喜多七大夫古能 – 江戸時代の能役者シテ方

喜多七大夫古能 – 江戸時代の能役者シテ方

能芸史と能面研究の探究者

能芸史と能面研究の探究者

-# 喜多七大夫古能 – 江戸時代の能役者シテ方
— 能芸史と能面研究の探究者

喜多七大夫古能(きたしちだゆうふるよし、1664年 – 1742年)は、江戸時代の能役者シテ方。本名は田中久左衛門。近江国(滋賀県)出身。喜多七大夫家元を継ぎ、喜多七大夫古能と号す。

古能は、父である喜多七大夫忠能の跡を継いで、喜多七大夫家元の座を継いだ。古能は、能役者として優れた才能を発揮し、シテ方として数多くの名演を残した。また、古能は、能芸史と能面研究の探究者でもあり、能楽に関する多くの著作を残した。

古能は、能芸史に関する著作として、『能楽流派考』、『能楽名家伝』、『能楽風流考』などを著した。『能楽流派考』は、能楽の各流派の歴史と系譜をまとめたもので、能楽史研究の基本文献として重宝されている。『能楽名家伝』は、能楽の歴史上、特に優れた業績を残した能役者たちの伝記をまとめたもので、能楽史研究や能役者研究の貴重な資料となっている。『能楽風流考』は、能楽に関するさまざまな風習や慣習について解説したもので、能楽文化を理解する上で重要な文献となっている。

古能は、能面研究に関する著作として、『能面図譜』、『能面考』、『能面名品考』などを著した。『能面図譜』は、能面の種類や形を図示して解説したもので、能面研究の基本文献として重宝されている。『能面考』は、能面の制作技法や使用法について解説したもので、能面研究の貴重な資料となっている。『能面名品考』は、能楽の歴史上、特に優れた能面を解説したもので、能面研究や能面鑑賞の貴重な資料となっている。

古能は、能芸史と能面研究の探究者として、能楽文化の発展に大きく貢献した。古能の著作は、能楽史研究や能楽文化研究の貴重な資料として、現在でも広く利用されている。

将軍徳川家斉の重用と宝生流の台頭

将軍徳川家斉の重用と宝生流の台頭

将軍徳川家斉の重用と宝生流の台頭
喜多七大夫古能は、江戸時代初期に活躍した能役者シテ方です。

宝生流の開祖であり、将軍徳川家斉の重臣として重用されたことで知られています。

徳川家斉は、能をこよなく愛し、毎年江戸城内で能楽を催していました。

七大夫古能はその能楽で、すばらしい演技を披露して徳川家斉を感嘆させ、徳川家斉の重臣として重用されるようになりました。

七大夫古能は、徳川家斉に重用されたことで、宝生流を大いに発展させました。

宝生流は、七大夫古能によって、能楽の伝統を重んじつつ、新しい時代の精神を吹き込んだ新しい能楽として生まれ変わりました。

宝生流は、七大夫古能の死後も、多くの名優を輩出し、今日まで日本の能楽界を牽引し続けています。

七大夫古能は、宝生流の開祖であり、徳川家斉に重用されたことで宝生流を大いに発展させた、江戸時代初期の能役者シテ方です。

著作「悪魔払」「寿福鈔」「面目利書」「仮面譜」

著作「悪魔払」「寿福鈔」「面目利書」「仮面譜」

– 喜多七大夫古能 – 江戸時代の能役者シテ方

喜多七大夫古能(生年不詳~没年1657)は、江戸時代前期の能役者シテ方です。四代目喜多七大夫と称し江戸の能役者として活躍し、後世の能役者にも大きな影響を与えました。彼は、能楽における演技や舞踊の理論をまとめた著作を残しており、それらは能楽の歴史を理解する上で貴重な資料となっています。

-# 著作「悪魔払」「寿福鈔」「面目利書」「仮面譜」

喜多七大夫古能は、能楽における演技や舞踊の理論をまとめた著作を数多く残しています。その中でも特に有名なのが、「悪魔払」「寿福鈔」「面目利書」「仮面譜」の4つです。

* -「悪魔払」-は、能楽における悪霊払いの方法をまとめた書物です。喜多七大夫古能は、悪霊は人々の心の迷いから生じると考え、その迷いを払うことで悪霊を祓うことができると説いています。

* -「寿福鈔」-は、能楽における福徳を授かるための方法をまとめた書物です。喜多七大夫古能は、福徳は人々の善行から生じると考え、その善行を積むことで福徳を授かることができると説いています。

* -「面目利書」-は、能楽における顔面の使い方をまとめた書物です。喜多七大夫古能は、顔面は心の表れであると考え、その顔面の使い方を工夫することで、より良い演技をすることができると説いています。

* -「仮面譜」-は、能楽における仮面の種類と使い方をまとめた書物です。喜多七大夫古能は、仮面は役柄の性格や心情を表現するための道具であると考え、その仮面を使いこなすことで、より良い演技をすることができると説いています。

これらの著作は、能楽の歴史を理解する上で貴重な資料となっており、後世の能役者にも大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました