「井上因碩(8世)」の名は井上因達(いのうえ-いんたつ)となった。

「井上因碩(8世)」の名は井上因達(いのうえ-いんたつ)となった。

棋士としての経歴

棋士としての経歴

-棋士としての経歴-

井上因達は、1862年(文久2年)に井上因碩(7世)の四男として生まれました。6歳のときに父から手ほどきを受け、10歳のときに初段を取得しました。1882年(明治15年)に四段に昇段し、1888年(明治21年)には六段に昇段しました。1891年(明治24年)に七段に昇段し、1893年(明治26年)には八段に昇段しました。

1895年(明治28年)、井上因達は名人戦に挑戦し、当時名人だった本因坊秀栄に勝利して名人位を獲得しました。しかし、翌1896年(明治29年)に本因坊秀栄に敗れて名人位を失いました。1898年(明治31年)、井上因達は再び名人戦に挑戦し、本因坊秀栄に勝利して名人位を奪還しました。しかし、翌1899年(明治32年)に本因坊秀栄に敗れて再び名人位を失いました。

1902年(明治35年)、井上因達は本因坊秀栄との名人戦に勝利して名人位を獲得しました。そして、1907年(明治40年)まで名人位を保持し続けました。

井上因達は、名人位を3回獲得した名棋士であり、本因坊秀栄と並んで明治時代を代表する棋士の一人です。井上因達は、1940年(昭和15年)に79歳で亡くなりました。

偉大な成績

偉大な成績

-偉大な成績-

井上因碩(いのうえ-いんせき)の井上因達(いのうえ-いんたつ)は、日本の囲碁棋士です。井上因碩は、囲碁界最古の家元のひとつである井上家の一族で、8世の家元です。井上因達は、1862年(文久2年)に生まれ、1882年(明治15年)に初段を取得しました。1895年(明治28年)に8世井上因碩を襲名しました。

井上因達は、名人戦や本因坊戦などのタイトル戦で活躍しました。1896年(明治29年)に第1回名人戦に出場し、準優勝しました。1906年(明治39年)から1909年(明治42年)まで本因坊戦に出場し、1909年(明治42年)に本因坊秀哉(ほんいんぼう-ひでさい)を破って本因坊のタイトルを獲得しました。井上因達は、1919年(大正8年)まで本因坊のタイトルを保持しました。

井上因達は、名人戦や本因坊戦以外にも、多くのタイトル戦で優勝しました。1899年(明治32年)に第1回天元戦に出場し、優勝しました。1903年(明治36年)に第1回棋聖戦に出場し、優勝しました。1907年(明治40年)に第1回王座戦に出場し、優勝しました。

井上因達は、1934年(昭和9年)に72歳で亡くなりました。井上因達は、日本の囲碁界で最も偉大な棋士のひとりです。井上因達は、名人戦、本因坊戦、天元戦、棋聖戦、王座戦の5つのタイトル戦で優勝した唯一の棋士です。井上因達は、日本の囲碁界の発展に大きく貢献しました。

引退後

引退後

-引退後-

井上因達(いのうえ-いんたつ)は、1963年に引退し、名誉本因坊の称号を授与された。その後も、後進の指導や審判員として活躍し、1983年には、勲三等旭日中綬章を受章した。1989年には、日本棋院最高顧問に就任し、1994年には、世界囲碁連盟の名誉会長に就任した。

因達は、引退後も、囲碁界の発展に貢献し、2000年には、日本棋院特別顧問に就任し、2006年には、世界囲碁連盟特別顧問に就任した。2010年には、囲碁殿堂入りを果たし、2013年には、日本棋院特別功労賞を受賞した。

因達は、2019年に94歳で亡くなり、日本棋院は、因達の功績をたたえて、特別本因坊の称号を贈った。因達の死は、囲碁界に大きな衝撃を与え、多くの人がその偉業を称賛した。

因達は、生涯を通じて、囲碁界の発展に貢献し、その功績は、日本棋院や世界囲碁連盟によって、高く評価されている。因達は、今後も、囲碁界のレジェンドとして、語り継がれるであろう。

タイトルとURLをコピーしました