木下利房 – 織豊-江戸時代前期の大名

木下利房 – 織豊-江戸時代前期の大名

生い立ちと豊臣家への仕官

生い立ちと豊臣家への仕官

生い立ちと豊臣家への仕官

木下利房は、永禄12年(1569年)、近江国坂田郡高島郷(現在の滋賀県高島市)に、父・木下弥右衛門尉昌利と母・妙心院の間に生まれた。幼名は藤吉郎。彼は、農民の家に生まれ、幼い頃は貧しい生活を送っていたという。13歳の頃、越前国の戦国大名・朝倉義景に仕官したが、やがて織田信長に仕えるようになった。

信長の家臣となってからは、頭角を現し、数多くの戦功を挙げていった。天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が横死すると、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に仕えた。秀吉政権下では、側近として重用され、数多くの重要任務を任された。

天正12年(1584年)、秀吉が関白に就任すると、利房は豊臣姓を賜り、豊臣秀長と名乗った。また、翌年には、正三位中将に叙任され、参議に任じられた。秀吉の九州征伐や小田原征伐など、数々の戦役にも参加し、戦功を挙げていった。

秀吉が没した後は、徳川家康に仕え、江戸幕府の重臣として活躍した。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで家康が勝利すると、利房は近江国内に18万石を賜り、大名となった。また、江戸城の城代に任じられ、江戸幕府の創設に尽力した。

慶長8年(1603年)、徳川家康が江戸幕府を開くと、利房は老中格に任じられた。家康が没した後は、その遺命により、秀忠の補佐役を務めた。元和元年(1615年)、大坂冬の陣が勃発すると、利房は家康に従って大坂城を攻めた。大坂夏の陣でも、豊臣秀頼を攻め、その滅亡に貢献した。

元和2年(1616年)、利房は病没した。享年48だった。法名は、正覚院殿光重弘忠大居士。墓所は、東京都台東区の谷中霊園にある。

関ケ原の戦いでの西軍への参加

関ケ原の戦いでの西軍への参加

-関ケ原の戦いでの西軍への参加-

木下利房は、慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いで西軍に属し、石田三成の陣営で戦ったといわれています。

利房は、もともと豊臣秀次の家臣でしたが、秀次が謀反の疑いで切腹させられた後、徳川家康に仕えていました。しかし、利房は家康のやり方に対して不満を抱いており、西軍に加わることを決意しました。

利房は、西軍の主力として活躍し、徳川軍と激しく戦いました。しかし、西軍は徳川軍に敗北し、利房は捕らえられました。利房は、家康に許され、改易されずに所領を安堵されましたが、その後、隠居して浪人となりました。

利房は、関ケ原の戦いで西軍に属したことから、徳川政権から冷遇され、その後の人生は不遇でした。しかし、利房は、戦国時代の武将として、その勇名をとどめています。

大坂の陣での徳川家康への協力

大坂の陣での徳川家康への協力

大坂の陣での徳川家康への協力

大坂の陣は、豊臣氏と徳川氏が天下の覇権を争った最後の戦いです。この戦いにおいて、木下利房は徳川家康に協力して豊臣氏を滅ぼしました。

利房は戦国時代の大名・木下秀吉の弟として生まれ、幼い頃から家康に仕えました。家康が天下統一を果たした後は、大名として摂津国高槻藩を拝領しました。

大坂の陣が勃発すると、利房は家康の命を受けて徳川軍に参加しました。そして、豊臣軍が籠城する大坂城を攻撃する戦いで戦功を挙げ、家康から賞賛を受けました。

大坂城が落城した後、利房は豊臣氏滅亡の功績により、摂津国高槻藩に加えて河内国枚方藩を与えられました。また、家康の信任も厚く、江戸幕府の重臣として活躍しました。

利房は、徳川家康に協力して豊臣氏を滅ぼしたことで、大名として出世しました。そして、江戸幕府の重臣として活躍し、幕府の安定に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました