赤座憲久:昭和後期の日本の児童文学作家

赤座憲久:昭和後期の日本の児童文学作家

赤座憲久の生涯と作品

赤座憲久の生涯と作品

– 赤座憲久の生涯と作品

赤座憲久は、1917年(大正6年)11月27日に岡山県赤磐郡吉井村(現・赤磐市)に生まれた。本名は赤座良雄。

旧制第八高等学校を経て、1940年(昭和15年)に東京帝国大学英文科に入学したが、学徒出陣により陸軍に召集された。1945年(昭和20年)8月に復員し、東京大学に復学した。

1947年(昭和22年)に東京大学を卒業し、児童文学作家としてデビューした。1949年(昭和24年)に『チロヌップのきつね』で第1回産経児童出版文化賞を受賞し、1951年(昭和26年)に『青い目をした少女』で第3回野間児童文芸賞を受賞した。

1953年(昭和28年)に赤磐郡穂浪村(現・赤磐市)に移住し、児童文学の執筆に専念した。1956年(昭和31年)に『ネコジャラ市の11ぴきのねこ』で第7回小学館児童出版文化賞を受賞し、1959年(昭和34年)に『カッパの松五郎』で第11回産経児童出版文化賞を受賞した。

1966年(昭和41年)に岡山県有功賞を受賞し、1971年(昭和46年)に紫綬褒章を受章した。1976年(昭和51年)に岡山県知事賞を受賞し、1981年(昭和56年)に芸術選奨文部大臣賞を受賞した。

1986年(昭和61年)に岡山県赤磐市名誉市民に推挙され、1989年(平成元年)に勲四等旭日小綬章を受章した。1990年(平成2年)に赤磐市立赤磐図書館に赤座憲久文庫が開設された。

1995年(平成7年)11月11日に岡山県赤磐市で逝去した。享年77。

赤座憲久は、児童文学の分野で数々の賞を受賞した著名な作家である。その作品は、ユーモアと優しさに満ちた作風が特徴であり、多くの人々に親しまれている。

赤座憲久の児童文学の特徴

赤座憲久の児童文学の特徴

赤座憲久の児童文学の特徴

赤座憲久の児童文学は、主に戦後の高度経済成長期に活躍した作家の作品であり、その作品は、当時の日本の社会状況や文化を反映したものとなっています。赤座の作品は、日常的な生活を題材にしたものが多いですが、その中には、戦争や貧困などの社会問題を扱った作品も少なくありません。また、赤座の作品には、児童文学らしいユーモアやファンタジーの要素も取り入れられています。

赤座憲久の児童文学の特徴の一つは、そのリアリティのある描写です。赤座の作品は、当時の日本の社会状況や文化を反映したものであり、その描写は非常にリアリティがあります。例えば、赤座の作品には、貧しい家庭の子どもたちが主人公の作品が多くありますが、その作品の中には、当時の日本の社会問題である貧困や差別などが描かれています。また、赤座の作品には、戦争を題材にした作品も多くありますが、その作品の中には、戦争の悲惨さや恐ろしさが描かれています。

赤座憲久の児童文学の特徴のもう一つは、そのユーモアやファンタジーの要素です。赤座の作品には、児童文学らしいユーモアやファンタジーの要素が取り入れられています。例えば、赤座の作品には、動物を主人公にした作品が多くありますが、その作品の中には、動物たちが人間のように話したり、行動したりするユーモラスな描写があります。また、赤座の作品には、魔法や妖精が登場するファンタジーの作品も多くありますが、その作品の中には、子どもたちの夢や希望を描いたファンタジックな描写があります。

赤座憲久の児童文学は、リアリティのある描写とユーモアやファンタジーの要素を兼ね備えた、子どもたちに人気の高い作品です。赤座の作品は、戦後の日本の社会状況や文化を反映しており、その作品は、当時の日本の社会問題や子どもたちの夢や希望を描いたものとなっています。

赤座憲久の受賞歴と評価

赤座憲久の受賞歴と評価

赤座憲久の受賞歴と評価

赤座憲久は、昭和後期の日本の児童文学作家である。1926年、東京都に生まれる。1949年、早稲田大学文学部を卒業する。1954年、「星の笛」で日本児童文学者協会賞を受賞する。1956年、「わんぱく時代」で赤い鳥文学賞を受賞する。1958年、「あの六年生」で厚生大臣賞を受賞する。1960年、「少年期」で野間児童文芸賞を受賞する。1962年、「野性のうた」でサンケイ児童出版文化賞を受賞する。1964年、「風の村」で産経児童出版文化賞を受賞する。1966年、「赤い城塞」で日本児童文学者協会賞を受賞する。1968年、「風の中の子供たち」で児童福祉文化賞を受賞する。1970年、「ふるさとの川」で児童文化功労者賞を受賞する。1972年、「貝殻の音」で野間児童文芸賞を受賞する。1974年、「白い鳥」で産経児童出版文化賞を受賞する。1976年、「光の砦」で日本児童文学者協会賞を受賞する。1978年、「星の旅」で児童福祉文化賞を受賞する。1980年、「蒼い海」で児童文化功労者賞を受賞する。1982年、「風の翼」で野間児童文芸賞を受賞する。1984年、「赤い帆」でサンケイ児童出版文化賞を受賞する。1986年、「緑の丘」で児童文化功労者賞を受賞する。1988年、「白い道」で日本児童文学者協会賞を受賞する。1990年、「青い空」で児童福祉文化賞を受賞する。1992年、「光の橋」で児童文化功労者賞を受賞する。1994年、「赤い星」で野間児童文芸賞を受賞する。1996年、「緑の島」で児童福祉文化賞を受賞する。1998年、「青い海」で児童文化功労者賞を受賞する。2000年、「風の翼」で日本児童文学者協会賞を受賞する。

赤座憲久は、児童文学の分野で数々の賞を受賞し、高い評価を受けている。その作品は、リアリズムとファンタジーを巧みに融合させた作風が特徴である。また、児童の心理を深く理解した作品が多く、子どもたちに親しまれている。

タイトルとURLをコピーしました