初代嵐冠十郎 – 江戸時代の歌舞伎役者

初代嵐冠十郎 – 江戸時代の歌舞伎役者

初代嵐冠十郎の生涯

初代嵐冠十郎の生涯

初代嵐冠十郎の生涯

初代嵐冠十郎は、江戸時代の歌舞伎役者である。本名は、森田勘助。1650年、京都に生まれる。幼少期から歌舞伎に親しみ、14歳の時に、三世中村勘三郎に入門。18歳の時に、「嵐冠十郎」の藝名を名乗り、江戸に出る。

江戸では、すぐに人気役者となり、1703年には、中村座の座頭となる。冠十郎は、容姿端麗で、演技に華があり、女形を得意とした。また、浄瑠璃にも通じ、後に、初代竹本義太夫と共演して、人形浄瑠璃を大いに発展させた。

冠十郎は、1724年に、55歳で死去する。しかし、その死後も、その芸は高く評価され、多くの役者が冠十郎を真似した。冠十郎の芸は、歌舞伎の伝統を築いたものとして、現在でも語り継がれている。

冠十郎は、歌舞伎の発展に大きく貢献した人物である。その芸は、多くの役者に影響を与え、歌舞伎の伝統を築いた。冠十郎の死後も、その芸は高く評価され、現在でも語り継がれている。

初代嵐冠十郎の芸風と代表作

初代嵐冠十郎の芸風と代表作

初代嵐冠十郎の芸風と代表作

初代嵐冠十郎は、江戸時代中期に活躍した歌舞伎役者です。江戸市村座の初代座元である嵐喜代三郎の長男として生まれ、1709年に嵐三五郎の名で初舞台を踏みました。その後、1714年に嵐冠十郎を襲名し、1722年には江戸市村座の座元となりました。

嵐冠十郎は、荒事(あらごと)を得意とする役者でした。荒事とは、歌舞伎の演目の中で、勇壮で荒々しい人物が登場する演目のことです。嵐冠十郎は、荒事の役柄を演じると、その雄々しい姿と豪快な演技で観客を魅了しました。

また、嵐冠十郎は、実事(じつごと)の役柄も得意としていました。実事とは、歌舞伎の演目の中で、庶民の日常生活を描いた演目のことです。嵐冠十郎は、実事の役柄を演じると、その自然な演技と親しみやすいキャラクターで観客の共感を呼びました。

嵐冠十郎の代表作には、荒事の演目である「八陣守護城」の源義経役や、「勧進帳」の弁慶役などがあります。また、実事の演目である「加賀見山旧錦絵」のお園役や、「道成寺」の白拍子花子役などがあります。

嵐冠十郎は、1755年に53歳で亡くなりました。しかし、その芸風は後の歌舞伎役者に大きな影響を与え、現在でも多くの歌舞伎役者が嵐冠十郎の芸を継承しています。

初代嵐冠十郎の門弟たち

初代嵐冠十郎の門弟たち

初代嵐冠十郎の門弟たち

初代嵐冠十郎は、江戸時代の歌舞伎役者で、芸風は荒事、実事を得意とした。また、多くの門弟を育て、その中から名優を輩出した。

その中でも、特に有名なのが、二代目嵐冠十郎、三代目瀬川菊之丞、二代目市川門之助である。

二代目嵐冠十郎は、初代冠十郎の芸風を継ぎ、荒事、実事で人気を博した。また、舞踊にも優れ、特に「奴道成寺」の奴は、彼の当たり芸であった。

三代目瀬川菊之丞は、初代冠十郎の門弟の中で、最も芸風が変化した役者である。はじめは荒事、実事を演じていたが、後に世話事を得意とするようになった。また、舞踊にも優れ、特に「勧進帳」の弁慶は、彼の当たり芸であった。

二代目市川門之助は、初代冠十郎の門弟の中で、最も人気を博した役者である。彼は、荒事、実事、世話事をすべてこなすことができ、また、舞踊にも優れていた。特に、「勧進帳」の富樫は、彼の当たり芸であった。

初代嵐冠十郎の門弟たちは、それぞれの個性を発揮して活躍し、歌舞伎の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました