– 木室卯雲

– 木室卯雲

木室卯雲の生涯

木室卯雲の生涯

木室卯雲の生涯

木室卯雲は、1874年8月25日に三重県四日市市で生まれました。本名は木室松太郎です。1901年に東京帝国大学農科大学を卒業し、農商務省に入省しました。その後、農商務省の林務官、農林省の林野局長、東京帝国大学農学部教授などを歴任しました。1938年に東京帝国大学総長に就任し、1946年まで務めました。1950年に文化勲章を受章。1957年12月21日、東京で死去。

木室卯雲は、日本の林業・森林学の発展に大きな貢献をしました。1907年に「森林法」の制定に尽力し、森林の保護と管理を制度化しました。また、林業試験場を設置して、林木の育種や造林技術の研究を推進しました。さらに、東京帝国大学農学部に林学科を開設して、林業教育の充実を図りました。

木室卯雲は、森林の保護と管理を重視し、森林は「国の宝である」と説いていました。また、林業を「国民生活の基盤である」と位置づけ、林業の振興に努めました。木室卯雲の功績は、日本の林業・森林学の発展に大きな影響を与えました。

木室卯雲の狂歌

木室卯雲の狂歌

– 木室卯雲

-# 木室卯雲の狂歌

木室卯雲(きむろうん、1754年 – 1829年)は、江戸時代の狂歌師、戯作者。通称は市兵衛、号は柳里、字は朝秀、別号は桂陰散人、歌仙堂主人など。

卯雲は、江戸の麻布で質屋の息子として生まれた。幼い頃から狂歌を好み、10代の頃から狂歌会に出入りするようになります。20代になると狂歌師として評判になり、多くの狂歌集を出版した。

卯雲の狂歌は、ユーモアと機知に富んだものが多く、庶民の間で親しまれた。また、卯雲は狂歌だけでなく、戯作も手がけ、その代表作『浮世風呂』は大きな反響を呼んだ。

卯雲は、狂歌師としてだけでなく、狂歌界の重鎮として活躍し、多くの狂歌師を育て上げた。また、卯雲は江戸文化の発展に貢献した功績を称えられ、死後は正五位を追贈された。

以下に、卯雲の狂歌をいくつか紹介する。

* 世の中は石につまずくほどもある
* 花見とは金を散らすとあだ名なり
* 婚礼は神々しさにや早乙女も
* 相箱に詰めし菓子見るや嬉しさよ
* 夏痩せは肉食わねばならぬことにゃ

卯雲の狂歌は、現在でも多くの人に愛され、親しまれている。

木室卯雲の噺本

木室卯雲の噺本

木室卯雲の噺本

木室卯雲は、江戸時代中期に活躍した落語家です。通称は卯の屋卯雲。寄席の創始者としても知られています。卯雲は、京都の出身で、最初は歌舞伎役者を目指していましたが、その後落語に転向しました。卯雲は、落語の演目を初めて口演した落語家といわれています。卯雲の演目は、主に人情噺や滑稽噺で、人々の間で非常に人気がありました。卯雲は、また、落語の演目を初めて書き残した落語家でもあります。卯雲の噺本は、現在でも多くの落語家に読み継がれています。

木室卯雲の噺本の特徴

木室卯雲の噺本は、ユーモアと人情が溢れる作品です。卯雲は、庶民の生活や心情を巧みに描き出しています。また、卯雲の噺本は、言葉遣いが非常に洗練されており、落語の古典として高く評価されています。

木室卯雲の噺本の代表作

木室卯雲の噺本の代表作には、「崇徳院」「死神」「狐の嫁入り」などがあります。「崇徳院」は、保元の乱で敗れ、讃岐に流された崇徳院の悲劇を描いた作品です。この作品は、卯雲の代表作ともいわれる名作です。「死神」は、死神に追われる男の物語です。この作品は、卯雲のユーモアと人情が溢れる作品です。「狐の嫁入り」は、狐の嫁入りを題材にした作品です。この作品は、卯雲の言葉遣いの洗練さが際立った作品です。

木室卯雲の噺本の影響

木室卯雲の噺本は、多くの落語家に影響を与えました。卯雲の噺本は、落語の古典として現在でも読み継がれており、落語の演目のネタとして使われることも多くあります。また、卯雲の噺本は、歌舞伎や小説など他の芸能にも影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました