木野戸勝隆 – 明治から昭和初期の国学者

木野戸勝隆 – 明治から昭和初期の国学者

平田篤胤門下の国学者

平田篤胤門下の国学者

-平田篤胤門下の国学者-

木野戸勝隆は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した国学者である。平田篤胤の門下生であり、篤胤の思想を継承して国学の発展に貢献した。

木野戸勝隆は、1811年(文化8年)に伊予国(現在の愛媛県)に生まれた。幼い頃から勉学に励み、18歳で平田篤胤の門下生となった。篤胤の思想に共感した勝隆は、篤胤の著作を研究し、篤胤の思想を普及することに努めた。

1841年(天保12年)、勝隆は篤胤の推薦により、水戸藩の藩校である弘道館の教授に就任した。勝隆は弘道館で国学を教え、多くの門下生を育てた。勝隆の門下生の中には、後に国学者として活躍する者も少なくなかった。

1868年(慶応4年)、明治維新が起こると、勝隆は新政府に出仕した。勝隆は新政府で国学に関する政策立案に携わり、国学の発展に貢献した。

1892年(明治25年)、勝隆は82歳で死去した。勝隆は篤胤の思想を継承して国学の発展に貢献した国学者として、現在でも高く評価されている。

神宮禰宜から神宮皇学館館長へ

神宮禰宜から神宮皇学館館長へ

– 神宮禰宜から神宮皇学館館長へ

木野戸勝隆は、1862年に、三重県桑名郡木野尻村に生まれた。1883年に三重県師範学校第一部を卒業した後は、三重県師範学校第二部に入学し、1886年に卒業した。卒業後は、三重県尋常中学校の教諭として教鞭を執った。

1889年に、木野戸は神宮禰宜に任命された。神宮禰宜は、神宮の祭祀を司る重要な役職である。木野戸は、神宮禰宜として、神宮の祭祀を忠実に遂行するとともに、神宮の改革にも尽力した。

1902年に、神宮皇学館が創設された。神宮皇学館は、神宮の祭祀や神道を学ぶための学校である。木野戸は、神宮皇学館の初代館長に任命された。木野戸は、神宮皇学館館長として、神道の研究と教育に尽力した。

木野戸は、1929年に神宮皇学館館長を辞任した。しかし、その後も、神道の研究と教育に尽力し、1941年に亡くなった。木野戸は、神道の研究と教育に多大な功績を残した人物であり、神道の発展に大きく貢献した。

木野戸の著書には、『神道の研究』、『神道教育論』、『日本神道の研究』などがある。これらの著書は、神道の研究や教育に大きな影響を与えた。

賀茂別雷神社宮司として死去

賀茂別雷神社宮司として死去

– 木野戸勝隆 – 明治から昭和初期の国学者

-# 賀茂別雷神社宮司として死去

木野戸勝隆は明治期から昭和初期にかけて活躍した国学者です。和歌や神道を研究し、多くの著作を残しました。賀茂別雷神社の宮司を務めているときに亡くなりました。

木野戸勝隆は1862年(文久2年)に京都に生まれました。幼い頃から和歌を学び、1881年(明治14年)に東京帝国大学文学部国文学科に入学しました。在学中は、和歌や神道を研究し、多くの論文を発表しました。

1887年(明治20年)に東京帝国大学文学部国文学科を卒業後は、東京帝国大学に助手として勤務しました。その後、1891年(明治24年)に賀茂別雷神社の宮司に就任しました。賀茂別雷神社宮司として勤務している間は、和歌や神道の研究を続け、多くの著作を発表しました。

木野戸勝隆は1931年(昭和6年)に亡くなりました。享年69歳でした。死後、正四位に叙せられました。

木野戸勝隆は、和歌や神道の研究に大きな功績を残した国学者です。その業績は、現在でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました