「城多董」(1832-1891)-幕末-明治時代の尊攘運動家,官吏

「城多董」(1832-1891)-幕末-明治時代の尊攘運動家,官吏

尊攘思想の師

尊攘思想の師

-尊攘思想の師-

城多董は、尊攘思想の師として知られています。尊攘思想とは、幕末期に流行した攘夷思想と尊王思想を組み合わせた思想です。攘夷思想は、外国勢力の侵略から日本を守るために外国人を追い出そうとする思想です。尊王思想は、天皇を敬い、天皇を中心とする政治体制を支持する思想です。

城多董は、尊攘思想を唱え、幕府の倒壊と天皇を中心とする新しい政治体制の樹立を目指しました。城多董は、尊攘思想を全国に広めるために、各地を巡って講演会を開きました。また、尊攘思想に基づく政治運動にも参加しました。

城多董の尊攘思想は、幕末の政治情勢に大きな影響を与えました。城多董の尊攘思想は、幕府の倒壊と天皇を中心とする新しい政治体制の樹立につながる原動力となりました。

城多董の尊攘思想は、明治維新後も大きな影響を与え続けました。明治維新後、日本は近代化政策を推し進めました。近代化政策は、欧米列強に追いつき、追い越すことを目指した政策です。

城多董の尊攘思想は、近代化政策を推進する原動力となりました。城多董の尊攘思想は、日本を近代国家へと導く原動力となったのです。

明治新政府での活躍

明治新政府での活躍

明治新政府での活躍

大見出し「「城多董」(1832-1891)-幕末-明治時代の尊攘運動家,官吏」の下に作られた小見出しの「明治新政府での活躍」に沿って、城多董の明治新政府での活躍について説明する。

城多董は、明治新政府において民部省少輔、大蔵省少輔、大蔵省大丞、参事院議官、元老院議官、枢密顧問官などを歴任し、日本の近代化に貢献した。

民部省少輔在任中は、戸籍法の制定や地租改正に尽力した。大蔵省少輔在任中は、国立銀行条例の制定や貨幣制度の改革に尽力した。大蔵省大丞在任中は、予算制度の確立や国債発行の管理に尽力した。

参事院議官在任中は、憲法制定や地方制度の改革に尽力した。元老院議官在任中は、法律の制定や条約の締結に尽力した。枢密顧問官在任中は、天皇の諮問に応じて、国政の重要事項について審議した。

城多董は、明治新政府において重要な役割を果たし、日本の近代化に貢献した。

死没

死没

-死没-

城多董は、1891年(明治24年)12月27日に東京府下豊多摩郡下落合村(現在の東京都新宿区下落合)の自宅で死去した。享年59。死因は心臓病であった。

城多董の死は、当時の政界に大きな影響を与えた。城多董は、自由民権運動の指導者の一人であり、また、大日本帝国憲法の制定に尽力した功績でも知られていた。彼の死は、自由民権運動の衰退と、明治政府の権力集中化を象徴する出来事となった。

城多董の葬儀は、1892年(明治25年)1月2日に東京の青山葬儀所で執り行われた。葬儀には、伊藤博文、井上馨、山縣有朋など、当時の政界の要人が参列した。城多董の墓は、東京の多磨霊園にある。

城多董の死は、日本の近代史において重要な出来事の一つである。彼の死は、自由民権運動の衰退と、明治政府の権力集中化を象徴する出来事となった。また、彼の死は、日本の近代化の過程において、多くの志士が命を落としたことを思い出させる出来事でもある。

タイトルとURLをコピーしました