宝台院 – 徳川家康側室

宝台院 – 徳川家康側室

織豊時代・徳川家康の側室

織豊時代・徳川家康の側室

-織豊時代・徳川家康の側室-

宝台院は、徳川家康の側室である。彼女は織田信長の家臣である津田信澄の娘として生まれ、幼名は 於金(おこん)であった。1579年、16歳の時に徳川家康の側室となり、築山殿と名付けられた。

築山殿は、家康の嫡男である信康を産んだが、1582年に本能寺の変で信長が死去し、家康が徳川家康となってからは、家康の正室である瀬名姫と対立するようになった。築山殿は瀬名姫を讒言し、瀬名姫は家康の命令で殺害された。

瀬名姫の死後、築山殿は家康の正室となったが、1589年に家康が豊臣秀吉に臣従すると、家康は淀殿と結婚し、築山殿は側室に降格された。築山殿は、1607年に家康が死去すると、出家して宝台院と号し、1615年の大阪夏の陣で自害した。

築山殿は、家康の側室として、徳川家康の権力基盤を固めるのに貢献した。築山殿は、家康の側室として、徳川家康の権力基盤を固めるのに貢献した。彼女は聡明で、家康の政治に積極的に関与した。また、彼女は家康の子供を多く産み、徳川家の繁栄に貢献した。築山殿は、徳川家康の側室として、重要な役割を果たした女性である。

西郷義勝との結婚とその後

西郷義勝との結婚とその後

-# 西郷義勝との結婚とその後

宝台院が徳川家康の側室となったのは、慶長5年(1600年)のこと。このとき、宝台院は17歳で、家康は58歳だった。二人の間には、娘が一人生まれたが、夭折している。

宝台院が家康の側室となった後、西郷義勝と結婚した。西郷義勝は、徳川家康の部下で、中山道の宿場町・妻籠の領主だった。

宝台院と西郷義勝の間には、子がなく、西郷義勝は、37歳で亡くなった。宝台院は、その後、剃髪して仏門に入り、宝台院と号した。

宝台院は、江戸城内で暮らし、徳川秀忠や徳川家光の乳母を務めた。宝台院は、徳川家康、徳川秀忠、徳川家光の三代に仕えたことになる。

宝台院は、寛永16年(1639年)に亡くなった。享年56歳だった。宝台院の墓は、東京都文京区の伝通院にある。

徳川家康に仕えて西郷局と呼ばれる

徳川家康に仕えて西郷局と呼ばれる

-徳川家康に仕えて西郷局と呼ばれる-

宝台院は、徳川家康の側室で、西郷局と呼ばれていた。
彼女は、1563年に三河国(現在の愛知県)で生まれ、1579年に家康と結婚した。
家康との間には、徳川秀忠、松平忠吉、徳川頼宣、松平忠輝、徳川秀康の5人の男子と、亀姫、千姫、勝姫の3人の女子をもうけた。

宝台院は、家康の側室の中では最も寵愛を受けたとされ、家康の死後も江戸城に留まり、徳川幕府の政治に大きな影響力を持った。
彼女は、1623年に死去し、日光東照宮に葬られた。

宝台院は、家康の死後、西郷局と呼ばれた。
これは、彼女が死後、京都西郷寺に葬られたことからである。
西郷局は、家康の側室の中では最も有名であり、多くの小説やドラマに登場している。

宝台院は、家康の死後、徳川幕府の政治に大きな影響力を持った。
彼女は、家康の遺言を忠実に守って幕府を運営し、徳川幕府の安定に貢献した。
宝台院は、徳川幕府の礎を築いた人物として知られている。

タイトルとURLをコピーしました