木下逸雲 – 江戸時代後期の画家

木下逸雲 – 江戸時代後期の画家

木下逸雲の生涯

木下逸雲の生涯

-木下逸雲の生涯-

木下逸雲(きした いつうん)は、江戸時代後期の画家です。字は子経、号は逸雲、逸雲子、東皐、旬月楼、煙雨楼、水雲楼、陽春園、蕉雨園、春草園など。通称は重太郎。雅号の逸雲は晩年の署名に多く用いられ、ほかにも数多くの号を用いたことで知られています。

逸雲は、1763年(宝暦13年)に、江戸牛込横寺町の武家、木下権兵衛貞重の長男として生まれました。幼少の頃より絵を好み、18歳の頃に狩野派の狩野永納の門下生となりました。永納は、狩野派の三大家の一人、狩野山雪の弟子で、狩野派の伝統的な画法を学んだ逸雲は、絵の腕を上げていきました。

逸雲は、1792年(寛政4年)に、長崎奉行に随行して長崎に赴き、中国南画を学びました。中国南画は、明末清初の画家たちが、自然を写生した画風で、逸雲は、この画風に大きな影響を受けました。長崎から帰京後、逸雲は独自の画風を確立し、多くの作品を残しました。

逸雲の作品は、花鳥画や山水画が多く、写生的な画風と、繊細な筆使いが特徴です。また、漢詩や和歌にも優れ、文人画家としても活躍しました。

逸雲は、1826年(文政9年)に、64歳で亡くなりました。彼の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、江戸時代後期の画家として高い評価を受けています。

木下逸雲の画風

木下逸雲の画風

木下逸雲は、江戸時代後期の画家です。木曽駒ヶ岳に住んでいたことから、「駒ヶ岳樵夫(こまがたけきこり)」とも呼ばれています。

-木下逸雲の画風-
木下逸雲は、生涯にわたって木曽駒ヶ岳の風景を描き続けました。日本画の伝統的な技法を用いながら、写実的な表現を追求しています。木下逸雲の風景画は、雄大な木曽駒ヶ岳の自然の美しさをリアルに表現しています。

木下逸雲の作品は、その高い写実性と、木曽駒ヶ岳への深い愛着が感じられることから、多くの美術愛好家に愛されています。木下逸雲の風景画は、江戸時代の日本画の代表的な作品のひとつとして、現在も高く評価されています。

木下逸雲の代表作である「木曽駒ヶ岳図屏風」は、現在、東京国立博物館に所蔵されています。この屏風は、木曽駒ヶ岳の雄大な自然の美しさを描いた作品であり、木下逸雲の画風の集大成といえる作品です。

木下逸雲の作品

木下逸雲の作品

木下逸雲の作品

木下逸雲は、江戸時代後期の画家であり、浮世絵師としても活躍しました。彼は、風景画や美人画、花鳥画など、さまざまなジャンルの作品を制作しました。

風景画では、東海道五十三次の風景や、名所の風景などを描きました。彼は、写生を重視しており、実際にその場所を訪れてスケッチをした上で、作品を制作していました。そのため、彼の作品は、写実的で、臨場感あふれるものとなっています。

美人画では、町娘や遊女などの女性をモデルとして、その美しさを表現しました。彼の描く女性は、清楚で可憐であり、その姿は多くの人の心を魅了しました。

花鳥画では、花や鳥を題材として、その美しさを表現しました。彼は、花や鳥を写実的に描くと同時に、その美しさや生命力を表現することに成功しました。

木下逸雲の作品は、その高い芸術性から、多くのコレクターや美術館に所蔵されています。また、彼の作品は、浮世絵の傑作として、世界中で高く評価されています。

木下逸雲の作品の代表的なものとしては、以下のようなものがあります。

* 東海道五十三次之内 吉田
* 名所江戸百景之内 日本橋
* 美人合鏡之内 娘の夜遊び
* 花鳥画之内 牡丹に鶏

タイトルとURLをコピーしました