「大伴今人」

「大伴今人」

大伴今人の経歴

大伴今人の経歴

-大伴今人の経歴-
大伴今人は、天平年間に活躍した貴族、歌人である。

* -生誕と家柄-
大伴今人は、藤原京に生まれる。大伴氏の出自で、父は従五位上大伴諸人、母は藤原富房の娘である。

* -官僚としての活躍-
今人は、従五位下主税助、少納言、美作守、式部少輔、大蔵少輔、刑部大輔など、多くの官職を歴任した。

* -歌人としての活躍-
今人は、歌人として活躍し、『万葉集』に21首の歌が残されている。その歌は、自然を詠んだものや恋愛を詠んだものなど、多岐にわたる。

* -最期-
今人は、天平18年(746年)に没した。享年40。

* -評価-
今人は、歌人として活躍し、多くの秀歌を残した。また、官僚としても活躍し、多くの官職を歴任した。その功績は大きく、万葉集の中で最も優れた歌人の一人とされている。

大伴今人と伴渠

大伴今人と伴渠

-大伴今人と伴渠-

大伴今人は、7世紀後半に活躍した日本の政治家・軍人です。天武天皇の弟である大伴吹負の子として生まれ、680年に左大臣に任命されました。その後、684年に壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)を支持し、勝利に貢献しました。

壬申の乱の後、大伴今人は右大臣に任命され、天武天皇の側近として政権を支えました。686年には新羅征討軍の総司令官を務め、新羅を破って勝利しました。また、天武天皇の死後、持統天皇の摂政として政権を運営しました。

大伴今人は、伴渠(ともべのいみき)という部族を率いていました。伴渠は、大和朝廷の軍事力の中核を担う部族であり、大伴今人は伴渠を率いて数々の戦いで勝利を収めました。

大伴今人は、698年に亡くなりました。享年49歳でした。大伴今人は、天武天皇の側近として政権を支え、壬申の乱や新羅征討戦で勝利を収めた名将でした。また、伴渠を率いて大和朝廷の軍事力の中核を担い、朝廷の安定に貢献しました。

大伴今人は、伴渠を率いて数々の戦いで勝利を収めた名将であり、朝廷の安定に貢献しました。また、天武天皇の側近として政権を支え、持統天皇の摂政として政権を運営しました。大伴今人は、7世紀後半の日本において重要な役割を果たした人物でした。

大伴今人の蝦夷攻め

大伴今人の蝦夷攻め

-「大伴今人」-

-大伴今人の蝦夷攻め-

大伴今人は、奈良時代の貴族・軍事指揮官です。724年(神亀元年)に生誕し、785年(延暦8年)に没しました。大伴氏の出身で、父親は大伴安麻呂、母親は大伴坂上郎女です。

今人は、幼少の頃から武芸に優れており、早くから朝廷に仕えました。740年(天平12年)に蝦夷征討軍の副将に任命され、蝦夷の首領である阿倍仲麻呂を討伐しました。この功績により、743年(天平15年)に大納言に任命されました。

764年(天平宝字8年)に再び蝦夷征討軍の総司令官に任命され、蝦夷の首領である藤原仲麻呂を討伐しました。この功績により、765年(天平宝字9年)に左大臣に任命されました。

今人は、蝦夷征討の功績だけでなく、遣唐使として唐に派遣された経験もあるなど、外交面でも活躍しました。777年(宝亀8年)に遣唐使として唐に派遣され、唐の皇帝である唐徳宗に謁見しました。この時の遣唐使のメンバーには、菅原道真の祖父にあたる菅原清公がいた。

今人は、唐から帰国した後も、朝廷で重要な地位を歴任し、781年(天応元年)に太政大臣に任命されました。今人は、785年(延暦8年)に72歳で病没しました。

今人は、武勇に優れており、蝦夷征討の功績で知られています。また、遣唐使として唐に派遣された経験もあり、外交面でも活躍しました。今人は、奈良時代の貴族・軍事指揮官として重要な役割を果たした人物です。

タイトルとURLをコピーしました