木村庄之助(4代)-生年不詳~1739年-江戸時代中期の相撲行司

木村庄之助(4代)-生年不詳~1739年-江戸時代中期の相撲行司

木村庄之助とは?

木村庄之助とは?

木村庄之助とは?

木村庄之助とは、江戸時代中期の相撲行司である。生年不詳であるが、1739年に没したとされている。本名は木村九兵衛といい、江戸の町人で、魚屋を営んでいた。相撲好きが高じて、1721年に相撲行司となり、1736年に4代木村庄之助を襲名した。

木村庄之助は、相撲行司として、公平無私な裁きで知られ、また、相撲の興行を盛り上げるためにさまざまな工夫を凝らした。例えば、相撲の番付を初めて作ったのは木村庄之助である。番付は、相撲力士のランク付けをしたもので、力士のモチベーションを上げ、相撲の興行を盛り上げるのに役立った。

また、木村庄之助は、相撲のルールを整備し、相撲の競技性を高めた。例えば、木村庄之助は、相撲の勝敗を判定する際に、力士の体重を考慮に入れるようにした。これにより、体重の重い力士が有利になり、相撲の競技性が向上した。

木村庄之助は、相撲の発展に大きく貢献した人物である。木村庄之助の功績は、現在も相撲界に受け継がれている。

木村庄之助の生涯

木村庄之助の生涯

-木村庄之助の生涯-

木村庄之助の生年は不詳ですが、1739年に亡くなっています。彼は江戸時代中期の相撲行司であり、相撲の発展に大きく貢献しました。

庄之助は、相撲の決まり手を明確にするなど、相撲のルールを整備しました。また、相撲の興行を盛んにするために、江戸や大阪などの大都市に相撲場を建設しました。庄之助の努力により、相撲は江戸時代中期の国民的な娯楽となりました。

庄之助は、相撲の行司としてだけでなく、相撲の研究者としても知られています。彼は、相撲の歴史や決まり手について多くの著書を残しました。庄之助の著書は、後世の相撲研究者にとって貴重な資料となっています。

庄之助は、相撲の発展に大きく貢献した人物です。彼の功績は、今日でも語り継がれています。

-木村庄之助の死後-

庄之助の死後、相撲は衰退の一途をたどりました。しかし、19世紀後半に相撲は復活し、再び国民的な娯楽となりました。

庄之助の功績は、相撲の復活にも大きな影響を与えました。庄之助が整備した相撲のルールや、彼が建設した相撲場は、相撲の復活に大きく貢献しました。

庄之助は、相撲の発展に大きく貢献した人物であり、彼の功績は今日でも語り継がれています。

木村庄之助の名前の由来

木村庄之助の名前の由来

木村庄之助の名前の由来

木村庄之助の名前の由来については、いくつかの説があります。

1つ目の説は、彼の出身地である江戸の庄之助坂に由来するというものです。庄之助坂は、現在の東京都中央区日本橋人形町にある坂で、かつては人形町にほど近いところにあったそうです。

2つ目の説は、彼の師匠である木村庄太夫の名に由来するというものです。木村庄太夫は、江戸時代初期の相撲行司で、彼は木村庄之助に相撲行司としての技を伝授したと言われています。

3つ目の説は、彼の本名である「庄之助」に由来するというものです。庄之助という名前は、江戸時代には比較的よく使われていた名前で、特に相撲行司には多く見られました。

どの説が正しいかは定かではありませんが、木村庄之助の名前の由来は、彼の出身地、師匠、本名など、さまざまな要素が関係していると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました