「吉備上道臣」

「吉備上道臣」

皇位継承争いに巻き込まれた末路

皇位継承争いに巻き込まれた末路

「吉備上道臣」
皇位継承争いに巻き込まれた末路
「吉備上道臣」とは、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した豪族・氏族のことである。主に備前国(現在の岡山県)を拠点とし、大王(天皇)の側近として仕えた。

吉備上道臣の祖先は、景行天皇の時代に備前国に派遣された吉備津彦命とされる。吉備津彦命は、備前国を平定し、吉備上道臣の祖先となった。

吉備上道臣は、飛鳥時代には大王の側近として仕え、勢力を拡大していった。天武天皇の時代には、吉備上道臣の当主である吉備上道臣御行が、皇太子である草壁皇子を支持し、壬申の乱で活躍した。壬申の乱後、吉備上道臣御行は、右大臣に任命され、朝廷で大きな権力を握った。

しかし、吉備上道臣は、その後、皇位継承争いに巻き込まれ、滅亡することとなった。天武天皇が亡くなった後、草壁皇子と大海人皇子(後の天武天皇)の間で皇位継承争いが勃発した。吉備上道臣は、草壁皇皇子を支持していたため、大海人皇子に敵視されることとなった。

大海人皇子は、壬申の乱で勝利し、天武天皇として即位した。天武天皇は、吉備上道臣を討伐するため、軍を派遣した。吉備上道臣は、天武天皇軍に敗れ、滅亡した。

吉備上道臣は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した豪族・氏族であったが、皇位継承争いに巻き込まれ、滅亡することとなった。吉備上道臣の滅亡は、飛鳥時代から奈良時代にかけての皇位継承争いの激しさを物語っている。

孫の謀反により没収された領地

孫の謀反により没収された領地

-「吉備上道臣」の下に作られた小見出しの「孫の謀反により没収された領地」-

「吉備上道臣」とは、古代日本の豪族であり、吉備国を支配していた。その祖先は、景行天皇の皇子である小碓命とされる。

吉備上道臣は、吉備国を支配する大豪族であり、朝廷からも重んじられていた。しかし、その孫である吉備上道臣稚児麻呂が謀反を起こし、朝廷に敗れて処刑された。

稚児麻呂の謀反により、吉備上道臣の領地は没収され、朝廷に献上された。この領地は、のちに吉備国と呼ばれ、朝廷の直轄地となった。

吉備上道臣の領地が没収されたことは、吉備国にとって大きな打撃となった。それまで吉備国を支配してきた吉備上道臣が没落したことで、吉備国の政治や経済は混乱に陥った。

また、吉備上道臣の領地が没収されたことは、朝廷にとって大きな利益となった。朝廷は、吉備国の直轄地を手に入れたことで、吉備国の政治や経済を支配することができるようになった。

吉備上道臣の領地が没収されたことは、吉備国と朝廷の関係に大きな変化をもたらした。それまで吉備国は、朝廷から比較的独立した存在だったが、吉備上道臣の領地が没収されたことで、吉備国は朝廷の直轄地となり、朝廷の支配下に置かれるようになった。

タイトルとURLをコピーしました