紀内侍 – 平安時代中期の歌人

紀内侍 – 平安時代中期の歌人

紀内侍の生涯

紀内侍の生涯

紀内侍の生涯

紀内侍(?~1121年)は、平安時代中期の歌人・女房です。藤原道長の娘で、藤原頼通の乳母を務めました。また、紫式部の親友として知られています。

紀内侍は、若い頃から和歌に優れ、宮中で評判となりました。藤原道長の死後、娘の彰子と頼通が相次いで亡くなり、内侍は悲しみにくれました。その悲しみを紛らわすために、和歌を詠み始め、多くの名歌を残しました。

1121年、紀内侍は亡くなりました。享年60歳でした。彼女の死は、宮廷に大きな悲しみをもたらしました。

紀内侍は、その歌の才能と、紫式部との親交で知られています。彼女の歌は、現代でも多くの人に愛唱されています。

紀内侍が詠んだ和歌には、以下のようなものがあります。

* 「君がため惜しみし命ながかれど思ひ絶えなばいかにせまし」(『後拾遺和歌集』)
* 「しのぶれど色に出でにけり我が恋は物や思ふと人の問ふまで」(『金葉和歌集』)
* 「見し人の夢にかよへばあふことはかなはぬ恋に心苦しも」(『詞花和歌集』)

紀内侍は、平安時代中期を代表する女流歌人として、その名が歴史に刻まれています。

紀内侍の歌

紀内侍の歌

紀内侍の歌

紀内侍は、平安時代中期の歌人です。藤原道長の寵姫として知られており、その歌は『古今和歌集』、『後撰和歌集』、『拾遺和歌集』などの勅撰和歌集に多く入集されています。紀内侍の歌は、優美で艶やかな作風が多いのが特徴です。また、恋の歌が多く、その恋には、藤原道長への思いが込められていると言われています。紀内侍の代表的な歌には、「逢ふことの絶えてしなかば」があります。

逢ふことの絶えてしなかば逢はざりし人を忘れやはする

この歌は、藤原道長との別れを惜しむ歌です。「逢うこともなくなってしまった。もし、これまで一度も逢ったことがなければ、あなたを忘れることもできたかもしれないけれど。」と、藤原道長への思いを綴ったものとなっています。紀内侍の歌は、その優美な作風と、恋への情熱的な思いが込められていることから、多くの人々に愛されています。

紀内侍は、藤原道長の寵姫として知られていますが、その歌は単なる恋の歌ではありません。その歌には、女性としての生き方や、人生の無常観などが込められており、時代を超えて多くの人々に共感されています。紀内侍の歌は、平安時代中期を代表する歌人の一人であり、その歌は今日もなお多くの人々に愛され続けています。

紀内侍の和歌集

紀内侍の和歌集

– 紀内侍の和歌集

紀内侍は、平安時代中期の歌人であり、宮廷女官として後一条天皇に仕えていました。

紀内侍は、藤原道長の娘であり、藤原頼通の異母妹にあたります。彼女は、幼い頃から歌を学び、17歳の時に「紀内侍集(きうしないしゅう)」を編纂しました。

「紀内侍集」は、全10巻からなる歌集で、紀内侍が宮廷での生活の中で詠んだ歌や、恋の歌や自然の歌などが収録されています。

「紀内侍集」は、平安時代中期の歌集の中でも、特に優れている歌集の一つとされており、その優雅な歌風や繊細な表現は、多くの歌人に影響を与えました。

「紀内侍集」は、紀内侍の死後、彼女の遺言により、後一条天皇が自ら筆を執って序文を書き、藤原定頼が跋文を執筆しました。

「紀内侍集」は、現在も多くの歌人に親しまれており、平安時代中期の歌集の代表作の一つとして高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました