– 「井上因碩(10世)」と「井上因砂」

– 「井上因碩(10世)」と「井上因砂」

井上因碩(10世)の生涯

井上因碩(10世)の生涯

井上因碩(10世)の生涯

井上因碩(10世)は、1799年(寛政11年)に江戸の商家の子として生まれました。名は仙蔵。幼少の頃より囲碁を学び、10代の頃には早くも名人級の腕前となっていました。1822年(文政5年)には、江戸城で将軍徳川家慶の前で碁を打つ栄誉に浴しています。

1832年(天保3年)、井上因碩(9世)が亡くなると、因碩の名跡を継承しました。その後、井上因碩(10世)は、数々のタイトル戦で活躍し、名人碁所合わせて13回もの優勝を果たしました。また、本因坊秀和、本因坊秀悦、本因坊秀策といった強豪棋士たちと互角に戦い、囲碁界を代表する棋士として君臨しました。

1863年(文久3年)、井上因碩(10世)は、65歳で亡くなりました。その死は、囲碁界に大きな衝撃を与え、多くの人々から惜しまれました。井上因碩(10世)は、江戸時代後期を代表する囲碁棋士であり、その功績は現在でも高く評価されています。

井上因碩(10世)の棋歴

井上因碩(10世)の棋歴

井上因碩(10世)の棋歴

井上因碩(10世)は、江戸時代中期に活躍した日本の囲碁棋士です。本名は井上幻庵因碩です。1712年、江戸に生まれました。11歳の時に、本因坊道知に入門し、14歳で初段を取得しました。1734年、22歳の時に、四段に昇段しました。1740年、28歳の時に、六段に昇段しました。1745年、33歳の時に、七段に昇段しました。1750年、38歳の時に、八段に昇段しました。1753年、41歳の時に、本因坊道碩を破って、本因坊家の跡目を継ぎました。1755年、43歳の時に、九段に昇段しました。1756年、44歳の時に、名人になりました。1757年、45歳の時に、十段になりました。1763年、51歳の時に、本因坊家の跡目を、本因坊丈和に譲りました。1775年、63歳の時に、死去しました。

井上因碩(10世)は、本因坊家の跡目を継いでから、10年間、本因坊として活躍しました。その間、安井仙知、林門入、奥貫賢哉、太田雄蔵、村瀬秀甫などの強豪棋士と対戦し、多くの勝利を収めました。また、数多くの棋書を著し、囲碁の発展に貢献しました。井上因碩(10世)は、江戸時代中期を代表する囲碁棋士の一人として、現在でもその功績を称えられています。

井上因碩(10世)は、本因坊家の跡目を継いだ後、10年間、本因坊として活躍しました。その間、1754年に安井仙知と棋譜を交えており、これが現存する最古の棋譜の一つとなっています。また、1757年には、本因坊丈和に跡目を譲るまで、本因坊の地位を保持しました。

井上因碩(10世)は、囲碁界に多くの功績を残しました。まず、本因坊家の跡目を継いで、本因坊の地位を安定させました。また、数多くの棋書を著し、囲碁の発展に貢献しました。さらに、多くの弟子を育て、囲碁界の裾野を広げました。井上因碩(10世)は、江戸時代中期を代表する囲碁棋士の一人として、現在でもその功績を称えられています。

井上因碩(10世)の門弟

井上因碩(10世)の門弟

井上因碩(10世)の門弟

井上因碩(10世)は、囲碁の史上最強棋士の一人とされており、多くの棋士を指導した。その中でも、特に有名なのが本因坊秀和、本因坊道策、本因坊道悦、安井算知、安井知得である。

本因坊秀和は、井上因碩(10世)の直弟子で、本因坊家の中興の祖とされている。本因坊道策は、本因坊秀和の息子で、井上因碩(10世)の孫弟子にあたる。本因坊道悦は、本因坊道策の息子で、井上因碩(10世)の曾孫弟子にあたる。

安井算知は、井上因碩(10世)の弟子で、安井家の祖とされている。安井知得は、安井算知の息子で、井上因碩(10世)の孫弟子にあたる。

井上因碩(10世)の門弟たちは、皆、優れた棋士であり、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承した。彼らは、日本の囲碁界の発展に大きく貢献した。

本因坊秀和は、井上因碩(10世)の直弟子で、本因坊家の中興の祖とされている。本因坊秀和は、井上因碩(10世)から囲碁の教えを受け、本因坊家の跡を継いだ。本因坊秀和は、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承し、本因坊家の地位を確固たるものとした。

本因坊道策は、本因坊秀和の息子で、井上因碩(10世)の孫弟子にあたる。本因坊道策は、本因坊秀和から囲碁の教えを受け、本因坊家の跡を継いだ。本因坊道策は、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承し、本因坊家の地位をさらに高めた。

本因坊道悦は、本因坊道策の息子で、井上因碩(10世)の曾孫弟子にあたる。本因坊道悦は、本因坊道策から囲碁の教えを受け、本因坊家の跡を継いだ。本因坊道悦は、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承し、本因坊家の地位を維持した。

安井算知は、井上因碩(10世)の弟子で、安井家の祖とされている。安井算知は、井上因碩(10世)から囲碁の教えを受け、安井家の跡を継いだ。安井算知は、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承し、安井家の地位を確立した。

安井知得は、安井算知の息子で、井上因碩(10世)の孫弟子にあたる。安井知得は、安井算知から囲碁の教えを受け、安井家の跡を継いだ。安井知得は、井上因碩(10世)の囲碁の教えを継承し、安井家の地位を維持した。

タイトルとURLをコピーしました