「木村奉尹」-江戸時代中-後期の儒学者

「木村奉尹」-江戸時代中-後期の儒学者

江戸時代中-後期の儒学者

江戸時代中-後期の儒学者

江戸時代中-後期の儒学者

江戸時代中-後期の儒学者は、徳川幕府が成立した1603年から1868年まで日本の思想界に大きな影響を与えた。彼らの中には、朱子学を代表する林羅山や、儒学と政治を結合した荻生徂徠、そして、儒学と仏教を融合した伊藤仁斎などの著名な学者もいる。

林羅山は、朱子学を日本に本格的に導入した人物である。彼は、1583年に京都に生まれ、1657年に没した。徳川家康やその子である徳川秀忠に重用され、昌平坂学問所を開設した。朱子学は、人間の本性は善であると主張しており、正しい教育と修養をすることによって、徳を積み上げ、完成された人間になることができるとしている。林羅山は、朱子学に基づいて、徳川幕府の政策を正当化し、秩序ある社会の実現を目指した。

荻生徂徠は、儒学と政治を結合した人物である。彼は、1666年に播州姫路に生まれ、1728年に没した。儒学を学び、朱子学を批判した。彼は、人間の本性は悪であり、欲望をコントロールすることが大切だと主張した。また、法治主義を唱え、秩序ある社会の実現を目指した。荻生徂徠は、徳川吉宗に重用され、享保の改革に協力した。

伊藤仁斎は、儒学と仏教を融合した人物である。彼は、1627年に京都に生まれ、1705年に没した。彼は、儒学を学び、儒教の教えと仏教の教えを融合した独自の思想を展開した。彼は、人間の本性は善悪両方を備えており、どちらを伸ばすかは自己の努力にかかっていると主張した。また、仁愛の道を説き、慈悲深い社会の実現を目指した。伊藤仁斎は、徳川綱吉に重用され、元禄文化の形成に影響を与えた。

これらの儒学者は、徳川幕府の政策を正当化し、秩序ある社会の実現を目指した。彼らは、儒学を日本社会に定着させ、日本の思想界に大きな影響を与えた。

享保16年生まれ

享保16年生まれ

享保16年生まれ

木村奉尹は享保16年(1731年)12月28日、播磨国林田郡野村(現在の兵庫県姫路市林田町野村)に生まれた。父は木村興敬、母は今井氏。幼名は清五郎。父から儒学を学び、15歳の時に江戸に遊学。昌平黌に入学し、伊藤仁斎の門下生となった。

享保20年(1735年)、昌平黌を卒業し、帰郷。郷里で私塾を開き、儒学を講じた。享保23年(1738年)、藩主榊原政岑に召し出され、藩儒となった。享保25年(1740年)、藩主榊原政岑の命により、中国に渡航。10年間の留学の後、享保35年(1750年)に帰国した。

享保36年(1751年)、藩校「修道館」が開校され、木村奉尹は初代館長に任命された。享保37年(1752年)、藩主榊原政岑の命により、江戸に遊学。明倫堂で儒学を講じた。享保39年(1754年)、帰郷。修道館の学頭となり、藩儒として儒学を講じた。

宝暦12年(1762年)、藩主榊原政岑の死により、藩儒の職を辞して郷里に隠居した。明和7年(1770年)、死去。享年40歳。

紀伊和歌山藩の儒官をついだ

紀伊和歌山藩の儒官をついだ

紀伊和歌山藩の儒官をついだ

木村奉尹は、紀伊和歌山藩の儒官として仕えた。藩主である徳川吉宗に重用され、藩内の教育制度の改革や、藩士の教養向上に尽力した。

奉尹は、1679年に播磨国姫路に生まれた。幼少期から儒学を学び、18歳の時に江戸に出て、荻生徂徠の門下生となった。徂徠は、当時の儒学界で最も影響力のある人物の一人で、奉尹は徂徠から直接、儒学の教えを受けた。

1716年、奉尹は和歌山藩に招かれて儒官となった。藩主である吉宗は、儒学を重んじており、奉尹を重用した。奉尹は、藩内の学校制度の改革や、藩士の教養向上のために尽力した。

奉尹は、1757年に79歳で死去した。しかし、彼の功績は藩士たちによって永く語り継がれ、和歌山藩の儒学の発展に大きな影響を与えた。

奉尹の主な業績としては、以下のものが挙げられる。

* 藩内の学校制度の改革
* 藩士の教養向上のために、書籍を編纂し、刊行した
* 藩主である吉宗の諮問に応じ、政治上のアドバイスを行った

奉尹は、和歌山藩の儒学の発展に大きな貢献をした人物であり、彼の業績は今日でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました