粟飯原氏光の生涯~鎌倉幕府から南北朝時代を駆け抜けた武将~

粟飯原氏光の生涯~鎌倉幕府から南北朝時代を駆け抜けた武将~

鎌倉幕府に仕えた氏光

鎌倉幕府に仕えた氏光

-鎌倉幕府に仕えた氏光-

粟飯原氏光は、鎌倉幕府の御家人として活躍した武将です。彼は、1224年に鎌倉で生まれ、1304年に亡くなりました。氏光の父は、鎌倉幕府の有力御家人である粟飯原忠光であり、氏光は忠光の嫡男として生まれました。

氏光は、幼い頃から武芸に優れ、13歳で鎌倉幕府の将軍である源頼嗣に仕えました。頼嗣は、氏光の武勇を気に入り、氏光を側近として重用しました。しかし、1247年に頼嗣が失脚すると、氏光も連座して謹慎を命じられました。

謹慎が解かれた後、氏光は再び鎌倉幕府に仕え、1252年に武蔵守に任命されました。武蔵守は、現在の埼玉県と東京都の一部を管轄する役職であり、氏光は武蔵国における幕府の代表者として活躍しました。

氏光是、1274年の文永の役と1281年の弘安の役にも従軍し、元軍と戦いました。文永の役では、氏光は博多湾に侵攻した元軍を撃退し、弘安の役では、氏光は九州に侵攻した元軍を撃退して、鎌倉幕府の勝利に貢献しました。

鎌倉幕府の滅亡後は、氏光は足利尊氏に仕えました。尊氏は、1333年に鎌倉幕府を倒して室町幕府を開き、氏光は室町幕府の御家人として活躍しました。氏光は、1336年に越後守に任命され、越後国における室町幕府の代表者として活躍しました。

氏光是、1304年に越後国で亡くなりました。享年81歳でした。氏光の死後、粟飯原氏は衰退し、室町時代中期に断絶しました。

足利尊氏に従った氏光

足利尊氏に従った氏光

足利尊氏に従った氏光

粟飯原氏光は、渡党宇多源氏の流れを汲む鎌倉御家人の末裔で、鎌倉幕府では、院御所番を務めるなど、重用されていました。しかし、元弘の乱に際しては、北条氏についたため、鎌倉幕府の滅亡とともに没落しました。

その後、氏光是、足利尊氏に仕え、建武政権が倒れた後は、尊氏に従って九州に下向しました。そして、尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻し、建武の新政を打倒すると、氏光是、その先鋒として活躍しました。

箱根竹ノ下の戦いで、新田義貞を破った際には、その功績を賞されて、陸奥守に任じられました。また、湊川の戦いでも、氏光は、楠木正成を討ち取るという大功を挙げました。

さらに、氏光は、四条畷の戦いにも参戦し、そこで、新田義貞を討ち取りました。この功績により、氏光は、河内守護となり、大幅に領地を拡大しました。

氏光は、尊氏に従って、南北朝の内乱を戦い抜きました。そして、尊氏が亡くなった後も、その子である足利義詮を支えて、南北朝の内乱を戦い続けました。

しかし、氏光は、南北朝の内乱の最中に、戦傷がもとで亡くなりました。享年47歳でした。氏光の死は、足利義詮にとって、大きな痛手となりました。

氏光の死は、南北朝の内乱の趨勢に大きな影響を与えました。それまで、足利義詮は、北朝方の優勢を保っていましたが、氏光の死後は、南朝方が巻き返しを図り、南北朝の内乱は、さらに長期化することになりました。

氏光の死は、足利義詮にとって、大きな痛手となっただけでなく、南北朝の内乱の趨勢に大きな影響を与えたのです。

後醍醐天皇の皇子を毒殺した氏光

後醍醐天皇の皇子を毒殺した氏光

-後醍醐天皇の皇子を毒殺した氏光-

元弘2年(1332年)、鎌倉幕府は後醍醐天皇の皇子で、北条高時の討伐を呼びかけた尊良親王を捕らえた。そして、尊良親王を幽閉していた粟飯原氏は、親王の食事に毒を盛って殺害したのである。

この事件は、鎌倉幕府の権威を低下させることとなった。また、後醍醐天皇を激怒させ、建武の新政への機運を高めることとなった。

尊良親王の死後、粟飯原氏は北条高時から恩賞を与えられ、武蔵守に任命された。しかし、建武の新政が始まると、粟飯原氏は鎌倉幕府方の武将として後醍醐天皇軍と戦った。

建武3年(1334年)、粟飯原氏は楠木正成率いる軍勢に敗れ、自害した。

粟飯原氏の尊良親王毒殺事件は、鎌倉幕府の権威を低下させ、建武の新政への機運を高めることとなった。また、粟飯原氏自身も、尊良親王毒殺事件を契機に、鎌倉幕府方の武将として後醍醐天皇軍と戦い、建武3年(1334年)に楠木正成率いる軍勢に敗れ、自害した。

粟飯原氏の尊良親王毒殺事件は、鎌倉幕府の滅亡と建武の新政の成立に大きな影響を与えた歴史的事件である。

タイトルとURLをコピーしました