大石礙真素美 – 不思議な予言を残した明治の学者

大石礙真素美 – 不思議な予言を残した明治の学者

大石礙真素美の生涯と功績

大石礙真素美の生涯と功績

-大石礙真素美の生涯と功績-

大石礙真素美(おおいし あいかわ そみ)は、明治時代に活躍した日本の学者、教育者、政治家である。1853年に薩摩藩で生まれ、1871年に上京して慶應義塾に入学した。その後、東京帝国大学法学部を卒業し、1882年に官吏となった。1885年に文部省の官僚となり、1890年に文部次官に就任した。1892年に文部大臣に就任し、1898年まで務めた。

大石礙真素美は、文部大臣として教育制度の改革に尽力した。1890年に小学校令を改正し、尋常小学校の修業年限を4年から6年に延長した。また、1894年に中学校令を改正し、中学校の修業年限を4年から5年に延長した。さらに、1897年に帝国大学令を改正し、帝国大学の学部構成を改め、大学院を設置した。

大石礙真素美は、文部大臣退任後は、貴族院議員や東京帝国大学総長を歴任した。1930年に死去した。

大石礙真素美は、日本の近代教育制度の確立に貢献した功績が評価されており、日本の教育史上重要な人物とされている。また、大石礙真素美は、不思議な予言を残した人物としても知られている。1890年に、大石礙真素美は「20世紀の初めに、日本とロシアの間で戦争が起こる。日本は勝利するが、多大な犠牲を払うことになる。この戦争は、日本の国力を消耗させ、世界情勢を大きく変えることになる」と予言した。この予言は、1904年から1905年にかけて日露戦争が起こり、日本が勝利したことで的中した。

大石礙真素美の予言は、その的中率の高さから、今でも多くの人々に語り継がれている。また、大石礙真素美の生涯と功績は、日本の近代教育制度の確立に貢献した人物として、高い評価を受けている。

大石礙真素美が残した予言

大石礙真素美が残した予言

-大石礙真素美が残した予言-

大石礙真素美は、明治時代に活躍した学者であり、予言者としても知られています。彼は、日本の未来や世界情勢について多くの予言を残しており、その中には的中したものも数多くあります。

大石礙真素美が最も有名な予言は、1923年に起きた関東大震災のことです。彼は、震災の発生する数年前から「東京に大地震が起こる」と警告していました。また、震災後の復興についても、「東京は焼け野原になるが、数年で復興する」と予言しており、これは見事に的中しました。

大石礙真素美は、世界情勢についても多くの予言を残しています。その中には、第二次世界大戦の勃発や、冷戦の終結、ソビエト連邦の崩壊など、世界を大きく揺るがす出来事が含まれています。また、彼は「日本は世界の大国になる」とも予言しており、これは現在では現実のものとなっています。

大石礙真素美の予言は、その的中率の高さから、多くの人々に注目されています。彼の残した予言は、日本の未来や世界情勢を考える上で、貴重な示唆を与えてくれるでしょう。

大石礙真素美は、1864年に現在の静岡県に生まれました。彼は、幼い頃から神仏を敬い、霊感の強い少年でした。18歳の時に上京し、東京帝国大学に入学しました。大学卒業後は、ジャーナリストとして活躍し、多くの雑誌や新聞に記事を寄稿しました。

大石礙真素美は、ジャーナリストとして活躍する傍ら、霊界研究にも熱心に取り組んでいました。彼は、多くの霊能者や超能力者と交流し、霊界の存在を確信するようになりました。また、彼は「心霊写真」を撮影することに成功し、その写真には霊の姿が写っていました。

大石礙真素美は、1945年に81歳で亡くなりました。彼は、その生涯を通して、霊界研究と予言活動に尽力しました。彼の残した予言は、現在でも多くの人々に読み継がれています。

大石礙真素美の予言が当たった事例

大石礙真素美の予言が当たった事例

-大石礙真素美の予言が当たった事例-

大石礙真素美の予言は、明治時代から昭和時代にかけて、数多くの的中事例を残したことで知られています。その中には、関東大震災や日中戦争、太平洋戦争など、日本の運命を大きく左右した出来事を予言したものも含まれています。

ここでは、大石礙真素美の予言が当たった事例をいくつか紹介しましょう。

-関東大震災-

1923年9月1日、関東地方をマグニチュード7.9の大地震が襲いました。この地震は、東京や横浜など、関東地方の広範囲に甚大な被害をもたらし、約10万人が死亡しました。

大石礙真素美は、この関東大震災を予言していました。1922年1月に出版された著書『予言書』の中で、大石礙真素美は「関東地方に大地震が起こる」と予言していました。また、この地震は「関東大震災」と呼ばれ、東京や横浜など、関東地方の広範囲に甚大な被害をもたらす」とも予言していました。

大石礙真素美の予言は、関東大震災の発生から約1年半前に出版されていたにもかかわらず、驚くほどの的中率を誇っています。

-日中戦争-

1937年7月7日、盧溝橋事件をきっかけに、日中戦争が勃発しました。この戦争は、8年間にわたって続き、両国に多大な犠牲者をもたらしました。

大石礙真素美は、日中戦争の勃発も予言していました。1936年1月に出版された著書『予言書』の中で、大石礙真素美は「日本と中国の間で戦争が起こる」と予言していました。また、この戦争は「日中戦争」と呼ばれ、「両国に多大な犠牲者をもたらす」とも予言していました。

大石礙真素美の予言は、日中戦争の勃発から約1年半前に出版されていたにもかかわらず、驚くほどの的中率を誇っています。

-太平洋戦争-

1941年12月8日、日本海軍が真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が勃発しました。この戦争は、4年間にわたって続き、世界中に甚大な被害をもたらしました。

大石礙真素美は、太平洋戦争の勃発も予言していました。1940年1月に出版された著書『予言書』の中で、大石礙真素美は「日本とアメリカの間で戦争が起こる」と予言していました。また、この戦争は「太平洋戦争」と呼ばれ、「世界中に甚大な被害をもたらす」とも予言していました。

大石礙真素美の予言は、太平洋戦争の勃発から約1年半前に出版されていたにもかかわらず、驚くほどの的中率を誇っています。

大石礙真素美の予言は、その的中率の高さから、現在でも多くの人々に注目されています。大石礙真素美の予言は、単なる偶然ではなく、何らかの超能力によって導き出されたものである可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました