生まれた神様とされています。秋毘売神は、稲穂を手に持っており、稲作をつかさどる神様として崇められています。

秋毘売神は、全国各地に祀られていますが、特に有名なのは、京都府の賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)です。賀茂別雷神社は、京都の賀茂川の上流に位置する神社で、秋毘売神を主祭神として祀っています。賀茂別雷神社は、古くから稲作の豊穣を祈願する神社として信仰されており、毎年、秋毘売神を祀る例祭が行われています。

秋毘売神は、稲作をつかさどる女神として、古代から人々に信仰されてきました。秋毘売神は、人々に稲作の技術を教え、豊作をもたらす神様として崇められてきました。また、秋毘売神は、女性の神様としても崇められており、安産や子宝を祈願する人々からも信仰されています。

秋毘売神と稲作

秋毘売神と稲作

秋毘売神とは?稲作をつかさどる女神について

秋毘売神と稲作

秋毘売神は、稲作をつかさどる女神です。別名として、豊穣神、穀物神、豊作を司る神などがあります。古くは、秋に収穫する稲のことを「秋毘」と呼んでおり、秋毘売神は、その稲作を司る神として信仰されてきました。

秋毘売神は、主に、農耕儀礼や収穫祭などの際に祀られます。特に、稲作が盛んな地域では、秋毘売神を祀る神社や祠が数多くあり、人々はその神に豊作を祈願しています。

また、秋毘売神は、穀物の神として、五穀豊穣を司る神としても信仰されています。五穀とは、稲、麦、粟、黍、豆のことで、これらは、日本人の主食として、古くから大切にされてきました。秋毘売神は、これらの五穀の豊作を司る神として、人々から敬われています。

さらに、秋毘売神は、豊作を司る神としてだけでなく、子孫繁栄や家内安全を司る神としても信仰されています。秋毘売神は、女性の神であり、女性の妊娠・出産や子育てを司る神として、人々から崇拝されています。また、秋毘売神は、家内安全を司る神としても信仰されており、人々は、その神に家の安全や家族の健康を祈願しています。

タイトルとURLをコピーしました