「及川儀右衛門」-大正-昭和時代の歴史学者

「及川儀右衛門」-大正-昭和時代の歴史学者

及川儀右衛門の生涯

及川儀右衛門の生涯

及川儀右衛門の生涯

及川儀右衛門は、1882年(明治15年)1月20日に、岐阜県加茂郡坂祝町で生まれました。1904年(明治37年)に東京帝国大学史学科を卒業し、1906年(明治39年)に同大学の助教授に就任しました。1911年(明治44年)には、文学博士の学位を取得しました。

1918年(大正7年)に、東京帝国大学教授に就任し、1928年(昭和3年)には、同大学の総長に就任しました。1934年(昭和9年)には、帝国学士院会員に選出されました。

及川儀右衛門は、日本史の研究において、文献史学の方法論を確立し、日本古代史の研究に大きな貢献をしました。また、東京帝国大学総長として、大学の自治を守り、学問の自由を擁護しました。

及川儀右衛門は、1945年(昭和20年)8月15日に、東京帝国大学総長在職のまま死去しました。享年63歳でした。

及川儀右衛門は、日本史の研究に大きな貢献をしただけでなく、大学の自治と学問の自由を守り、日本の学術界の発展に尽力した人物でした。

及川儀右衛門の学問的研究

及川儀右衛門の学問的研究

-及川儀右衛門の学問的研究-

及川儀右衛門は、大正・昭和時代の歴史学者です。広島県に生まれ、東京帝国大学史学科を卒業後、同大学院に進学しました。卒業後は、東京帝国大学、早稲田大学、日本女子大学などで教鞭を執り、1949年には、日本史学界で最も権威ある賞である文化勲章を受章しました。

及川儀右衛門の学問的研究は、日本史の全般にわたりますが、特に古代史と中世史に重点を置いていました。古代史では、上代における国家の形成過程や、古代社会の構造などを研究しました。中世史では、鎌倉幕府の成立と発展、南北朝時代の政治情勢などを研究しました。

及川儀右衛門の学問的研究は、史料批判を重視し、文献史料と考古資料を駆使して、歴史的事実を明らかにするものでした。また、歴史的事実を単に羅列するのではなく、それらに内在する意味を明らかにし、歴史の法則性を解明することを目指しました。

及川儀右衛門の学問的研究は、日本史学の発展に大きな貢献をしました。彼の研究成果は、多くの歴史学者の研究に影響を与え、日本史学の進歩に寄与しました。また、彼の研究は、一般の人々にも広く読まれ、日本史への関心を高める役割を果たしました。

及川儀右衛門の学問的研究は、今日でも高く評価されており、彼の著作は、多くの大学や研究機関の図書館に所蔵されています。また、彼の研究成果は、多くの歴史教科書にも引用されており、日本史教育にも大きな影響を与えています。

及川儀右衛門の被爆者救済運動

及川儀右衛門の被爆者救済運動

-及川儀右衛門の被爆者救済運動-

及川儀右衛門は、被爆者救済運動の先駆者として知られています。1945年8月6日、広島に原爆が投下された直後から、彼は被爆者の救護活動に奔走しました。被爆者のための救護所や炊き出し施設を設置し、被爆者の生活支援を行いましたまた、被爆者の医療費や生活費を支援するための基金を設立し、被爆者の生活を支えました。

さらに、及川儀右衛門は、被爆者の権利を守るための活動にも取り組みました。彼は、被爆者のための法律の制定を求め、政府に陳情を行いました。また、被爆者のための裁判を起こし、被爆者の権利を擁護しました。

及川儀右衛門の被爆者救済運動は、多くの被爆者の命を救い、被爆者の生活を支えました。また、彼は、被爆者の権利を守るための活動にも取り組み、被爆者の権利を擁護しました。及川儀右衛門の活動は、被爆者の救済と支援に大きく貢献しました。

-及川儀右衛門の被爆者救済運動の功績-

及川儀右衛門の被爆者救済運動は、多くの被爆者の命を救い、被爆者の生活を支えました。また、彼は、被爆者の権利を守るための活動にも取り組み、被爆者の権利を擁護しました。及川儀右衛門の活動は、被爆者の救済と支援に大きく貢献しました。

及川儀右衛門の被爆者救済運動の功績は、以下のとおりです。

* 被爆者のための救護所や炊き出し施設を設置し、被爆者の生活支援を行った。
* 被爆者のための医療費や生活費を支援するための基金を設立し、被爆者の生活を支えた。
* 被爆者のための法律の制定を求め、政府に陳情を行った。
* 被爆者のための裁判を起こし、被爆者の権利を擁護した。

及川儀右衛門の被爆者救済運動は、被爆者の救済と支援に大きく貢献しました。彼の活動は、被爆者の命を救い、被爆者の生活を支え、被爆者の権利を守るために欠かせないものでした。

タイトルとURLをコピーしました