衛藤薫 – 幕末・大正時代の公共事業家

衛藤薫 – 幕末・大正時代の公共事業家

衛藤薫の生涯

衛藤薫の生涯

-# 衛藤薫の生涯

衛藤薫は、1868年(慶応4年)3月29日に、江戸城にて、幕府老中である衛藤喜平太の三男として生まれた。1873年(明治6年)に、学習院に入学し、1885年(明治18年)に卒業した。卒業後は、内務省に入省し、1893年(明治26年)に工部省に移籍した。工部省では、土木局長や道路局長などを歴任し、1906年(明治39年)に、初代の内務次官に就任した。

内務次官として、衛藤薫は、公共事業の推進に尽力した。特に、鉄道や道路の建設に力を入れ、日本の近代化を推し進めた。また、1911年(明治44年)には、内務省土木局土木試験所を設立し、土木技術の向上を図った。

1913年(大正2年)に、衛藤薫は、内務大臣に就任した。内務大臣として、衛藤薫は、第一次世界大戦中の日本の経済発展に貢献した。また、1914年(大正3年)には、東京市(現東京都)の市電を東京市電気局に移管し、市電の経営を改善した。

1916年(大正5年)に、衛藤薫は、内務大臣を辞任した。その後、貴族院議員となり、1922年(大正11年)には、枢密顧問官に就任した。また、1923年(大正12年)には、東京帝国大学総長に就任し、1927年(昭和2年)まで総長を務めた。

衛藤薫は、1933年(昭和8年)12月12日に、東京市本郷区(現東京都文京区)の自宅で死去した。享年65歳であった。衛藤薫は、公共事業の推進に尽力した功績により、1934年(昭和9年)に、勲一等旭日大綬章を贈られた。

折立井路の開削

折立井路の開削

折立井路の開削

折立井路は、岐阜県岐阜市を流れる井路で、長良川から取水し、北東約7kmを流れて揖斐川に合流しています。この井路の開削は、1880年代から1890年代にかけて、衛藤薫が主導して行われたもので、大きな公共事業でした。

折立井路が開削される前は、岐阜市周辺は水不足に悩まされていました。そのため、衛藤薫は長良川から取水し、岐阜市に水を供給することを計画しました。しかし、この計画は当時の岐阜県知事の反対に遭い、実現が困難と思われていました。

そこで衛藤薫は、自ら岐阜県会議員に立候補し、当選すると、折立井路の開削を議題に上げ、県に認可させることに成功しました。工事は1884年に始まり、10年近くをかけて完成しました。

折立井路の開削によって、岐阜市の水不足は解消され、岐阜市は近代的な都市として発展する礎となりました。また、折立井路は、岐阜市と長良川をつなぐ水運路としても利用され、岐阜市と長良川流域の交流を促す役割を果たしました。

折立井路の開削は、衛藤薫の公共事業家としての功績を代表するものであり、岐阜市の発展に大きく貢献した事業でした。

寺子屋の設立

寺子屋の設立

寺子屋の設立

衛藤薫は、寺子屋の設立にも尽力しました。寺子屋とは、江戸時代の庶民のための教育施設であり、読み書きそろばんを教える場所でした。衛藤薫は、寺子屋を設立することで、庶民にも教育を受けられる機会を与え、社会的地位の向上を図ろうとしました。

衛藤薫が設立した寺子屋は、主に長野県松本市に集中しており、松本市には衛藤薫が開設した寺子屋が数多く残っています。これらの寺子屋は、当時の庶民の生活や教育の様子を知る貴重な資料となっています。

衛藤薫が寺子屋を設立した理由は、庶民にも教育を受けられる機会を与え、社会的地位の向上を図ろうとしたからです。江戸時代には、庶民は教育を受ける機会がほとんどありませんでした。そのため、衛藤薫は寺子屋を設立することで、庶民にも教育を受けられる機会を与え、社会的地位の向上を図ろうとしました。

衛藤薫が寺子屋を設立した場所は、主に長野県松本市に集中しています。松本市には、衛藤薫が開設した寺子屋が数多く残っています。これらの寺子屋は、当時の庶民の生活や教育の様子を知る貴重な資料となっています。

衛藤薫が寺子屋を設立した意義は、庶民にも教育を受けられる機会を与え、社会的地位の向上を図ろうとしたことです。江戸時代には、庶民は教育を受ける機会がほとんどありませんでした。そのため、衛藤薫は寺子屋を設立することで、庶民にも教育を受けられる機会を与え、社会的地位の向上を図ろうとしました。

衛藤薫の寺子屋は、当時の庶民の生活や教育の様子を知る貴重な資料となっています。松本市には、衛藤薫が開設した寺子屋が数多く残っています。これらの寺子屋を訪れることで、江戸時代の庶民の生活や教育の様子を知ることができます。

タイトルとURLをコピーしました