歴史を彩る高僧→ 関叟梵機の生涯と教え

歴史を彩る高僧→ 関叟梵機の生涯と教え

室町時代の僧侶

室町時代の僧侶

室町時代の僧侶

関叟梵機は、室町時代後期に活躍した臨済宗の僧侶です。号は関叟梵機、諱は梵機です。1438年、京都に生まれました。

梵機は、幼い頃から仏教に親しみ、13歳の時に出家して建仁寺に入りました。その後、相国寺に移り、春屋妙葩に師事して禅を学びました。梵機は、春屋妙葩から禅の奥義を学び、悟りを得ました。

梵機は、春屋妙葩の死後、相国寺の住持に就任しました。梵機は、相国寺を中興し、臨済宗の復興に努めました。梵機は、また、多くの弟子を育て、禅の教えを広めました。

梵機は、1507年に相国寺で亡くなりました。梵機は、臨済宗の僧侶として、禅の教えを広め、多くの弟子を育てました。梵機は、室町時代を代表する高僧の一人です。

仏陀寺や総持寺の住持を務める

仏陀寺や総持寺の住持を務める

– 仏陀寺や総持寺の住持を務める

関西梵機は、1591年に武蔵国多摩郡大谷村(現在の東京都多摩市)に生まれた。俗名は徳次郎。幼い頃に父母を亡くし、叔父に育てられた。15歳で出家し、臨済宗の僧として修行を積んだ。

1615年、24歳の時に江戸の仏陀寺に住職として迎えられた。仏陀寺は、臨済宗の古刹で、徳川家康の帰依を受けていた。梵機は、仏陀寺の住職として、寺務を執り、修行僧を指導し、檀信徒の相談に乗るなど、僧侶として活躍した。

1624年、33歳の時に、江戸の総持寺に住職として迎えられた。総持寺は、臨済宗の総本山で、仏陀寺よりも格の高い寺である。梵機は、総持寺の住職として、寺務を執り、修行僧を指導し、諸国の大名や僧侶を接見するなど、臨済宗の重鎮として活躍した。

1657年、66歳の時に、総持寺の住職を退いた。しかし、その後も、僧侶として各地を巡回し、説法や指導を行った。1674年、83歳の時に、現在のさいたま市にある正法寺で亡くなった。

梵機は、江戸時代初期の臨済宗を代表する高僧である。仏陀寺や総持寺の住職を務め、修行僧を指導し、檀信徒に教えを説いた。梵機の教えは、臨済宗の根本精神である「只管打坐」を重視するもので、多くの修行僧に影響を与えた。また、梵機は、禅の思想を儒教や神道と調和させ、日本独自の禅文化を形成するのに貢献した。

古澗仁泉の法をつぐ

古澗仁泉の法をつぐ

– 古澗仁泉の法をつぐ

関叟梵機は、1263年に陸奥国信夫郡(現在の福島県福島市)で生まれました。幼い頃に父を亡くし、母に育てられました。14歳の時に出家し、古澗仁泉に師事しました。

古澗仁泉は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した禅僧で、永平寺第二世貫主を務めました。関叟梵機は、古澗仁泉の厳しい指導の下で禅の修行に励み、1287年に印可を得ました。

1290年に古澗仁泉が亡くなると、関叟梵機は永平寺の第三世貫主となりました。関叟梵機は、古澗仁泉の教えを受け継ぎ、禅の修行者を多く育てました。また、禅の思想を社会に広めるために、積極的に布教活動を行いました。

関叟梵機は、1337年に75歳で亡くなりました。関叟梵機の死後、永平寺は衰退しましたが、江戸時代になると再び復興しました。関叟梵機は、禅宗の復興に大きな功績を残した高僧として、現在も敬慕されています。

-# 関叟梵機の教え

関叟梵機の教えは、古澗仁泉の教えを基にしており、坐禅を重視しました。関叟梵機は、坐禅を通して自己の本性に目覚め、煩悩を断ち切ることを説きました。また、関叟梵機は、慈悲の心を持つことの大切さも説きました。関叟梵機は、すべての生き物は平等であり、慈悲の心を持って接することが大切であると説きました。

関叟梵機の教えは、多くの人々に影響を与えました。関叟梵機の弟子の中には、夢窓疎石や南浦紹明など、禅宗の復興に大きな功績を残した高僧が数多くいます。関叟梵機の教えは、現在も禅宗の修行者たちに受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました