「秋月光秋」

「秋月光秋」

秋月光秋とは

秋月光秋とは

-「秋月光秋」とは-

「秋月光秋」とは、満月の夜に起こる稀有な現象です。秋分の日前後数日の間に発生し、満月の光が地球の大気に屈折して、虹のような形に見えるのが特徴です。

「秋月光秋」が起きる理由は、満月の光が地球の大気に屈折することです。大気の屈折は、空気の密度が異なることで起こり、光の速度が変化します。光の速度が速くなると光は曲がり、屈折します。「秋月光秋」の場合は、満月の光が大気の屈折によって曲がり、虹のような形に見えるのです。

「秋月光秋」は、満月の夜に起こるため、観察するには夜空が晴れている必要があります。また、「秋月光秋」は非常に稀な現象なので、観察できるチャンスは限られています。

「秋月光秋」は、その美しさから古くから人々に親しまれてきました。日本でも、「秋月光秋」を「月虹」と呼び、縁起の良いものとされています。近年では、「秋月光秋」を撮影した写真がSNSに投稿されるなど、多くの人々が「秋月光秋」の美しさを楽しんでいます。

秋月光秋の生涯

秋月光秋の生涯

– 「秋月光秋」の生涯

秋月光秋は、1902年(明治35年)10月15日、広島県広島市に生まれた。父は秋月竹次郎、母ははる。二男一女の長男であった。竹次郎は、広島県警部補だったが、息子の光秋が2歳の時に亡くなった。

光秋は、広島市立第一中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)を経て、1924年(大正13年)に東京帝国大学法学部を卒業。卒業後は、内務省に入省し、地方官僚として各地を歴任した。1937年(昭和12年)には、陸軍省軍務局に転じ、軍政官として中国大陸に渡った。

光秋は、1941年(昭和16年)12月に開戦した太平洋戦争では、軍政官として南方戦線に従軍した。1942年(昭和17年)には、ビルマ(現・ミャンマー)に派遣され、ビルマ独立義勇軍の創設に尽力した。義勇軍は、日本の占領下にあったビルマの治安維持や日本軍の作戦支援などを行った。

光秋は、1945年(昭和20年)8月15日の日本の敗戦後もビルマに留まり、義勇軍の解散作業にあたった。1946年(昭和21年)に帰国後は、公職追放となり、公職に就くことができなかった。

光秋は、1952年(昭和27年)に公職追放が解除されると、政界に復帰した。1953年(昭和28年)に第26回衆議院議員総選挙に立候補して当選し、衆議院議員に初当選した。その後、衆議院議員に6回連続当選し、運輸大臣や厚生大臣などを歴任した。

光秋は、1976年(昭和51年)に政界を引退した。引退後は、郷里の広島に戻り、1981年(昭和56年)12月20日に79歳で亡くなった。

秋月光秋の人となり

秋月光秋の人となり

秋月光秋の人となり

秋月光秋は、1880年(明治13年)9月22日に、東京都牛込区西五軒町(現・新宿区西五軒町)に生まれた。本名は、秋元五郎。父は、秋元正夫。母は、秋元つね。兄弟は、姉が2人、兄が1人。

秋月光秋は、幼い頃から病弱で、学校にはあまり通えなかった。そのため、独学で勉学に励み、1902年(明治35年)に、東京帝国大学文科大学英文科に入学した。1906年(明治39年)に、東京帝国大学文科大学英文科を卒業後、東京専門学校(現・早稲田大学)の講師となった。

1908年(明治41年)、秋月光秋は、渡米し、コロンビア大学大学院で英文学を専攻した。1911年(明治44年)に、コロンビア大学大学院を卒業後、帰国し、東京専門学校(現・早稲田大学)の教授となった。

1918年(大正7年)、秋月光秋は、早稲田大学総長に就任した。1926年(大正15年)まで、早稲田大学総長を務めた。

秋月光秋は、1929年(昭和4年)に、脳出血で倒れ、1933年(昭和8年)に、52歳で死去した。

秋月光秋は、英文学者、教育者として活躍した。また、作家としても活躍し、小説や随筆を執筆した。秋月光秋の作品は、人間の内面を深く描いたものが多い。

秋月光秋は、温厚な性格で、学生たちから慕われていた。また、秋月光秋は、日本の近代化に貢献し、日本の教育界の発展に尽力した。

タイトルとURLをコピーしました