北山河 → 昭和時代の俳人

北山河 → 昭和時代の俳人

戦後の活動

戦後の活動

戦後の活動

北山河は、戦後も精力的に俳句を創作し続けました。1946年には、俳誌「ホトトギス」の編集長に就任し、俳句の普及に努めました。また、1948年には、俳句結社「北山河会」を創設し、若手俳人の育成にも尽力しました。

北山河の戦後の句風は、戦前の写生的な句風から、より主観的な句風へと変化しました。戦後の混乱と復興の時代を背景に、人間の内面を深く見つめた句を多く詠んでいます。代表的な句としては、「雨の街をゆく人ありけり一人づつ」「枯木立つ野に風ありけりさびしさよ」「桜さくここにわれありけりひとりなり」などがあります。

北山河は、戦後の俳壇を代表する俳人の一人であり、その作品は多くの人に愛されています。1965年には、文化功労者に選ばれ、翌1966年には、俳人として初めて日本芸術院会員に選出されました。1969年に79歳で亡くなるまで、俳句の創作に励み続けました。

死刑囚への俳句指導

死刑囚への俳句指導

-北山河 → 昭和時代の俳人-

-死刑囚への俳句指導-

北山河は、昭和時代の俳人で、本名は安孫子五郎。1895年(明治28年)に兵庫県明石市に生まれ、1966年(昭和41年)に死去しました。

北山河は、1931年(昭和6年)に俳誌「馬酔木」に入会し、1946年(昭和21年)に俳誌「風花」を創刊しました。北山河の俳句は、写生を重んじ、日常の生活を詠んだものが多く、その句風は「北山河調」と呼ばれました。

北山河は、戦時中に徴兵され、中国大陸で従軍しました。戦後、北山河は、戦没者の霊を慰めるために俳句を詠み始めました。北山河は、また、死刑囚への俳句指導も行いました。北山河は、死刑囚に俳句を詠ませることによって、死刑囚の心を救おうとしたのです。

北山河の死刑囚への俳句指導は、多くの死刑囚を更生に導きました。北山河の死刑囚への俳句指導は、社会からも高く評価され、北山河は「死刑囚の俳人」と呼ばれました。

北山河の死刑囚への俳句指導のエピソードをいくつか紹介しましょう。

ある死刑囚は、北山河に「俳句を教えてください」と頼みました。北山河は快諾し、死刑囚に俳句の作り方を教えました。死刑囚は俳句を詠むことによって、自分の気持ちを表現することができるようになりました。死刑囚は俳句を詠むことによって、生きる希望を取り戻すことができました。

また、ある死刑囚は、北山河に「私の遺体を火葬して、灰を俳句にしてください」と頼みました。北山河は、死刑囚の遺体を火葬し、灰を句会に持参しました。句会では、北山河が死刑囚の灰を題材にして俳句を詠みました。句会参加者は、北山河の句を聞いて、涙を流しました。

北山河は、死刑囚の俳句指導を通して、死刑囚の心を救い、社会に貢献しました。北山河は、日本における俳句文化の発展に大きな功績を残した偉大な俳人です。

死刑囚の作品集

死刑囚の作品集

-北山河 → 昭和時代の俳人-

-死刑囚の作品集-

北山河は、昭和時代に活躍した俳人です。1907年(明治40年)に富山県に生まれ、1984年(昭和59年)に東京都で亡くなりました。

北山河は、19歳で俳句を始めました。1929年(昭和4年)には、俳誌「ホトトギス」に入会し、高浜虚子に師事しました。1935年(昭和10年)に、第一句集「北山河句集」を刊行し、俳人としてデビューしました。

北山河の俳句は、写生を重視した写生俳句が中心です。自然をありのままに観察し、その美しさを言葉で表現しました。また、北山河は、社会問題にも関心を持ち、戦争や貧困をテーマにした作品も発表しました。

北山河は、1945年(昭和20年)に、戦時協力の罪で逮捕され、死刑判決を受けました。しかし、1948年(昭和23年)に恩赦で減刑され、出所しました。出所後は、再び俳句を詠み始め、1958年(昭和33年)には、第二句集「北山河句集」を刊行しました。

北山河は、1984年(昭和59年)に、77歳で亡くなりました。北山河の死後は、その作品が再評価され、死刑囚として生きながらえた俳人として、その作品に注目が集まっています。

北山河の作品集は、以下のとおりです。

* 北山河句集(1935年)
* 北山河句集(1958年)
* 北山河句集(1984年)

タイトルとURLをコピーしました