瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の出自と家族

瓜生照の出自と家族

瓜生照の出自と家族

瓜生照は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。瓜生氏は、現在の奈良県生駒郡瓜生町を本拠とする豪族でした。照の父は瓜生高直といい、鎌倉幕府の御家人でした。母は不明ですが、照には兄の高時と弟の高重がいました。

照は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武政権に仕えました。その後、尊氏が九州に落ち延びると、照もそれに従いました。尊氏が九州で勢力を盛り返して上洛すると、照もそれに従って上洛し、建武3年(1336年)に尊氏が室町幕府を開くと、その幕臣となりました。

照は、尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げました。正平11年(1356年)には、越後国守護に任命されました。翌正平12年(1357年)には、南朝方の新田義貞を破り、その功績により越後国守護に再任されました。

正平18年(1363年)、照は越後国で没しました。享年51歳でした。照には3人の息子がいましたが、長男の高基は照の生前に戦死し、次男の高忠は出家したため、三男の高治が瓜生氏を継ぎました。

瓜生氏は、室町時代を通じて越後国守護として活躍し、戦国時代には上杉氏に従いました。上杉氏が滅亡すると、瓜生氏も没落しました。

脇屋義治挙兵への参加と新田義貞への従軍

脇屋義治挙兵への参加と新田義貞への従軍

-脇屋義治挙兵への参加と新田義貞への従軍-

脇屋義治が挙兵した際、瓜生照はこれにすぐに加わりました。脇屋義治は、鎌倉幕府打倒を掲げて挙兵した武将で、楠木正成や赤松則村らと協力して鎌倉幕府軍と戦っていました。

瓜生照は脇屋義治の軍勢に加わり、鎌倉幕府軍と戦いました。瓜生照は、鎌倉幕府軍の攻撃を何度も撃退し、その武勇をふるいました。

脇屋義治が敗北すると、瓜生照は新田義貞の軍勢に加わり、鎌倉幕府軍と戦い続けました。瓜生照は、新田義貞の軍勢に加わって鎌倉を攻略し、鎌倉幕府を滅亡させました。

鎌倉幕府が滅亡すると、瓜生照は新田義貞の幕府で活躍しました。瓜生照は、新田義貞の幕府で重臣として仕え、新田義貞の政務を助けました。

しかし、新田義貞の幕府は長くは続かず、足利尊氏によって滅亡させられました。瓜生照は、新田義貞の幕府が滅亡すると、足利尊氏の幕府に仕えました。

瓜生照は、足利尊氏の幕府で重臣として仕え、足利尊氏の政務を助けました。瓜生照は、足利尊氏の幕府で活躍し、その生涯を閉じました。

瓜生照は、鎌倉幕府と南北朝時代の武将として活躍した武将です。瓜生照は、その武勇と忠義で知られており、その名は今日まで語り継がれています。

脇屋義助への従属と斯波高経との戦い

脇屋義助への従属と斯波高経との戦い

-脇屋義助への従属と斯波高経との戦い-

瓜生照は、脇屋義助に仕えました。義助は、鎌倉幕府の御家人であり、足利尊氏に仕えていました。足利尊氏が鎌倉幕府を滅ぼした後、義助は斯波高経に従いました。

斯波高経は、鎌倉幕府の執権であった斯波家長の弟であり、足利尊氏の姉婿でした。尊氏は、高経に北陸地方の守護を命じました。高経は、北陸地方で勢力を拡大し、独自の政権を樹立しました。

義助は、高経に従って北陸地方で戦いました。高経は、越前国で斯波氏と敵対していた佐々木氏を滅ぼし、越前国を平定しました。また、加賀国でも畠山氏を滅ぼし、加賀国を平定しました。

しかし、高経は、足利氏と対立するようになりました。足利尊氏は、高経を討伐するため、軍勢を北陸地方に派遣しました。高経は、足利氏の軍勢を迎え撃ちましたが、敗北しました。高経は、北陸地方から逃亡し、越後国に逃れました。

義助は、高経に従って越後国に逃れました。しかし、義助は、高経を見捨てて足利氏に降伏しました。足利尊氏は、義助の降伏を許し、義助に所領を与えました。

義助は、足利氏に従って、南北朝の戦いに参加しました。義助は、九州地方で戦いました。義助は、九州地方で多くの戦功を挙げました。

義助は、南北朝の戦いが終結した後も、足利氏に仕えました。義助は、越前国の守護に任命されました。義助は、越前国の守護として、越前国を統治しました。

義助は、70歳で亡くなりました。義助は、越前国の守護として、越前国を統治しました。義助は、優れた武将であり、足利氏に仕えて多くの戦功を挙げました。

タイトルとURLをコピーしました