「新井磯次」

「新井磯次」

新井磯次の生涯

新井磯次の生涯

新井磯次の生涯

新井磯次は、元治元年(1864年)に、越後国刈羽郡長岡(現在の新潟県長岡市)で、父・新井惣十郎、母・お美津の長男として生まれました。

磯次は幼少期から相撲を好み、長じて越後の横綱と呼ばれました。しかし、新政府による大名廃止令により、磯次は浪人となりました。その後、維新後の動乱期に、新政府軍と旧幕府軍の衝突が激しくなり、磯次は旧幕府軍に加わりました。

磯次は戊辰戦争で活躍し、越後口の戦いで功績を挙げました。しかし、新政府軍の反撃を受けて、磯次は敗走し、奥羽越列藩同盟に加わりました。奥羽越列藩同盟は新政府軍に敗れ、磯次は再び敗走しました。

磯次は各地を転々とした後、明治2年(1869年)に、東京で捕縛されました。磯次は東京で裁判にかけられ、死刑を宣告されました。しかし、磯次の功績を考慮して、刑は減刑され、終身禁固刑となりました。

磯次は千葉県の監獄で服役していましたが、明治15年(1882年)に、特赦により釈放されました。磯次は釈放後、東京で暮らしていましたが、明治21年(1888年)に、病死しました。

磯次は、戊辰戦争で活躍した人物として知られており、その生涯は、当時の日本の歴史を反映しています。

新井磯次の功績

新井磯次の功績

# 新井磯次

– 新井磯次の功績

新井磯次は、江戸時代中期の豪商で、一時期日本一の富豪だった人物です。

磯次は、1651年(慶安4年)、越後国新潟で生まれました。幼い頃から奉公に出て、呉服商を営みました。商売に才能を発揮し、次第に財を成していきました。

磯次は、1703年(元禄16年)に大坂に移住し、呉服商としてさらに成功を収めました。1717年(享保2年)には、将軍徳川吉宗に拝謁し、御用商人となりました。

磯次は、豪商としてだけではなく、慈善家としても知られました。1711年(正徳元年)には、大阪の天満に施薬院を建て、貧しい人々に医療を施しました。また、1723年(享保8年)には、大坂の難波に救貧施設「難波八百屋」をつくり、困窮している人々を救済しました。

磯次は、1726年(享保11年)に死去しました。享年76でした。磯次は、その功績が認められ、1728年(享保13年)に正五位を贈られました。

磯次は、江戸時代中期の代表的な豪商であり、慈善家でした。その功績は、現在も語り継がれています。

新井磯次の著作

新井磯次の著作

-「新井磯次」-

新井磯次は、明治時代のジャーナリスト、作家です。本名は新井栄蔵。

-新井磯次の著作-

* -「怪談牡丹灯籠」-

新井磯次の代表作の一つです。明治22年に発表された怪談小説で、後に歌舞伎や映画にもなりました。

* -「新井磯次全集」-

新井磯次の著作をまとめた全集です。明治41年に全10巻で刊行されました。

* -「新井磯次伝」-

新井磯次の伝記です。大正7年に刊行されました。

* -「新井磯次余録」-

新井磯次の未発表作品や書簡などをまとめたものです。昭和5年に刊行されました。

新井磯次は、新聞記者として活躍する一方、小説家としても多くの作品を発表しました。その作品は、社会を風刺したものや、怪談小説など、多岐にわたっています。

怪談小説の代表作である「怪談牡丹灯籠」は、牡丹灯籠に宿る女性の怨霊の物語です。この小説は、後に歌舞伎や映画にもなり、広く知られるようになりました。

新井磯次全集は、新井磯次の著作をまとめた全集です。全10巻で、小説、評論、日記など、新井磯次の幅広い作品を収録しています。

新井磯次伝は、新井磯次の伝記です。新井磯次の生い立ちから、新聞記者としての活躍、小説家としての活動など、新井磯次の人生を詳しく紹介しています。

新井磯次余録は、新井磯次の未発表作品や書簡などをまとめたものです。新井磯次の創作過程や、交友関係など、新井磯次の人物像を理解する上で貴重な資料です。

新井磯次は、明治時代を代表するジャーナリスト、作家の一人です。その作品は、今日でも多くの人々に読み継がれています。

タイトルとURLをコピーしました