春日顕国 – 南北朝時代の武将

春日顕国 – 南北朝時代の武将

建武3年(延元元年)に侍従となる

建武3年(延元元年)に侍従となる

建武3年(延元元年)に侍従となる

建武3年(延元元年)、春日顕国は侍従に任命されました。侍従とは、天皇の身辺に仕えて雑務を行う役職であり、春日顕国の高い身分と天皇からの信任の厚さを示しています。

春日顕国は、侍従として天皇に仕えながら、武功を挙げ続けました。建武4年(延元2年)には、足利尊氏の軍勢と戦い、これを撃破しました。この戦功により、春日顕国は播磨守護に任命されました。

播磨守護となった春日顕国は、足利尊氏の勢力に対抗するために、積極的に戦いました。しかし、足利尊氏の軍勢は強く、春日顕国は苦戦を強いられました。

建武5年(延元3年)、春日顕国は足利尊氏の軍勢に敗れ、播磨守護を罷免されました。春日顕国は、その後も足利尊氏に抵抗を続けましたが、やがて降伏しました。

降伏後は、春日顕国は足利尊氏に仕えました。足利尊氏からは、甲斐国守護に任命され、重用されました。春日顕国は、甲斐国守護として、足利尊氏の政権を支えました。

春日顕国は、南北朝時代の武人として、数多くの戦功を挙げました。侍従として天皇に仕え、播磨守護、甲斐国守護を歴任した春日顕国は、足利尊氏に重用された名将でした。

常陸(ひたち)・下野(しもつけ)で活躍

常陸(ひたち)・下野(しもつけ)で活躍

常陸(ひたち)・下野(しもつけ)で活躍

春日顕国は、常陸と下野で活躍した武将であり、南朝方の武将として数多くの戦で活躍しました。
常陸国では、北畠顕家率いる軍勢に加わり、鎌倉軍と戦いました。顕国は、常陸国の国人衆を率いて鎌倉軍を相手に健闘し、鎌倉軍をたびたび破りました。
下野国では、足利尊氏の軍勢と戦いました。顕国は、下野国の国人衆を率いて足利尊氏の軍勢を相手に戦い、足利尊氏の軍勢を何度も撃退しました。

春日顕国は、常陸と下野で活躍した武将であり、南朝方の武将として数多くの戦で活躍しました。顕国の活躍は、南朝方の勢力の拡大に大きく貢献したと言われています。

関城・大宝城が陥落、親房が吉野へ敗走

関城・大宝城が陥落、親房が吉野へ敗走

– 関城・大宝城が陥落、親房が吉野へ敗走

南北朝時代、延元3年/建武5年(1338年)3月、六波羅探題軍は、春日顕国の籠る関城、大宝城を攻撃した。

春日顕国は、後醍醐天皇の皇子・宗良親王を奉じて、九州から上洛し、六波羅探題を攻撃していた。しかし、六波羅探題軍は、春日顕国を圧倒し、関城、大宝城を陥落させた。春日顕国は、宗良親王を奉じて吉野に敗走した。

この時、春日顕国は、子の春日顕栄と春日顕宗を関城に残して戦わせていたが、春日顕栄と春日顕宗は戦死した。春日顕国は、二人の子の死を深く悲しみ、吉野で出家した。

春日顕国の敗走により、九州の足利尊氏と、吉野の後醍醐天皇の戦いは、ますます激しさを増していった。

タイトルとURLをコピーしました