「北白川宮能久親王」(1847-1895 幕末-明治時代の皇族,軍人)

「北白川宮能久親王」(1847-1895 幕末-明治時代の皇族,軍人)

北白川宮能久親王の生涯

北白川宮能久親王の生涯

-北白川宮能久親王の生涯-

北白川宮能久親王は、1847年(弘化4年)に仁孝天皇の第5皇子として誕生しました。幼名は弥仁(やひと)と名付けられ、1852年(嘉永5年)に北白川宮を創設して初代当主となります。

能久親王は、攘夷運動の高まりの中で、1862年(文久2年)に尊攘派志士によって結集された「天誅組」に加わりました。しかし、天誅組の挙兵は失敗に終わり、能久親王は官軍に捕らえられて謹慎処分となりました。

謹慎処分が解けた後、能久親王は1868年(明治元年)に明治維新政府に参加し、兵部省に出仕しました。1870年(明治3年)には、日清戦争の戦功により、陸軍少将に昇進しました。

1889年(明治22年)、能久親王は陸軍中将に昇進し、近衛師団長に任命されました。1895年(明治28年)、日清戦争の終結に伴う凱旋パレードに参加した際に、馬から落馬して負傷し、その傷が元で48歳で薨去しました。

能久親王は、明治維新政府の近代化政策に貢献し、陸軍の近代化にも尽力した人物です。

戊辰戦争と北白川宮能久親王

戊辰戦争と北白川宮能久親王

戊辰戦争と北白川宮能久親王

北白川宮能久親王は、幕末から明治時代にかけての皇族、軍人です。1847年(弘化4年)に誕生し、1895年(明治28年)に亡くなりました。

戊辰戦争は、1868年(慶応4年)から1869年(明治2年)にかけて起こった、新政府軍と旧幕府軍の間の戦争です。北白川宮能久親王は、新政府軍の総督として戊辰戦争を指揮しました。

戊辰戦争は、新政府軍の勝利に終わりました。北白川宮能久親王は、戊辰戦争の功績により、明治天皇から陸軍大将の位を授与されました。

北白川宮能久親王は、戊辰戦争だけでなく、西南戦争にも出征しました。西南戦争は、1877年(明治10年)に起こった、新政府軍と薩摩藩の武士の間の戦争です。北白川宮能久親王は、新政府軍の総督として西南戦争を指揮しました。

西南戦争は、新政府軍の勝利に終わりました。北白川宮能久親王は、西南戦争の功績により、明治天皇から元帥の位を授与されました。

北白川宮能久親王は、戊辰戦争と西南戦争の両方で勝利を収めた、明治時代の代表的な軍人です。

明治時代における北白川宮能久親王の功績

明治時代における北白川宮能久親王の功績

-# 明治時代における北白川宮能久親王の功績

北白川宮能久親王は、1847年に江戸城で生まれました。能久親王の父は、伏見宮邦家親王、母は、園池家の娘・澄子は、高松宮矩矩親王の養子となって、北白川宮を創設しました。

能久親王は、幼少期から聡明で、武術や学問に優れていました。1868年、戊辰戦争が勃発すると、能久親王は、新政府軍に加わり、東北地方で戦いました。

戦争終結後、能久親王は、陸軍に入隊し、歩兵連隊の隊長を務めました。1877年、西南戦争が勃発すると、能久親王は、政府軍の総司令官に任命され、薩摩軍を鎮圧しました。

西南戦争の功績により、能久親王は、陸軍大将に昇進し、元帥の称号を与えられました。能久親王は、その後も、陸軍の重鎮として活躍し、1895年に死去しました。

北白川宮能久親王は、明治時代の日本の近代化に多大な貢献をした人物です。能久親王の功績は、今日でも高く評価されており、能久親王を祀る神社や史跡が全国各地にあります。

タイトルとURLをコピーしました