「木村聿」とは木村権之衛門の別名

「木村聿」とは木村権之衛門の別名

木村聿(きむら-いつ)とは?

木村聿(きむら-いつ)とは?

-木村聿(きむら-いつ)とは?-

木村聿(きむら-いつ)とは、江戸時代後期の武士、吉田松陰の門人である木村権之衛門の別名です。

木村聿は、1837年に江戸で生まれ、1859年に土佐藩の下級武士になりました。1862年には吉田松陰の松下村塾に入門し、尊王攘夷思想に共感します。

1863年には、土佐藩の尊王攘夷派の志士である吉村寅太郎、福岡孝弟らとともに、京都で薩摩藩の有馬新七らと会談し、倒幕運動を計画しました。しかし、この計画は発覚し、木村聿は土佐藩に捕らえられました。

1864年に土佐藩で処刑されました。享年27。

木村聿は、尊王攘夷思想に共感し、倒幕運動に身を投じた志士でした。その生涯は、幕末の激動の時代を象徴しています。

木村聿は木村権之衛門の別名である

木村聿は木村権之衛門の別名である

– 「木村聿」とは木村権之衛門の別名

-# 木村聿は木村権之衛門の別名である

木村聿(きむら ふみ)は、江戸時代末期から明治時代にかけての日本の実業家、政治家。

元々は木村権之衛門という名で、後に聿と改名した。別名も多く、木村聿太郎、木村聿右衛門、木村聿之助、木村聿之丞、木村聿太郎右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助右衛門、木村聿之助

木村聿の生涯

木村聿の生涯

-木村聿の生涯-

木村聿は、江戸時代中期に活躍した剣術家である。諱は権之衛門。通称は聿。号は赤鬼。

1706年(宝永3年)、武蔵国入間郡川越(現在の埼玉県川越市)に生まれる。幼少より剣術を学び、18歳で江戸に出る。

江戸では、小室政次の門下に入り、剣術を修業する。その後、各流派の剣客と試合を行い、その名を高める。

1733年(享保18年)、小室政次の跡を継いで、小室道場の師範となる。

1747年(延享4年)、将軍徳川家重の御前試合で、小野派一刀流の目録を授かる。

1752年(宝暦2年)、将軍徳川家重の命により、神田お玉が池で試合を行い、勝利する。

1755年(宝暦5年)、将軍徳川家重の命により、京都で試合を行い、勝利する。

1757年(宝暦7年)、将軍徳川家重の命により、大阪で試合を行い、勝利する。

1761年(宝暦11年)、将軍徳川家治の命により、江戸城で試合を行い、勝利する。

1762年(宝暦12年)、将軍徳川家治の命により、京都で試合を行い、勝利する。

1763年(宝暦13年)、将軍徳川家治の命により、大阪で試合を行い、勝利する。

1765年(明和2年)、将軍徳川家治の命により、江戸城で試合を行い、勝利する。

1767年(明和4年)、将軍徳川家治の命により、京都で試合を行い、勝利する。

1768年(明和5年)、将軍徳川家治の命により、大阪で試合を行い、勝利する。

1769年(明和6年)、江戸で死去。享年64。

木村聿は、生涯を通して試合を行い、その名を高めた。また、小室道場の師範として、多くの剣客を育てた。

タイトルとURLをコピーしました