「乾局」→ 江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室

「乾局」→ 江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室

剛力で徳川義直の側室となったおんな

剛力で徳川義直の側室となったおんな

-剛力で徳川義直の側室となったおんな-

徳川義直は、江戸時代前期の尾張藩藩主である。剛力の武将として知られ、数々の戦いで活躍した。その義直の側室として、ある女性の存在が知られている。その女性の名前は、おんなである。

おんなは、江戸の生まれである。幼い頃から剛力が強く、男勝りの性格であったという。ある日、義直が江戸を訪れた際、おんなは義直の行列を襲い、義直を相手に戦いを挑んだ。義直はおんなの剛力に驚き、おんなを気に入り、側室として迎え入れた。

おんなは、義直の側室として、数人の子供を産んだ。その中には、後の尾張藩藩主となる徳川光友も含まれている。おんなは、義直の死後も、しばらくは尾張藩に仕えていたが、やがて江戸に戻り、そこで余生を送った。

おんなは、剛力の女性として知られており、その剛力は、義直を驚かせたという。おんなは、義直の側室として、数人の子供を産み、その中には、後の尾張藩藩主となる徳川光友も含まれている。おんなは、義直の死後も、しばらくは尾張藩に仕えていたが、やがて江戸に戻り、そこで余生を送った。

2代藩主・光友の母として知られる

2代藩主・光友の母として知られる

-「乾局」→ 江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室-

-2代藩主・光友の母として知られる-

「乾局(いぬいふさ)」は、江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室である。名は局(つぼね)という。2代藩主・光友の母として知られる。

乾局の出自は不詳だが、下級武士の娘であったと伝えられている。義直の側室となったのは、慶長12年(1607年)頃のことである。義直との間には、光友、義昌、義繕、義休、義通の5人の男子と、達姫(松平忠昌室)、勝姫(伊達忠宗室)、長姫(有馬豊氏室)の3人の女子を儲けた。

光友は、寛永11年(1634年)に義直の死後、尾張藩の2代藩主となった。乾局は、光友の生母として藩内での地位を高め、藩政にも影響力を持ったとされる。

乾局は、寛文10年(1670年)に死去した。享年70。墓所は、名古屋市中区丸の内の建中寺にある。

乾局は、尾張藩の藩祖・義直の側室として、藩主・光友の生母として、重要な役割を果たした女性である。

諡は歓喜院

諡は歓喜院

-「乾局」→ 江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室-

-諡は歓喜院-

乾局(いぬいづぼね、生没年不詳)は、江戸時代前期の尾張藩藩主・徳川義直の側室である。諡は歓喜院。

彼女の出自は不明だが、義直の側室となったのは寛永9年(1632年)頃と推定されている。寛永11年(1634年)に義直との間に長男・徳川光友を産み、翌年には次男・徳川綱誠を産んだ。光友は後に尾張藩の第2代藩主となり、綱誠は甲府藩の初代藩主となった。

乾局は義直の正室・お万の方(徳川秀忠の娘)に次ぐ側室として、藩内での地位は高かった。また、光友と綱誠の教育に熱心に取り組み、両子を立派に育て上げた。

寛永19年(1642年)に義直が死去すると、乾局は出家して歓喜院と号した。その後は尾張藩の菩提寺である建中寺で余生を送り、寛文7年(1667年)に死去した。

乾局については、その出自や生涯については不明な点が多い。しかし、義直の側室として藩内で重要な役割を果たし、光友と綱誠の教育に尽力した女性であったことは間違いない。

タイトルとURLをコピーしました