紀古佐美733-797

紀古佐美733-797

蝦夷征伐と阿弖流為との戦い

蝦夷征伐と阿弖流為との戦い

紀古佐美733-797 蝦夷征伐と阿弖流為との戦い

紀古佐美733-797は、奈良時代から平安時代にかけての日本、特に蝦夷地(現在の北海道)を巡る政情不安の時代です。この時代には、蝦夷の首長である阿弖流為が、日本の征夷軍を相手に激しく戦い、蝦夷の独立を維持しようとする蝦夷征伐が行われました。

蝦夷征伐の原因は、蝦夷と日本の交易関係の悪化や、蝦夷の首長が日本の支配に反抗したことが挙げられます。蝦夷征伐は、789年に桓武天皇が征夷大将軍に坂上田村麻呂を任命し、蝦夷地への遠征を開始したことから始まりました。田村麻呂は、蝦夷の首長たちを次々と降伏させ、蝦夷を日本の支配下に置きました。

しかし、蝦夷の首長の中には、田村麻呂の征夷軍に最後まで抵抗した者もいました。その一人で、最も有名なのが阿弖流為です。阿弖流為は、蝦夷の北部に拠点を置き、田村麻呂の征夷軍と激しく戦いました。阿弖流為は、田村麻呂の征夷軍を何度も破り、蝦夷の独立を維持しました。

しかし、阿弖流為も最終的には田村麻呂の征夷軍に敗れ、797年に降伏しました。阿弖流為の降伏により、蝦夷征伐は終結し、蝦夷は日本の支配下に置かれました。

蝦夷征伐は、日本の歴史において重要な出来事であり、日本の国土を拡大する上で重要な役割を果たしました。また、蝦夷征伐は、阿弖流為という英雄を生み出し、阿弖流為の戦いに関する史料は、日本の歴史研究において重要な資料となっています。

最期と死因

最期と死因

紀古佐美733-797 最期と死因

紀古佐美は、奈良時代の女性貴族。聖武天皇の女官であり、後に天平勝宝5年(753年)に橘奈良麻呂の変に連座して失脚した。

紀古佐美は、天平9年(737年)に誕生した。系譜不詳とされるが、橘奈良麻呂の妹とも、藤原広嗣の娘ともいわれる。長じて、聖武天皇の女官となった。

天平勝宝5年(753年)、藤原広嗣の反乱に呼応して、橘奈良麻呂が挙兵した(橘奈良麻呂の変)。このとき、紀古佐美は橘奈良麻呂の変に連座して失脚した。

紀古佐美の最期については、諸説ある。一説には、奈良麻呂とともに斬首されたという。また、別の説では、流刑先に配流されたが、途中で病死したという。

紀古佐美の死因も諸説ある。一説には、奈良麻呂とともに斬首されたため、刀傷による失血死という。また、別の説では、流刑先に配流されたが、途中で病死したため、病死という。

いずれにしても、紀古佐美の最期と死因は、謎に包まれている。

タイトルとURLをコピーしました