紀友則 – 平安時代の歌人

紀友則 – 平安時代の歌人

紀友則の生涯

紀友則の生涯

-紀友則の生涯-

紀友則は、平安時代初期の歌人です。814年、紀氏の流れを汲む大蔵大輔・紀長谷雄の子として生まれました。幼い頃から文学の才能を発揮し、10代の頃には『古今和歌集』の編纂に携わりました。

20代の頃には、嵯峨天皇の命を受けて『日本後紀』の編纂にも参加しました。また、藤原冬嗣や菅原道真など、当時の政界・文壇の重鎮と交流しました。

30代の頃は、大宰府監に任命されて九州に赴任しました。九州では、菅原道真とも親しく交わり、ともに歌会を催しました。

40代の頃に帰京し、参議に任命されました。その後、左中将、右京大夫、大宰大弐などを歴任しました。

877年、64歳で亡くなりました。

紀友則は、和歌の才能に優れ、数多くの名歌を残しました。『古今和歌集』には、紀友則の歌が112首も入っています。『伊勢物語』や『源氏物語』にも、紀友則が登場しています。

紀友則は、平安時代初期を代表する歌人であり、その和歌は現在でも多くの人に愛されています。

紀友則の和歌

紀友則の和歌

紀友則の和歌

紀友則は、平安時代の歌人で、六歌仙、三十六歌仙の一人です。紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑とともに、古今和歌集の撰者として知られています。

紀友則の和歌の特徴は、優美で繊細な情趣を詠んだ点にあります。また、和歌の技巧にも優れており、多くの名歌を残しています。

紀友則の代表的な和歌のひとつに、「名にしおはば逢坂山のさねかづら人に知られでくるよしもがな」があります。これは、紀友則が逢坂山で美しい山菅を見つけ、それを妻に贈りたいと思いながら、誰もいないので、その気持ちを伝えることができないという内容の歌です。この歌は、紀友則の繊細な感性と、技巧を凝らした表現が見事に融合した名歌のひとつです。

紀友則はまた、多くの恋の歌を残しています。そのなかでも有名なのが、「恋すてふ我が名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか」という歌です。これは、紀友則が恋をしていることを、まだ誰も知らないうちに、恋の気持ちが芽生えてしまったという内容の歌です。この歌は、紀友則の純粋な恋心を詠んだ、美しい恋の歌のひとつです。

紀友則の和歌は、優美で繊細な情趣を詠んだものや、技巧を凝らした恋の歌など、さまざまな魅力を持った歌が多く残されています。紀友則は、平安時代を代表する歌人であり、その和歌は現在でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました