麻生磯次-昭和時代の国文学者

麻生磯次-昭和時代の国文学者

生涯と経歴

生涯と経歴

-生涯と経歴-

麻生磯次は、1893年(明治26年)8月25日に新潟県高田市(現在の新潟県上越市)で生まれた。1912年(明治45年)に早稲田大学文学部国文科に入学し、国文学を専攻した。1916年(大正5年)に早稲田大学を卒業後、東京帝国大学大学院に進学した。

1919年(大正8年)に東京帝国大学大学院を修了後、早稲田大学文学部助手となった。1922年(大正11年)に早稲田大学文学部助教授に昇進し、1925年(大正14年)に早稲田大学文学部教授に昇進した。

1928年(昭和3年)に早稲田大学文学部部長に就任し、1931年(昭和6年)に早稲田大学総長に就任した。1935年(昭和10年)に早稲田大学総長を辞任し、早稲田大学教授に専念した。

1946年(昭和21年)に早稲田大学を退職し、名誉教授となった。1949年(昭和24年)に文化勲章を受章した。1952年(昭和27年)に死去した。

専門分野と業績

専門分野と業績

-専門分野と業績-

麻生磯次は、おもに日本中世文学を専門とする国文学者であり、特に『源氏物語』と『平家物語』の研究に大きな業績を残した。また、日本の古典文学に関する著作も多数残しており、国文学研究者としてのみならず、日本の古典文学を広く一般に普及させる活動にも尽力した。

麻生磯次の専門分野である『源氏物語』は、平安時代に書かれた長編恋愛小説であり、日本の古典文学の中でも最も重要な作品の一つである。麻生磯次は、『源氏物語』の本文校訂や注釈、研究書などを多数執筆し、『源氏物語』研究の第一人者として知られた。また、『源氏物語』の世界観を現代の読者にわかりやすく解説した著作も執筆し、日本の古典文学を広く一般に普及させる活動にも貢献した。

麻生磯次のもう一つの専門分野である『平家物語』は、平安末期から鎌倉時代初期にかけての日本の歴史を題材にした軍記物語であり、日本の古典文学の中でも最も有名な作品の一つである。麻生磯次は、『平家物語』の本文校訂や注釈、研究書などを多数執筆し、『平家物語』研究の第一人者として知られた。また、『平家物語』の世界観を現代の読者にわかりやすく解説した著作も執筆し、日本の古典文学を広く一般に普及させる活動にも貢献した。

麻生磯次は、日本の古典文学研究者としてのみならず、日本の古典文学を広く一般に普及させる活動にも尽力した。麻生磯次は、日本の古典文学に関する著作を多数執筆し、その著作は多くの人々に読まれ、日本の古典文学への理解を深めるのに役立った。また、麻生磯次は、講演会やテレビ出演などを通じて、日本の古典文学の魅力を人々に伝え、日本の古典文学をより身近なものにすることに貢献した。

評価と影響

評価と影響

-麻生磯次-昭和時代の国文学者-

麻生磯次(あそう いそじ、1890年(明治23年)4月25日 – 1979年(昭和54年)9月24日)は、日本の国文学者。

専門は、万葉集、古代文学。

-評価と影響-

麻生磯次は、万葉集の研究において、従来の「国文学」としての万葉集研究を打破し、万葉集を「歴史学」として捉えるという新たな視点を示した。

この視点は、後の万葉集研究に大きな影響を与え、現在でも麻生磯次の業績は高く評価されている。

また、麻生磯次は、国文学教育においても、従来の「暗記・注入」式の教育を批判し、学生の主体的・能動的な学習を重視する新しい教育方法を提唱した。

この教育方法は、後の国文学教育に大きな影響を与え、現在でも麻生磯次の業績は高く評価されている。

麻生磯次の業績は、万葉集の研究と国文学教育の両分野に大きな影響を与え、現在でも高く評価されている。

麻生磯次は、1960年に文化勲章を受章し、1979年に89歳で死去した。

*麻生磯次評価と影響の補足*

麻生磯次の万葉集研究は、万葉集を「歴史学」として捉えるという新たな視点を示した点が特徴である。

従来の万葉集研究は、「国文学」としての万葉集研究が主流であり、万葉集を文学作品として読み解くことに重点が置かれていた。

しかし、麻生磯次は、万葉集を単なる文学作品ではなく、歴史的な資料として捉え、万葉集に記されている情報を用いて、古代日本の歴史を明らかにしようとした。

この視点は、後の万葉集研究に大きな影響を与え、現在でも麻生磯次の業績は高く評価されている。

また、麻生磯次は、国文学教育においても、従来の「暗記・注入」式の教育を批判し、学生の主体的・能動的な学習を重視する新しい教育方法を提唱した。

従来の国文学教育は、学生に国文学の知識を暗記・注入することに重点が置かれていた。しかし、麻生磯次は、この教育方法を批判し、学生が国文学を自ら学び、国文学を理解する能力を養うことを重視した。

この教育方法は、後の国文学教育に大きな影響を与え、現在でも麻生磯次の業績は高く評価されている。

麻生磯次の業績は、万葉集の研究と国文学教育の両分野に大きな影響を与え、現在でも高く評価されている。麻生磯次は、1960年に文化勲章を受章し、1979年に89歳で死去した。

タイトルとURLをコピーしました