荒井郁之助 – 明治維新に生きた幕臣の軌跡

荒井郁之助 – 明治維新に生きた幕臣の軌跡

天保6年に生まれ、幕末の激動期を駆け抜けた荒井郁之助

天保6年に生まれ、幕末の激動期を駆け抜けた荒井郁之助

天保6年に生まれ、幕末の激動期を駆け抜けた荒井郁之助

荒井郁之助は、天保6年(1835年)に江戸で生まれた幕臣です。父親は、旗本で御書院番を務めていた荒井弥左衛門です。郁之助は、幼い頃から剣術や馬術などを学び、文武両道に秀でた人物でした。

嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航し、幕府は開国か攘夷かを巡って揺れ動きます。郁之助は、開国派の勝海舟に共感し、幕府の開国政策を支持しました。安政5年(1858年)、日米修好通商条約が締結されると、郁之助は、幕府の遣米使節団に随行してアメリカ合衆国に渡りました。

アメリカ滞在中は、アメリカ人の生活や文化を学び、西洋文明に強い関心を持ちました。帰国後、郁之助は、幕府の改革に尽力し、洋式軍備の導入や軍制の改革などを推進しました。

元治元年(1864年)、長州征伐が行われると、郁之助は、幕府軍の指揮官として参加しました。しかし、幕府軍は長州軍に敗北し、郁之助は負傷して捕虜となりました。捕虜となった郁之助は、長州藩に幽閉されましたが、慶応2年(1866年)に釈放されました。

釈放後、郁之助は、再び幕府の改革に尽力しました。しかし、幕府は戊辰戦争に敗北し、明治維新が成りました。郁之助は、新政府に仕官せず、隠居しました。

明治32年(1899年)、郁之助は、65歳で亡くなりました。郁之助は、幕末の激動期に生きた幕臣であり、日本の近代化に貢献した人物でした。

榎本艦隊に参加して北海道に渡り、新政府軍に降伏

榎本艦隊に参加して北海道に渡り、新政府軍に降伏

榎本艦隊に参加して北海道に渡り、新政府軍に降伏

榎本武揚が率いる榎本艦隊は、1868年に江戸湾を脱出後、東北地方を転戦し、同年12月に北海道に渡りました。荒井郁之助は、この榎本艦隊に加わり、北海道に渡りました。

榎本艦隊は、函館で新政府軍と交戦しましたが、1869年5月に降伏しました。荒井郁之助もまた、新政府軍に降伏しました。

新政府軍に降伏した後、荒井郁之助は投獄されましたが、1872年に釈放されました。釈放後、荒井郁之助は郷里の伊予国に帰り、農業を営みました。

荒井郁之助は、1909年に死去しました。享年75歳でした。

明治政府で測量局長や初代中央気象台長を務めたその生涯

明治政府で測量局長や初代中央気象台長を務めたその生涯

– -明治維新に生きた幕臣の軌跡-

-# -明治政府で測量局長や初代中央気象台長を務めたその生涯-

荒井郁之助は、1840年(天保11年)に江戸で生まれた幕臣です。幼い頃から学問に優れ、18歳で幕府の測量師に採用されました。幕末には、江戸幕府の蝦夷地開拓事業に従事し、北海道の測量や地図の作成に携わりました。蝦夷地において荒井は、江戸幕府が幕末に行った、蝦夷地開拓や調査、国防整備の実状を、鹿児島藩との調整にあたった島津斉彬に報告、幕府の外交努力が詰まった箱館奉行所による通称「紅毛人一件」の記録を提出したといいます。

明治維新後、荒井は明治政府に出仕し、測量局長や初代中央気象台長を務めました。測量局長としては、日本全国の測量事業を統括し、日本の近代化に貢献しました。また、初代中央気象台長としては、日本の気象観測制度の整備に尽力し、気象予報の開始を実現しました。

荒井は、明治維新の激動の時代を生き抜き、日本の近代化に貢献した幕臣です。その功績は、今日でも高く評価されています。

荒井は、1898年(明治31年)に死去しました。享年59歳でした。

以下に、荒井郁之助の生涯を年表形式でまとめました。

* 1840年(天保11年) 江戸で生まれる。
* 1858年(安政5年) 幕府の測量師に採用される。
* 1869年(明治2年) 明治政府に出仕する。
* 1871年(明治4年) 測量局長に就任する。
* 1875年(明治8年) 初代中央気象台長に就任する。
* 1889年(明治22年) 測量局長を退任する。
* 1898年(明治31年) 死去。享年59歳。

タイトルとURLをコピーしました