備前焼きの名工「木村長右衛門」の生涯と作品

備前焼きの名工「木村長右衛門」の生涯と作品

岡山藩の御細工人として活躍

岡山藩の御細工人として活躍

-岡山藩の御細工人として活躍-

木村長右衛門は、備前焼きの名工として知られる陶芸家です。備前国芳田村(現在の岡山県備前市)に生まれ、幼少期から陶芸を学び始めました。18歳で独立し、備前焼の窯元を立ち上げました。

長右衛門の作品は、素朴で力強い作風が特徴です。特に、備前焼の伝統的な技法である「飛び鉋」を用いた作品は、長右衛門の真骨頂といえます。「飛び鉋」とは、回転しているろくろに竹の皮を当てて、線状の文様を付ける技法です。長右衛門は、この技法を駆使して、躍動感あふれる作品を数多く生み出しました。

長右衛門は、岡山藩の御細工人として活躍し、多くの作品を藩主に献上しました。また、備前焼の普及にも努め、備前焼を全国に知られる陶器にしました。

長右衛門の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、備前焼を代表する陶芸家として知られています。備前焼に興味がある方は、ぜひ長右衛門の作品を鑑賞してみてください。

代表作「貞享3年銘の宮獅子」

代表作「貞享3年銘の宮獅子」

– 代表作「貞享3年銘の宮獅子」

木村長右衛門の代表作のひとつは、「貞享3年銘の宮獅子」です。この作品は、1686年に制作された備前焼の獅子像で、高さは約12cm、幅は約10cmです。

宮獅子は、神社や寺院に奉納される獅子像のことです。この作品は、備前焼特有の赤褐色の陶器でできており、獅子の顔がリアルに表現されています。獅子の目は大きく見開き、口は大きく開けています。獅子の体は筋肉質で、尻尾は長く伸びています。

この作品は、木村長右衛門の卓越した技術力が遺憾なく発揮された名作です。獅子の躍動感や迫力ある表情は、見る者を圧倒します。この作品は現在、岡山県の備前焼美術館に収蔵されています。

備前焼は、岡山県備前市周辺で生産される焼き物です。備前焼は、鉄分の多い土を使用しているため、赤褐色の独特の風合いがあります。また、備前焼は高温で焼成されるため、非常に堅牢で耐久性があります。

備前焼は、茶道具や花器、皿、鉢などの日用品から、獅子像や狛犬などの美術品まで、幅広い種類が制作されています。備前焼は、その独特の風合いと堅牢性から、多くの人々に愛されています。

正徳2年2月5日に死去

正徳2年2月5日に死去

正徳2年2月5日に死去

木村長右衛門は、正徳2年2月5日に72歳で死去しました。

享保9年(1724年)に、岡山藩主・池田綱政の命により、備前長船に名工を集めて窯を開き、備前焼中興の祖となりました。
その後、50年以上に渡り備前焼の制作に携わり、数多くの名作を残しました。

彼の作品は、備前焼特有の素朴で力強い風格を持ち、多くの茶人から愛されました。

特に、茶碗や花入などの茶道具は、その優れた造形美と高い芸術性で知られています。

彼の死後も、彼の作風は多くの弟子たちに引き継がれ、備前焼は現在もなお、日本の伝統的な焼き物として親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました