秋元凉朝-享保(きょうほう)2年生まれの江戸時代中期の大名。

秋元凉朝-享保(きょうほう)2年生まれの江戸時代中期の大名。

宝暦10年老中への任命と西丸若年寄として活躍。

宝暦10年老中への任命と西丸若年寄として活躍。

-宝暦10年老中への任命と西丸若年寄として活躍-

宝暦10年(1760年)、秋元凉朝は老中へと任命されました。これは、彼にとって大きな栄誉であり、幕政の中枢に関わることとなりました。老中としては、財政改革や外交政策など、様々な問題に取り組みました。特に、財政改革においては、江戸幕府の財政状況を改善するために、様々な施策を講じました。その一方で、外交政策においては、ロシアとの関係改善に努め、両国の関係を強化することに成功しました。

老中としての活躍に加えて、秋元凉朝は西丸若年寄としても活躍しました。西丸若年寄とは、将軍の後継者である世子の教育や生活を監督する役職であり、幕府の中でも重要な地位でした。秋元凉朝は、世子の徳川家基の教育係を務め、彼の成長を支えました。

秋元凉朝は、老中と西丸若年寄として、幕政の中枢で活躍し、江戸幕府の運営に貢献しました。彼は、財政改革や外交政策など、様々な問題に取り組み、幕府の安定に努めました。また、世子の教育係を務め、徳川家基の成長を支えました。秋元凉朝は、江戸時代中期の大名として、幕府に大きな功績を残した人物と言えるでしょう。

俳諧(はいかい)や茶道に精通し、文化人としても活躍。

俳諧(はいかい)や茶道に精通し、文化人としても活躍。

-俳諧や茶道に精通し、文化人としても活躍。-

秋元凉朝は、享保(きょうほう)2年(1717年)に生まれ、享保14年(1729年)には、13歳という若さで、寄特(よっし)の席で詠進(えいしん)し、将軍吉宗に見出されました。また、若くして、俳諧(はいかい)や茶道に親しみ、俳諧では、芭蕉の門人である越智越人(おちおつひと)に師事し、茶道では、裏千家(うらせんけ)の宗匠松尾宗二(まつおそうじ)に師事しました。

涼朝は、俳諧や茶道を嗜むだけでなく、自らも作品を制作しました。俳諧では、「涼朝集」という句集を出版し、茶道では、「凉朝茶入」という茶入を制作しました。

凉朝は、文化人としても活躍しました。彼は、自らも書画をたしなみ、多くの作品を残しました。また、彼は、有職故実(ゆうそくこしつ)にも通じており、朝廷の儀式などにも参画しました。

涼朝は、俳諧や茶道に精通した文化人として、江戸時代中期に活躍しました。

明和4年に出羽(でわ)山形藩主となり、初代藩主となる。

明和4年に出羽(でわ)山形藩主となり、初代藩主となる。

-秋元凉朝-享保(きょうほう)2年生まれの江戸時代中期の大名。-

-明和4年に出羽(でわ)山形藩主となり、初代藩主となる。-

秋元凉朝は、享保2年(1717年)に生まれた江戸時代中期の譜代大名です。幼名は弥太郎(やたろう)でしたが、後に涼朝と改名しました。父は白河(しらかわ)藩主・秋元喬求(あきもとたかもと)、母は家老・山内豊昌(やまのうちとよまさ)の娘です。

涼朝は若い頃から学問に励み、特に儒学(じゅがく)を好みました。また、武芸にも優れ、弓術(きゅうじゅつ)や槍術(そうじゅつ)に通じていました。

享保19年(1734年)に父が亡くなり、白河藩を相続しました。藩政に励み、領内の開発や民政の安定に努めました。また、学問を奨励し、藩内に藩校・明倫堂(めいりはどう)を設立しました。

明和4年(1767年)、出羽山形藩の藩主となり、初代藩主となりました。山形藩は、戊辰戦争(ぼしんせんそう)の際に旧幕府軍(きゅうばくふぐん)に加わり、奥羽越列藩同盟(おううえつれっぱんどうめい)を結成しました。しかし、明治元年(1868年)に降伏し、新政府に恭順(きょうじゅん)しました。

涼朝は明治2年(1869年)に死去しました。享年53歳でした。法名は、法号院殿秋公庵主凉朝大居士(ほうごういんでんしゅうこうあんしゅりょうちょうだいこじ)です。

タイトルとURLをコピーしました