紀真人

紀真人

飛鳥時代の官吏

飛鳥時代の官吏

紀真人(き の まひと)

飛鳥時代の官吏

紀真人とは、飛鳥時代の官吏であり、紀氏の一族である。紀氏は、物部氏、蘇我氏と並んで、飛鳥時代の三大家族の一つであり、多くの高官を輩出した。紀真人も、その一人であり、蘇我氏や物部氏と対立しながら、朝廷で活躍した。

紀真人の生年は不詳であるが、603年に蘇我馬子の娘である蘇我小姉君と結婚している。このことから、紀真人は600年頃には生まれていたと考えられている。紀真人の父は紀男麻呂であり、母は蘇我馬子の妹である。紀真人は、蘇我氏と物部氏の争いに巻き込まれ、物部守屋を討伐する軍に加わった。物部守屋が討伐されると、紀真人は蘇我馬子によって、大連に任命された。

大連とは、朝廷の最高官であり、天皇を補佐する役目であった。紀真人は、大連として、蘇我氏を補佐しながら、朝廷の運営に携わった。しかし、645年に蘇我蝦夷と蘇我入鹿が滅亡すると、紀真人も処刑された。

紀真人は、飛鳥時代の政治家として、活躍した人物である。紀真人の死後、紀氏は衰退していき、やがて滅亡した。しかし、紀真人は、飛鳥時代の政治史において、重要な役割を果たした人物である。

奉膳(ぶぜん)(内膳司の長官)

奉膳(ぶぜん)(内膳司の長官)

– 紀真人

紀真人(きひと)は、紀氏の傍流で、代々宮中に奉仕してきた家柄です。紀真人氏の一族は、多くが内膳司に仕えており、内膳司の長官である奉膳(ぶぜん)に任命される者も少なくありませんでした。

-# 奉膳(ぶぜん)(内膳司の長官)

奉膳は、内膳司の長官であり、天皇の食事を管理する責任を担っていました。内膳司は、天皇の食事だけでなく、宮中の儀式や宴会の食事も担当していました。

奉膳は、天皇の食事を管理する責任を担っていたため、天皇の健康状態を把握することが求められました。また、天皇の好みを把握し、天皇が好む食事を提供することも奉膳の重要な任務でした。

奉膳は、天皇の食事を管理する責任を担っていたため、天皇の信頼を得ることが求められました。奉膳は、天皇の信頼を得ることで、天皇の食事を管理する権限を得ることができたのです。

-# 紀真人の奉膳

紀真人の一族は、代々宮中に奉仕しており、多くが内膳司に仕えていました。紀真人の一族からは、多くの奉膳が誕生しています。

紀真人の奉膳の中で、最も有名なのは、紀真人の奉膳・紀伊内麻呂(きのいぬまろ)です。紀伊内麻呂は、孝謙天皇・淳仁天皇・桓武天皇の三代に仕えた奉膳です。紀伊内麻呂は、天皇の信頼を得て、天皇の食事を管理する権限を得ることができました。

紀伊内麻呂は、天皇の食事を管理する責任を担っていたため、天皇の健康状態を把握することができました。また、天皇の好みを把握し、天皇が好む食事を提供することも紀伊内麻呂の重要な任務でした。

紀伊内麻呂は、天皇の信頼を得て、天皇の食事を管理する権限を得ることができました。紀伊内麻呂は、天皇の食事を管理する責任を担っていたため、天皇の健康状態を把握することができました。また、天皇の好みを把握し、天皇が好む食事を提供することも紀伊内麻呂の重要な任務でした。

朱鳥元年(686)天武(てんむ)天皇の殯宮(もがりのみや)で誄(しのびごと)(弔辞)をのべ,翌持統天皇元年霊前に供物をそなえた。

朱鳥元年(686)天武(てんむ)天皇の殯宮(もがりのみや)で誄(しのびごと)(弔辞)をのべ,翌持統天皇元年霊前に供物をそなえた。

紀真人

朱鳥元年(686)天武(てんむ)天皇の殯宮(もがりのみや)で誄(しのびごと)(弔辞)をのべ,翌持統天皇元年霊前に供物をそなえた。弾正弼(だんじょうのすけ)となる。689年(持統3)駿河(するが)国司として赴任。690年(持統4)少納言(しょうなごん)に任じ、翌年には藤原不比等(ふひと)の娘,安宿媛(あすかべのいらつめ)を妻に迎えた。700年(文武4)正五位下(しょうごいのかみ)に叙され,評議官(ひょうぎのかん)となった。705年(慶雲2)右京大夫(うきょうのだいぶ)に任じられた。翌706年(和銅1)美濃(みの)守(かみ)に任命され,任地で没した。

タイトルとURLをコピーしました